研究者
J-GLOBAL ID:201401043242598880   更新日: 2021年06月03日

宮田 敦典

ミヤタ アツノリ | MIYATA Atsunori
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (3件): コンクリート工学 ,  建築施工 ,  建築材料
論文 (32件):
  • 中田善久,大塚秀三,荒巻卓見,宮田敦典. 建築現場におけるコンクリート型枠用合板の転用に伴う品質変化に関する一考察. 日本建築学会技術報告集. 2021. 27. 65. 58-63
  • 宮田敦典,大塚秀三,中田善久,河崎慎吾,住井次郎. コンクリートポンプ工法におけるブーム先端ホース作業の実態に関するアンケート調査. 日本建築学会技術報告集. 2021. 27. 65. 64-68
  • 大塚秀三,中田善久,宮田敦典,奥山夏樹. コンクリートポンプ工法における水平配管に用いる鋼製の輸送管の点検の実態に関するアンケート調査. 日本建築学会技術報告集. 2020. 26. 64. 845-850
  • 荒巻卓見,中田善久,大塚秀三,宮田敦典,稲澤琴恵. 木目模様を転写するコンクリート打放し仕上げに用いる型枠の構成材料に関するアンケート調査. 日本建築学会技術報告集. 2020. 26. 64. 875-880
  • 大塚秀三,中田善久,宮田敦典,奥山夏樹. ブーム付コンクリートポンプに付属する輸送管の点検の実態に関するアンケート調査. 日本建築学会技術報告集. 2020. 26. 63. 440-444
もっと見る
講演・口頭発表等 (201件):
  • 粗骨材の容積比を変化させたコンクリートの中性化速度および透気係数に及ぼす影響に関する実験的検討 その1 実験概要および粗骨材量を変化させたコンクリートの性状
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2019)
  • 壁型枠の構成方法の違いがコンクリートの仕上がりの平たんさに及ぼす影響
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2019)
  • RC造における支柱の一部残存三層受け工法の検討物件の構造諸元に関する調査 その1 検討物件の柱の構造諸元
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2019)
  • RC造における支柱の一部残存三層受け工法の検討物件の構造諸元に関する調査 その2 検討物件の大梁の構造諸元
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2019)
  • コンクリートポンプ工法におけるの先端ホース径の選定要因に関する実態調査
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2014 日本大学大学院 建築学専攻
  • - 2014 日本大学大学院 建築学専攻
  • - 2012 日本大学 建築学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (日本大学)
委員歴 (10件):
  • 2019/04 - 2025/03 中央職業能力開発協会 中央技能検定委員(コンクリート圧送施工)
  • 2021/04 - 2023/03 日本コンクリート工学会 コンクリート試験方法JIS原案作成委員会 委員
  • 2021/04 - 2023/03 日本コンクリート工学会 コンクリート圧送工法指針原案作成委員会 委員
  • 2020/04 - 2022/03 日本建築学会関東支部 材料施工専門研究委員会 委員
  • 2020/02 - 2021/03 全国コンクリート圧送事業団体連合会 第2回全国圧送技術大会 実行委員会
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/03 - 全国コンクリート圧送事業団体連合会 第1回全国圧送技術大会 優秀賞
  • 2016/04 - 日本建築学会 日本建築学会 奨励賞
所属学会 (2件):
日本建築学会 ,  日本コンクリート工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る