研究者
J-GLOBAL ID:201401042123122880   更新日: 2020年08月31日

田中 潤

タナカ ジュン | Tanaka Jyun
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (9件):
  • Ishimatsu T, Kinoshita K, Nishio J, Tanaka J, Ishii S, Yamamoto T. Motor-Evoked Potential Analysis of Femoral Nerve Status During the Direct Anterior Approach in Total Hip Arthroplasty. J Bone Joint Surg Am. 2018. In press.
  • 杉野裕記, 信藤真理, 田中潤, 山本卓明. 急速な椎体破壊の進行を認めた頸椎化膿性脊椎炎の1例. 整形外科と災害外科. 2017. 66. 4. 674-677
  • 工藤悠貴, 田中潤, 信藤真理, 山本卓明. 腰椎部に発生したEpidermoid Cystの1例. 整形外科と災害外科. 2017. 66. 4. 758-760
  • 山崎裕太郎, 白地仁, 信藤真理, 田中潤, 内藤正俊. 首下がり症を伴う頸椎症性脊髄症に対して前方固定術を行った一例. 整形外科と災害外科. 2016. 65. 4. 786-790
  • Jun Tanaka, Itaru Yugue, Keiichiro Shiba, Akira Maeyama, Masatoshi Naito. A Study of Risk Factors for Tracheostomy in Patients With a Cervical Spinal Cord Injury. SPINE. 2016. 41. 9. 764-771
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 真菌性脊椎炎の1例
    (第41回福岡脊椎外科フォーレム 2018)
  • Motor-Evoked Potential Analysis of Femoral Nerve Status During the Direct Anterior Approach in Total Hip Arthroplasty
    (AAOS 2018 Annual Meeting 2018)
  • melanotic schwannomaの一例
    (第134回西日本整形・災害外科学会 2017)
  • 胸椎部に発生したSpinal Epidural Cavernous Hemangiomaの一例
    (第133回西日本整形・災害外科学会学術集会 2017)
  • 当院における脊椎術後感染症の検討
    (第87回西日本脊椎研究会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る