研究者
J-GLOBAL ID:201401041106367341   更新日: 2021年04月07日

山田 智正

ヤマダ トモアキ | Yamada Tomoaki
所属機関・部署:
職名: 特任講師 大学院生 協力研究員
研究分野 (2件): 宗教学 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (12件): 日本語教育 ,  ケルト ,  ブルターニュ ,  田辺元 ,  リクール ,  哲学 ,  スイス ,  フランス ,  宗教哲学 ,  解釈学 ,  現代フランス哲学 ,  テヴェナ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2021 対面・遠隔ハイブリッド授業における漢字のナラティブ・メソッドと日本文化スピーチの実践
  • 2018 - 2020 Projet de numérisation du Fonds Ricoeur/PSL(リクール文庫・PSL リクール・アーカイブ編集プロジェクト)
論文 (5件):
  • 山田智正. 死の想像物を「振り払うこと」-ポール・リクール遺稿集『死まで生き生きと』から-. 死生学年報 2021 臨床死生学の意義 東洋英和女学院大学 死生学研究所編. 2021
  • 山田智正. 死を前にしたリクール: 不可知論的態度と『死まで生き生きと』における考察から(印刷中). Estudos de Religião, Programa de Pós-Graduação em Ciências da Religião da Universidade Metodista de São Paulo. 2021
  • 山田智正. 死の想像物を「ふり払うこと」 リクールの『死まで生き生きと』から(仏語). PATOLOGÍAS DE LA EXISTENCIA (Estudios) , LUISA PAZ RODRIGUEZ SUAREZ, PRENSAS UNIVERSIDAD ZARAGOZA; Edición: 1,. 2018. 371-380
  • 山田智正. 晩年のポール・リクールにおけるピエール・テヴェナの「絶対なき哲学」の受容(仏語). Revue de Théologie et de Philosophie, PIERRE THÉVENAZ (1913-1955) «PENSER SANS ABSOLU», Après le centenaire de sa naissance, édité par Pierre Gisel et Jean-Pierre Thévenaz. 2015. III-IV. 146. 255-266
  • 山田智正. 隠喩と想像力--ポール・リクール『生きた隠喩』をめぐって. 上智哲学誌. 2005. 17. 97-106,
MISC (4件):
  • 山田智正. 〔解題・編集〕IIA149 L’Humanité de l’Homme. Contribution de la Philosophie Française contemporaine, in Stadium generale, 15/5, 1962, 309-323. Projet de numérisation du Fonds Ricoeur/PSL(リクール文庫・PSL リクール・アーカイブ編集プロジェクト). 2020
  • 山田智正. 〔解題・編集〕IIA429, Contingence et intériorité. Essai sur la signification théologique de l’œuvre de Pierre Thévenaz (Lieux théologiques, 14). Préface de P. Ricœur. Genève: Labor et Fides, 1989, 5-9. Projet de numérisation du Fonds Ricoeur/PSL(リクール文庫・PSL リクール・アーカイブ編集プロジェクト). 2020
  • 山田智正. 〔解題・編集〕IIA574. La préface de Ricœur à Domenico Jervolino, L’Amore difficile, Edizioni Studium, 1995, 9-16. Projet de numérisation du Fonds Ricoeur/PSL(リクール文庫・PSL リクール・アーカイブ編集プロジェクト). 2020
  • 山田智正. 日本におけるポール・リクールの翻訳と受容、杉村靖彦『ポール・リクールの思想』書評. Il Protagora, Riviesta semestriale, annoXXXIX, gennaio-giugno, 2012, sesta serie, n.17. 277-283
書籍 (3件):
  • 現代フランス哲学入門
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623084982
  • 宗教事象事典
    みすず書房 2019
  • リクール読本
    法政大学出版局 2016
講演・口頭発表等 (21件):
  • La Traduction chez Ricœur, d'une perspective de l'entretien avec Tomonobu Imamichi (リクールにおける「翻訳」ー 今道友信との対話からー)
    (International Ricœur Conference 2020: Ricœur as World Heritage (KU Leuven, Online, 19-21 November) 2020)
  • La confiance dans le souci de Dieu chez Paul Ricœur, une lecture de Vivant jusqu’à la mort (リクールにおける「神の顧みへの信頼」について)(フランス語)
    (Society for Ricoeur Studies Conference, “Politics, Religion and Cultural Hermeneutics,” ONLINE 2020)
  • Nishi Amane (1829-1897), Traduction et Philosophie à l’ère Meiji(西周ー明治期の翻訳と哲学からー)(フランス語)
    (Section de Japonais CRCJR Rennes2(レンヌ大第二大 日本文化・社会研究セミナー) 2019)
  • La Philosophie sans absolu chez Ricœur (リクールにおける絶対なき哲学)(フランス語)
    (Journée d'étude, Les phénoménologies de la vie religieuses, Université Lille, France(リール大主催研究集会 『宗教的生の現象学』リール フランス ) 2019)
  • 明治以後の日本哲学と翻訳(フランス語)
    (レンヌ市主催 中高生・一般向け学術イベント Festival des Sciences, 2018 (日仏友好160周年記念 ジャポニスム2018関連講演) 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 2009 パリ・プロテスタント神学院 大学院
  • 2006 - 2008 パリ・カトリック学院 大学院
  • 2004 - 2006 上智大学 大学院 博士前期課程
  • 2000 - 2004 上智大学 哲学科
学位 (3件):
  • 文学修士 (上智大学)
  • 哲学修士 (パリ・カトリック学院)
  • プロテスタント神学修士 (パリ・プロテスタント神学院)
経歴 (7件):
  • 2019/09 - 現在 レンヌ第二大学 一般外国語センター・日本語部門 特任講師
  • 2015/06 - 現在 国際解釈学研究所(クラクフ)(International Institute for Hermeneutics) ジュニア・アソシエイト・スカラー
  • 2011/03 - 現在 リクール文庫 (Fonds Ricœur ) 非常勤研究員 (Associate Researcher)
  • 2010/10 - 現在 パリ・社会科学高等研究院 哲学・社会科学専攻 博士課程
  • 2018/09 - 2020/06 レンヌ第二大 ケルト学研究社会人・一般向けコース
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2015/09 - 現在 レンヌ第二大 一般外国語・日本語部門 交換留学連絡員・交換留学選考面接官
所属学会 (5件):
European Network of Japanese Philosophy ,  テクスト研究学会 ,  上智哲学会 ,  日仏哲学会 ,  Association Paul Ricœur
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る