研究者
J-GLOBAL ID:201401048153036048   更新日: 2020年08月30日

井上 康博

Inoue Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生体医工学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2015 - 2020 3D形態ロジックの国際共同研究を加速するバーチャル研究所
  • 2015 - 2020 生物の3D形態を構築するロジック
  • 2015 - 2020 多細胞組織に立体形状が作られる力学原理の数理
  • 2015 - 2017 張力センサー生体分子のナノ構造力学特性の解明
  • 2013 - 2016 細胞間相互作用に着目した組織形成の解析
全件表示
論文 (20件):
  • 齋梧 等, 井上 康博, 安達 泰治. 発生過程の組織変形における細胞集団運動の数理モデル. バイオエンジニアリング講演会講演論文集. 2019. 2019. 0. 1G31
  • Okuda S, Miura T, Inoue Y, Adachi T, Eiraku M. Publisher Correction: Combining Turing and 3D vertex models reproduces autonomous multicellular morphogenesis with undulation, tubulation, and branching. Scientific reports. 2018. 8. 1. 8522
  • Adachi H, Matsuda K, Niimi T, Inoue Y, Kondo S, Gotoh H. Anisotropy of cell division and epithelial sheet bending via apical constriction shape the complex folding pattern of beetle horn primordia. Mechanisms of development. 2018
  • Tomoyasu Shinoda, Arata Nagasaka, Yasuhiro Inoue, Ryo Higuchi, Yoshiaki Minami, Kagayaki Kato, Makoto Suzuki, Takefumi Kondo, Takumi Kawaue, Kanako Saito, Naoto Ueno, Yugo Fukazawa, Masaharu Nagayama, Takashi Miura, Taiji Adachi, Takaki Miyata. Elasticity-based boosting of neuroepithelial nucleokinesis via indirect energy transfer from mother to daughter. PLOS Biology. 2018. 16. 4. e2004426
  • 齋梧 等, 井上 康博, 安達 泰治. 細胞変形を考慮した細胞集団運動の数理モデル化. 年次大会. 2018. 2018. 0. J0230102
もっと見る
MISC (106件):
  • 稲木美紀子, 瀧川大志, 大久保明野, 須志田隆道, 秋山正和, 井上康博, 松野健治. 消化管の左右非対称な捻転を引き起こす上皮細胞の3次元形態変化. 日本細胞生物学会大会(Web). 2019. 71st. ROMBUNNO.2P-276(3TC-01) (WEB ONLY)
  • 稲木美紀子, 大久保明野, 須志田隆道, 秋山正和, 井上康博, 松野健治. キラルな細胞変形によって駆動される組織自律的な内臓捻転の機構. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2018. 41st. ROMBUNNO.1PW2-18-6 (WEB ONLY)
  • 松田 惇志, 井上 康博, 安達 泰治. 樹状突起スパイン内の空間混み合い効果によるシグナル分子のサイズ依存的センシング機構. 「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編]. 2017. 34. 5p
  • 立尾 樹, 井上 康博, 安達 泰治. 周囲組織から拘束を受ける成長上皮組織の変形シミュレーション. 年次大会. 2017. 2017. 0. J0230301
  • 井上 康博. 機械的刺激に伴う化学反応プロセスの制御. 生物物理. 2017. 57. 1. 26-29
もっと見る
書籍 (4件):
  • 23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア : 計算で物事を理解する予測する
    近代科学社 2020 ISBN:9784764906082
  • 生命科学で使えるはじめての数理モデルとシミュレーション
    羊土社 2017 ISBN:9784758103619
  • 細胞のマルチスケールメカノバイオロジー
    森北出版 2017 ISBN:9784627691414
  • メカノバイオロジー : 細胞が力を感じ応答する仕組み
    化学同人 2015 ISBN:9784759817218
講演・口頭発表等 (11件):
  • Folding pattern formation in a confined epithelial cell sheet
    (第56回日本生物物理学会 2018)
  • Mechanochemical coupling between tissue deformation and gene expression based on cell shape
    (MBI-Japan Joint Symposium on Mechanobiology of Development and Multicellular Dynamics 2014)
  • Role of spatial pattern of contracting cells in tissue invagination
    (The 62nd NIBB Conference Force in Development 2014)
  • 形態形成における力学-生化学連成を考慮した3次元組織変形の数理モデリング・シミュレーション
    (第36回日本分子生物学会ワークショップ(新しいメカノバイオロジーを目指す工学と生物学の融合) 2013)
  • Computational biophysics on epithelial tissue deformation: from molecular to tissue scale
    (第51回日本生物物理学会年会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る