研究者
J-GLOBAL ID:201401039388012325   更新日: 2021年04月02日

玉手 慎太郎

タマテ シンタロウ | Tamate Shintaro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 政治学 ,  哲学、倫理学 ,  経済学説、経済思想
研究キーワード (6件): 平等主義的リベラリズム ,  公衆衛生倫理 ,  ポスト基礎づけ主義 ,  ケイパビリティ・アプローチ ,  アマルティア・セン ,  健康格差
論文 (12件):
  • 玉手慎太郎. 感染予防とイベント自粛の倫理学. 現代思想. 2020. 48. 7. 109-116
  • 玉手 慎太郎. 公衆衛生・ヘルスプロモーション・ナッジ:健康のユートピアへの道. 現代思想. 2019. 47. 12. 161-168
  • 玉手 慎太郎. 健康の自己責任論に対する2つの反論とその前提. 医学哲学・医学倫理. 2018. 36. 42-51
  • 玉手 慎太郎, 吉田修馬, 中澤栄輔, 瀧本禎之, 赤林朗. 健康増進のための肥満対策が有する倫理的課題. 東北学院大学社会福祉研究所研究叢書. 2017. 11. 95-127
  • 玉手 慎太郎. 外的規範と系統立って観察される規範 (特集 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学). 三田学会雑誌. 2017. 109. 4. 557-574
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 平等の哲学入門
    社会評論社 2021 ISBN:9784784515882
  • 功利主義をのりこえて:経済学と哲学の倫理
    2019
  • 政治において正しいとはどういうことか:ポスト基礎付け主義と規範の行方
    2019 ISBN:9784326302772
  • 支配の政治理論
    社会評論社 2018 ISBN:4784515666
  • 酸っぱい葡萄: 合理性の転覆について (双書現代倫理学)
    勁草書房 2018 ISBN:9784326199709
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • アリストテレス『政治学』とポピュリズム
    (日本哲学会 第78回大会 2019)
  • 社会的決定要因、共通善、不偏性--自己責任論批判の倫理的基礎の検討
    (第37回 日本医学哲学・倫理学会大会 2018)
  • 斉藤尚報告「ケネス・アローの正義論:ロールズ批判を中心に」へのコメント
    (経済学史学会・関東部会(2018年度第1回) 2018)
  • 指定質問者コメント(共通論題「日本経済思想の貢献 1968→2018」)
    (経済学史学会 第82会大会 2018)
  • 健康の自己責任論をめぐる議論とその前提:コントロール可能性に基づく責任帰属を軸として
    (第36回 日本医学哲学・倫理学会大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2014 東北大学 博士後期課程(修了)
  • 2008 - 2010 東北大学 博士前期課程(修了)
  • 2005 - 2008 東北大学 経済学科(退学)
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 学習院大学 法学部 政治学科 教授
  • 2020/04 - 2021/03 日本女子大学 家政学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 2021/03 東洋大学 経済学部 非常勤講師
  • 2014/04 - 2021/03 東京大学 大学院医学系研究科 特任研究員(生命医療倫理教育研究センター)
  • 2014/04 - 2019/03 関東学院大学 経済学部 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2012/03 - 南山大学社会倫理研究所 第五回社会倫理研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本医学哲学・倫理学会 ,  社会思想史学会 ,  日本倫理学会 ,  経済学史学会 ,  経済理論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る