研究者
J-GLOBAL ID:201401044408790200   更新日: 2022年01月25日

萩原 悟一

ハギワラ ゴイチ | Goichi Hagiwara
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://people.nifs-k.ac.jp/hagiwara/
研究分野 (3件): 経営学 ,  社会心理学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (2件): 経営学 ,  行動科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 学生競技者のアイデンティティに関する基礎的研究-大学スポーツ振興に向けて-
  • 2019 - 2020 eSportsプレイヤーからの生体データ取得と、データのヘルスケアサービスへの適応検討に関する学術指導、監修
  • 2019 - 2020 スポーツ現場における感性評価によるプラズマクラスターイオンの効果検証
  • 2019 - 2019 スーツウェアの着心地に関する心理的評価に関する研究
  • 2018 - 2019 スポーツビジネス分野におけるエンターテイメントプログラムの開発に関する研究
全件表示
論文 (83件):
  • 元嶋 菜美香, 萩原 悟一, 宮良 俊行, 杉山 佳生. 「するスポーツ」「ささえるスポーツ」における日本語版SCQ-2楽しさ因子の妥当性・信頼性の検討. スポーツ産業学研究. 2022. 32. 1. 83-96
  • 八尋 風太, 杉山 佳生, 内田 若希, 萩原 悟一. 運動部活動の顧問教員におけるスポーツ指導のコミットメント向上モデル-職場でのソーシャルサポートと指導者としてのアイデンティティに着目して-. スポーツ産業学研究. 2022. 32. 1. 29-38
  • Kihara, S, Hagiwara, G. A fundamental examination of the attentional function in the rhythm game. Journal of Digital Life. 2021. 7
  • Furukado, R, Hagiwara, G. Examining the effects of digital gameplay of the racing genre on mood and heart rate. Journal of Digital Life. 2021. 1. 5
  • 木原沙織, 萩原悟一. スポーツ観戦におけるVR視聴時の客観的満足度に関する研究:競技経験の違いに着目して. 運動とスポーツ科学. 2021. 27. 1. 55-61
もっと見る
MISC (10件):
  • 萩原 悟一, 磯貝 浩久, 佐久間 智央, 神力 亮太, 秋山 大輔. 03心-26-ポ-64 スポーツチームにおけるソーシャルサポートの日米比較研究(03 体育心理学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究). 日本体育学会大会予稿集. 2015. 66. 0
  • 木村 公喜, 萩原 悟一, 秋山 大輔. 女性の行動決定のための初期因子. 日本経大論集 = The economic review of Japan University of Economics. 2014. 44. 1. 315-321
  • Ryosuke Furukado, Ritsuko Imamura, Goichi Hagiwara, Masahiro Doi, Hirohisa Isogai. Cognitive function in elementary school children effects of the Visual Training. The 7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress. 2014
  • Chou Daisuke, Hagiwara Goichi, Isogai Hirohisa. Multi-Agent Simulation of Bullying Issues using Social Support. The 7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress. 2014
  • Isogai Hirohisa, Hagiwara Goichi. The relationship of cohesion and social support in collegiate athletes. The 7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress. 2014
もっと見る
書籍 (5件):
  • B.B.MOOK1438 『格闘技通信』Special Issue『ONE Championship OFFICIAL BOOK A NEW ERA
    ベースボールマガジン社 2019 ISBN:9784583625782
  • スポーツビジネス概論3
    叢文社 2018 ISBN:4794707819
  • スポーツビジネス概論2
    叢文社 2016 ISBN:9784794707550
  • 「動ける子」にする育て方
    晶文社 2014 ISBN:4794968418
  • スポーツビジネス概論
    叢文社 ISBN:9784794706898
学歴 (4件):
  • 2021 - 現在 東京大学 人間環境学専攻博士後期課程
  • 2012 - 2014 九州工業大学大学院 脳情報専攻
  • 2010 - 2011 アーカンソー州立大学大学院
  • 2003 - 2007 防衛大学校 人間文化学科
学位 (2件):
  • M.S. Sport Administration (Arkansas State University)
  • 博士(学術) (九州工業大学)
経歴 (15件):
  • 2020/09 - 現在 九州産業大学 人間科学部 准教授
  • 2020/10 - 2021/03 鹿屋体育大学 客員准教授
  • 2019/04 - 2020/09 鹿屋体育大学大学院体育学研究科 准教授
  • 2019/04 - 2020/09 鹿屋体育大学スポーツ人文・応用社会科学系 准教授
  • 2019/04 - 2020/08 筑波大学・鹿屋体育大学大学院スポーツ国際開発学専攻 准教授
全件表示
受賞 (11件):
  • 2020/10 - 日本スポーツ産業学会 日本スポーツ産業学会会長賞
  • 2020/03 - 鹿児島テックプランターフォトシンス賞
  • 2019/05 - 超異分野学会 テクノロジースプラッシュ賞アカデミア部門
  • 2018/07 - スポーツ庁長官賞(政策提言)
  • 2018/07 - 日本スポーツ産業学会 日本スポーツ産業学会学会賞奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本教育医学会 ,  九州体育・スポーツ学会 ,  日本体育学会 ,  日本スポーツマネジメント学会 ,  日本スポーツ産業学会 ,  日本運動・スポーツ科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る