研究者
J-GLOBAL ID:201401041949360497   更新日: 2020年08月31日

岩坂 潤二

JYUNJI IWASAKA
所属機関・部署:
職名: 診療講師
論文 (41件):
  • Masaki Kaibori, Morihiko Ishizaki, Hiroya Iida, Kosuke Matsui, Tatsuma Sakaguchi, Kentaro Inoue, Toshihiko Mizuta, Yasushi Ide, Junji Iwasaka, Yutaka Kimura, et al. Effect of Intramuscular Adipose Tissue Content on Prognosis in Patients Undergoing Hepatocellular Carcinoma Resection. JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY. 2015. 19. 7. 1315-1323
  • 黒瀬聖司, 岩坂潤二, 堤博美, 山中裕, 新野弘美, 福島八枝子, 日暮恭子, 今井優, 桝田出, 武田真一, et al. 急性冠症候群患者の軽度狭窄病変に対する心臓リハビリテーションの効果. 心臓. 2014. 46. 1. 32-39
  • Park H, Otani H, Noda T, Sato D, Okazaki T, Ueyama T, Iwasaka J, Yamamoto Y, Iwasaka T. Intracoronary followed by intravenous administration of the short-acting β-blocker landiolol prevents myocardial injury in the face of elective percutaneous coronary intervention. International journal of cardiology. 2013. 167. 4. 1547-1551
  • 久保田眞由美, 木村穣, 柳田優子, 齋藤瞳, 居原田善司, 岩坂潤二, 大谷肇, 岩坂壽二. 心臓リハビリテーションによる性格特性の変化の検討. 心臓リハビリテーション. 2013. 18. 2. 236-240
  • 高橋広季, 岩坂潤二, 岩立充弘, 山本やえ, 和田健作, 杉山宏, 高橋朋子, 秦亮嘉, 野田哲平, 大石千尋, et al. ニフェジピン徐放剤のジェネリック変更後に出現した午前中の低血圧の1症例. 呼吸と循環. 2012. 60. 9. 978-980
もっと見る
MISC (1件):
  • 齋藤道子, 清水理進, 浅田真太郎, 大北亜樹, 岩坂潤二. 心臓再同期療法デバイス植込み患者の心不全急性増悪に対する取り組みと効果. Therapeutic Research. 2016. 37. 2. 152-154
講演・口頭発表等 (3件):
  • Investigation of Actual Condition of Digestibility Ulcer Treatment with Low Dosage Aspirin Inhibition
    (第72回日本循環器学会総会 2008)
  • 非腎障害例での降圧薬の種類による腎機能への影響
    (日本臨床生理学会 2007)
  • 経カテーテル的心筋内自家骨髄単核球移植後3年後に心不全で死亡した虚血性心筋症の1剖検例
    (日本心不全学会 2007)
経歴 (6件):
  • 2012/04/01 - 現在 関西医科大学 医学部 診療講師
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 関西医科大学 医学部 助教
  • 2006/01/01 - 2007/03/31 関西医科大学 医学部 助手
  • 2004/06/01 - 2005/12/31 大阪府立成人病センター 医師
  • 2003/04/01 - 2004/05/31 八戸赤十字病院 医師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 日本臨床生理学会 日本臨床生理学会評議員
所属学会 (7件):
日本臨床生理学会 ,  日本不整脈心電学会 ,  日本内科学会 ,  日本心臓病学会 ,  日本循環器学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本救急医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る