研究者
J-GLOBAL ID:201401051757982554   更新日: 2020年09月01日

増井 俊彦

Masui Toshihiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 消化器外科学 ,  外科学一般、小児外科学
研究キーワード (6件): 膵液瘻 ,  術前治療 ,  膵島移植 ,  膵発生 ,  膵癌 ,  神経内分泌腫瘍
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 振動解析の手法を取り入れた新規NMR解析法による膵がん、胆管がん血清診断法の開発
  • 2018 - 2021 内外分泌連関に着目した膵島細胞増殖因子の解明とその治療的応用
  • 2018 - 2021 不飽和脂肪酸分解に着目した膵液瘻重症化因子解明と治療的応用
  • 2018 - 2020 振動工学の概念に基づき血清の動的性質(モード)をNMRでとらえる新規検査法の開発
  • 2016 - 2019 68Ga-DOTATOC-PET/CTによる腫瘍および炎症の画像診断
全件表示
論文 (121件):
  • Kenzo Nakano, Toshihiko Masui, Akitada Yogo, Yuichiro Uchida, Asahi Sato, Yosuke Kasai, Kazuyuki Nagai, Takayuki Anazawa, Yoshiya Kawaguchi, Shinji Uemoto. Chloroquine induces apoptosis in pancreatic neuroendocrine neoplasms via endoplasmic reticulum stress. Endocrine-related cancer. 2020. 27. 7. 431-439
  • Tomonobu Hatoko, Takaaki Murakami, Masakatsu Sone, Daisuke Yabe, Toshihiko Masui, Yuji Nakamoto, Akihiro Furuta, Norimitsu Uza, Yuzo Kodama, Norio Harada, et al. Low-dose Selective Arterial Calcium Stimulation Test for Localizing Insulinoma: A Single-center Experience of Five Consecutive Cases. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020. in press
  • Yuki Yamauchi, Yuzo Kodama, Masahiro Shiokawa, Nobuyuki Kakiuchi, Saiko Marui, Takeshi Kuwada, Yuko Sogabe, Teruko Tomono, Atsushi Mima, Toshihiro Morita, et al. Rb and p53 execute distinct roles in the development of pancreatic neuroendocrine tumors. Cancer research. 2020
  • Satoshi Ogiso, Satoru Seo, Takamichi Ishii, Takayuki Anazawa, Kazuyuki Nagai, Yoichiro Uchida, Ken Fukumitsu, Takashi Ito, Shintaro Yagi, Naoko Kamo, et al. Middle Hepatic Vein Branch-Guided Approach for Laparoscopic Resection of Liver Segment 8 Is Simple, Reliable, and Reproducible. Annals of surgical oncology. 2020
  • Toshihiko Masui, Kazuyuki Nagai, Takayuki Anazawa, Yosuke Kasai, Asahi Sato, Kenzo Nakano, Yuichiro Uchida, Akitada Yogo, Yoshiya Kawaguchi, Kyoichi Takaori, et al. Risk factors for short recurrence-free survival after resection of pancreatic neuroendocrine tumor (PanNET) liver metastases: which patients should undergo resection?. Scandinavian Journal of Gastroenterology. 2020. 55. 4. 479-484
もっと見る
MISC (449件):
  • 増井 俊彦, 上本 伸二. NET診療におけるガイドラインの功罪 (特集 消化器悪性腫瘍診療におけるガイドラインの功罪). 外科 = Surgery : 臨床雑誌. 2020. 82. 6. 650-655
  • 長井 和之, 仲野 健三, 木口 剛造, 穴澤 貴行, 増井 俊彦, 高折 恭一, 上本 伸二. 【IPMN・MCN国際診療ガイドライン総まとめ】多発分枝型IPMNに対する手術の考え方. 胆と膵. 2020. 41. 1. 65-71
  • 増井 俊彦, 長井 和之, 穴澤 貴行, 仲野 健三, 内田 雄一郎, 余語 覚匡, 高折 恭一, 上本 伸二. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術 pros & cons 膵体尾部癌における開腹と比較した腹腔鏡下切除のoncological benefit. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. WS39-2
  • 内田 雄一郎, 増井 俊彦, 仲野 健三, 余語 覚匡, 長井 和之, 穴澤 貴之, 高折 恭一, 上本 伸二. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術 二施設における短期成績の検証. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. MO054-3
  • 穴澤 貴行, 増井 俊彦, 長井 和之, 八木 真太郎, 高折 恭一, 上本 伸二. 開腹移行症例から学ぶ 腹腔鏡下膵体尾部切除術における開腹移行例から学ぶ. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019. 24. 7. WS37-8
もっと見る
委員歴 (6件):
  • 2020/01 - 現在 日本肝胆膵外科学会 技術認定委員会委員
  • 2019/09 - 現在 国立がん研究センター希少がん対策ワーキンググループ 神経内分泌腫瘍分科会委員
  • 2018/11 - 現在 ヨーロッパ内分泌腫瘍学会 世界NETフォーラム学術委員会委員
  • 2013/11 - 現在 近畿外科学会 評議員
  • 2011/06 - 現在 日本肝胆膵外科学会 評議員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る