研究者
J-GLOBAL ID:201401046426524080   更新日: 2020年09月01日

檜垣 勇次

ヒガキ ユウジ | Higaki Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40619649.ja.html
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (5件): 高分子表面/界面 ,  高分子構造 ,  ミクロ相分離構造 ,  双性イオン高分子 ,  ポリマーブラシ
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2021 ソフト界面における高分子会合体の秩序構造形成
  • 2020 - 2021 環境応答性ナノファイバー被覆による微生物定着制御
  • 2018 - 2021 荷電高分子薄膜の水和状態制御と相互作用の可視化
  • 2017 - 2021 分子間相互作用の精密制御に基づく環境調和型ナノハイブリッドの創成
  • 2019 - 2020 高分子ベシクル積層膜の秩序構造とダイナミクス
全件表示
論文 (98件):
  • Yuji Higaki, Motoyasu Kobayashi, Atsushi Takahara. Hydration State Variation of Polyzwitterion Brushes through Interplay with Ions. Langmuir. 2020
  • 檜垣勇次, 犬塚仁浩, 大石浩, 高原淳. ポリマーブラシをグラフト化したPBT 意匠鋼板の防汚性. 日本接着学会誌. 2020. 56. 7. 272-278
  • Kosuke Igata, Tatsunori Sakamaki, Yoshihiro Inutsuka, Yuji Higaki, Maiko K. Okajima, Norifumi L. Yamada, Tatsuo Kaneko, Atsushi Takahara. Cationic Polymer Brush/Giant Polysaccharide Sacran Assembly: Structure and Lubricity. Langmuir. 2020. 36. 23. 6494-6501
  • Manus Sriring, Adun Nimpaiboon, Sirirat Kumarn, Keiko Higaki, Yuji Higaki, Ken Kojio, Atsushi Takahara, Chee Cheong Ho, Jitladda Sakdapipanich. Film formation process of natural rubber latex particles: roles of the particle size and distribution of non-rubber species on film microstructure. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2020. 592. 124571-124571
  • Yi Liu, Yuji Higaki, Masaru Mukai, Atsushi Takahara. Molecular aggregation structure and water repellency of Poly(perfluorohexyl acrylate) with a carbamate linkage. Polymer. 2019. 182. 121846-121846
もっと見る
MISC (6件):
  • 檜垣勇次. 双性イオン高分子ブラシ薄膜の水和状態と相互作用. Colloid & Interface Communication. 2019. 44. 37-39
  • 檜垣勇次, 高原淳. 中性子反射率法による荷電高分子ブラシ薄膜/水界面の分子鎖凝集構造解析. 波紋. 2018. 28. 4. 178-182
  • 檜垣勇次. 中性子反射率測定法による荷電高分子ブラシ水和状態の解析. 中性子産業利用推進協議会 季報 四季. 2017. 37. 6-7
  • 檜垣勇次. 荷電高分子ブラシ薄膜の水和状態と界面特性. 繊維学会誌. 2017. 73. 5. 209-210
  • OTSUKA H, AOTANI K, HIGAKI Y, YAMAGUCHI G, TAKAHARA A. Reorganization and Scrambling Behavior of Alkoxyamine-Based Dynamic Covalent Polymers by Macromolecular Radical Crossover Reaction. Trans Mater Res Soc Jpn. 2004. 29. 1. 145-148
もっと見る
特許 (2件):
  • 中空糸膜の耐久性評価方法
  • 誘電膜およびその製造方法、並びにそれを用いたトランスデューサ
書籍 (12件):
  • Molecular Soft-Interface Science -Principles, Molecular Design, Characterization and Application-
    Springer, Tokyo 2019
  • Stimuli-Responsive Dewetting/Wetting Smart Surfaces and Interfaces
    Springer International Publishing 2018
  • ACS Symposium Series, Reversible Deactivation Radical Polymerization: Materials and Applications
    American Chemical Society 2018
  • Handbook of Polymer Tribology
    World Scientific Publishing Co. Pre. Ltd. 2018
  • RSC Smart Materials No. 22, Functional Polymer Composites with Nanoclays
    Royal Society of Chemistry 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • 双性イオンブロック共重合体会合体吸着膜の秩序構造
    (第29回 日本MRS年次大会 2019)
  • Hydration State and Interaction Potential of Zwitterionic Poly(sulfobetaine) Brushes in Aqueous Solutions
    (2019 Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th) and Fibers(17th) 2019)
  • イオン選択的ポリスルホベタインブラシ薄膜水和状態と表面張力
    (第68回 高分子学会年次大会 2019)
  • Charged Polymer Brushes: Modulation of Hydration States and Interactions
    (Kyoto Winter School "Quantifying Dynamics of Life" 2019)
  • Hydration State of Zwitterionic Polymer Brushes Depending on the Interactions with Ions and Charged Molecules
    (第28回 日本MRS年次大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2003 - 2006 九州大学 物質創造工学専攻博士課程
  • 2001 - 2003 九州大学 物質創造工学専攻修士課程
  • 1997 - 2001 九州大学 応用物質化学科
  • 1994 - 1997 福岡県立筑紫丘高等学校 普通科
経歴 (7件):
  • 2018/07 - 現在 大分大学 理工学部 准教授
  • 2012/04 - 2019/03 理化学研究所 播磨研究所 客員研究員
  • 2012/04 - 2018/06 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 水素製造部門 研究者
  • 2011/06 - 2018/06 九州大学 先導物質化学研究所 助教
  • 2013/04 - 2015/03 JST ERATO 高原ソフト界面プロジェクト グループリーダー
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 2020/03 公益社団法人 高分子学会 九州支部 会計幹事
  • 2014/04 - 2015/03 公益社団法人 高分子学会 九州支部 若手研究会幹事
受賞 (5件):
  • 2017/08 - IUMRS-ICAM Young Scientist Award GOLD AWARD in IUMRS-ICAM 2017 Ion-Specific Hydration States and Interaction Potentials of Zwitterionic Poly(sulfobetaine) Brushes
  • 2015/12 - 日本MRS 第25回日本MRS-J年次大会奨励賞 ポリアンモニウムカチオンブラシの水和状態と対イオンのホフマイスター効果
  • 2015/06 - 一般社団法人繊維学会 繊維学会若手優秀発表賞 電界紡糸ポリブチレンテレフタレート繊維の昇温過程時分割X線構造解析
  • 2014/09 - IUMRS-ICA2014 The Award for Encouragement of Research Anti-biofouling Properties of Super-hydrophilic Polyelectrolyte Brushes
  • 2014/05 - 公益社団法人高分子学会 高分子研究奨励賞 非縮合系植物由来高分子材料の分子設計と特性解析
所属学会 (5件):
日本中性子科学会 ,  日本MRS ,  日本接着学会 ,  繊維学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る