研究者
J-GLOBAL ID:201401048504296360   更新日: 2019年11月13日

福田 康典

フクタ ヤスノリ | Yasunori Fukuta
所属機関・部署:
職名: 専任教授
論文 (43件):
  • 福田康典. 地域デザイン理論のパフォーマティビティに関する探索的研究. 地域デザイン. 2019. 13. 63-82
  • 村田潔, 折戸洋子, 福田康典. 国家による監視と日本社会:エドワード・スノーデンが教えてくれたこと. 経営情報学会誌. 2018. 27. 1. 3-8
  • 福田康典. IoTベースのマーケティング・リサーチに潜む倫理問題の特性に関する探索的な考察. 明治大学社会科学研究所紀要. 2018. 56. 2. 15-29
  • Yasunori Fukuta, Kiyoshi Murata, Andrew A. Adams, Yohko Orito, Ana Maria Lara Palma. Personal Data Sensitivity in Japan: An Exploratory Study. Orbit Journal (Special issue on CEPE/ETHICOMP 2017). 2017. 1. 2. Unpaged
  • Kiyoshi Murata, Andrew A. Adams, Yasunori Fukuta, Yohko Orito, Mario Arias-Oliva, Jorge Pelegrin-Borondo. From a Science Fiction to Reality: Cyborg Ethics in Japan. Computers and Society. 2017
もっと見る
書籍 (9件):
  • 1からのマーケティング分析
    碩学舎 2011 ISBN:9784502683602
  • 現代経営学再入門
    同友館 2010
  • QOLとマーケティング-クオリティ・オブ・ライフ理論の構築をめざして
    同友館 2008
  • ビジネス・キャリア検定試験標準テキスト マーケティング3級
    中央職業能力開発協会 2007
  • ビジネス・キャリア検定試験標準テキスト マーケティング2級
    中央職業能力開発協会 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 個人情報の利活用に関して知覚されるリスクと要求される管理の厳格さ
    (日本情報経営学会第79回全国大会 2019)
  • 地域デザインにおける資源統合能力の学習-アクターズネットワークの観点から-
    (地域デザイン学会第8回全国大会 2019)
  • サイボーグ倫理研究の課題
    (日本情報経営学会第78回全国大会 2019)
  • 地域デザイン理論のパフォーマティビティ
    (日本情報経営学会 第77回全国大会(地域デザイン学会共催セッション) 2018)
  • 消費者情報の収集と利用並びにその倫理問題:研究枠組みの構築に向けた探索的考察
    (日本経営診断学会 第51回全国大会 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る