研究者
J-GLOBAL ID:201401049844403892   更新日: 2024年06月17日

上野 祐司

ウエノ ユウジ | Ueno Yuji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (9件): ESUS ,  エクソソーム ,  経食道心エコー ,  潜因性脳梗塞 ,  包括脳ネットワーク ,  Semaphorin3A ,  microRNA ,  軸索再生 ,  脳虚血
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2022 - 2029 テイラーメイドエクソソームによる脳梗塞新規治療の開発
  • 2022 - 2025 転写調節因子RESTに着目した末梢神経軸索再生の分子機構解明と新規治療法の探索
  • 2020 - 2022 エクソソームによる脳梗塞後グリア瘢痕制御と軸索再生の治療効果の検証
  • 2019 - 2021 Clinical characteristics, management, and prognosis of paradoxical brain embolism related to venous thromboembolism: A multicenter registry
  • 2020 - 脳虚血後機能回復を目的としたエクソソーム治療の実用化
全件表示
論文 (139件):
  • John J McCabe, Cathal Walsh, Sarah Gorey, Katie Harris, Pablo Hervella, Ramon Iglesias-Rey, Christina Jern, Linxin Li, Nobukazu Miyamoto, Joan Montaner, et al. Plasma fibrinogen and risk of vascular recurrence after ischaemic stroke: An individual participant and summary-level data meta-analysis of 11 prospective studies. European stroke journal. 2024. 23969873241246489-23969873241246489
  • Yuki Shimada, Kenichi Todo, Ryosuke Doijiri, Hidekazu Yamazaki, Kazutaka Sonoda, Junpei Koge, Tomonori Iwata, Yuji Ueno, Hiroshi Yamagami, Naoto Kimura, et al. Higher Frequency of Premature Atrial Contractions Correlates With Atrial Fibrillation Detection after Cryptogenic Stroke. Stroke. 2024
  • Chikage Kijima, Toshiki Inaba, Kenichiro Hira, Nobukazu Miyamoto, Kazuo Yamashiro, Takao Urabe, Nobutaka Hattori, Yuji Ueno. Correction to: Astrocytic Extracellular Vesicles Regulated by Microglial Inflammatory Responses Improve Stroke Recovery. Molecular neurobiology. 2024. 61. 2. 1022-1022
  • John J McCabe, Cathal Walsh, Sarah Gorey, Katie Harris, Pablo Hervella, Ramon Iglesias-Rey, Christina Jern, Linxin Li, Nobukazu Miyamoto, Joan Montaner, et al. C-Reactive Protein, Interleukin-6, and Vascular Recurrence According to Stroke Subtype: An Individual Participant Data Meta-Analysis. Neurology. 2024. 102. 2. e208016
  • Kenichi Todo, Shuhei Okazaki, Ryosuke Doijiri, Hidekazu Yamazaki, Kazutaka Sonoda, Junpei Koge, Tomonori Iwata, Yuji Ueno, Hiroshi Yamagami, Naoto Kimura, et al. Atrial Fibrillation Detection and Ischemic Stroke Recurrence in Cryptogenic Stroke: A Retrospective, Multicenter, Observational Study. Journal of the American Heart Association. 2024
もっと見る
MISC (200件):
  • 上野 祐司. 経食道心エコー多施設研究で明らかにされた潜因性脳梗塞の病態:CHALLENGE ESUS/CS registry. Neurosonology:神経超音波医学. 2023. 36. 1. 3-8
  • 川北 壮, 内藤 聖人, 上野 祐司, 窪田 大介, 鈴木 崇丸, 佐々 恵太, 小畑 宏介, 菊井 彩夏, 市原 理司, 鈴木 雅生, et al. シュワン細胞株では虚血負荷で軸索マーカー発現が低下する. 末梢神経. 2022. 33. 2. 317-317
  • 上野 祐司, 木島 千景, 平 健一郎, 稲葉 俊東, 宮元 伸和, 宮内 淑史, 山城 一雄, 卜部 貴夫, 服部 信孝. Neuroprotection 脳梗塞機能回復を目指したエクソソーム治療. 脳循環代謝. 2022. 34. 1. 72-72
  • 木島 千景, 稲葉 俊東, 平 健一郎, 宮元 伸和, 山城 一雄, 卜部 貴夫, 服部 信孝, 上野 祐司. Microgliaの抗炎症作用を介して制御されたastrocyte由来のEVsは脳梗塞の回復を促進する. 脳循環代謝. 2022. 34. 1. 155-155
  • 稲葉 俊東, 山城 一雄, 栗田 尚英, 上野 祐司, 宮元 伸和, 平 健一郎, 中島 翔, 木島 千景, 服部 信孝, 卜部 貴夫. 腸内細菌LPSによる認知機能と白質病変への影響. 脳循環代謝. 2022. 34. 1. 157-157
もっと見る
特許 (3件):
  • カルボスチリルとカルニチンの組み合わせ医薬
  • 脳梗塞に関する治療薬
  • 疾患診断治療支援システム
書籍 (4件):
  • 最新臨床脳卒中学(第2版)[下]
    日本臨牀社 2022
  • 脳卒中治療ガイドライン2021
    協和企画 2021
  • 脳神経超音波マニュアル2020
    2020
  • 最新臨床脳卒中学[下]-最新の診断と治療
    日本臨牀社 2014
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 順天堂大学大学院 医学研究科 神経学
  • 1994 - 2000 順天堂大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学院)
経歴 (15件):
  • 2022/07 - 現在 山梨大学 大学院総合研究部医学域 臨床医学系(神経内科) 教授
  • 2022/07 - 現在 順天堂大学医学部 神経学講座 客員教授
  • 2014/04 - 2022/06 順天堂大学医学部 神経学講座 准教授
  • 2013/04 - 2014/03 順天堂大学医学部附属浦安病院 脳神経内科 准教授
  • 2011/04 - 2013/03 順天堂大学医学部附属浦安病院 脳神経内科 助教
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2023/12 - 現在 山梨認知症を考える会 代表幹事
  • 2023/04 - 現在 山梨県メディカルコントロール協議会 委員
  • 2023/04 - 現在 日本内科学会 評議員
  • 2023/04 - 現在 日本神経学会将来構想委員会 委員
  • 2023/03 - 現在 山梨県臨床内科医会 顧問
全件表示
受賞 (8件):
  • 2021/09 - 順天堂大学医学部同窓会 学術奨励賞 虚血性脳血管障害の病態解明
  • 2020/12 - 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 令和2年度調査研究助成
  • 2019/08 - JRISTA 血栓症領域における医師主導研究プログラム
  • 2018/11 - 武田科学研究振興財団 医学系研究助成
  • 2017/11 - 先進医薬研究振興財団 循環医学分野 一般研究助成
全件表示
所属学会 (11件):
国際脳循環代謝学会 ,  American Heart Association ,  日本脳循環代謝学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本栓子検出と治療学会 ,  日本血栓止血学会 ,  日本脳神経超音波学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る