研究者
J-GLOBAL ID:201401051968154917   更新日: 2019年03月27日

新井 潔

Arai, Kiyoshi
所属機関・部署:
職名: 非常勤教授
研究分野 (1件): 社会システム工学・安全システム
研究キーワード (2件): シミュレーション&ゲーミング ,  社会工学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2002 - 2003 人工社会組織研究とゲーミングシミュレーション研究の融合による研究展開
  • 2002 - 2004 社会システム科学におけるエージェントベース・シミュレーションの標準設計技法の開発
  • 2003 - 2004 「エージェント社会科学-社会科学における新しい方法論の構築」設立のための調査研究
論文 (15件):
  • Kitani Shinobu. A New Role-playing Gaming on Regional Environmental Planning -A Framework and Trial Run. Studies of Simulation and Gaming. 2003. 16. 2. 149-156
  • Masami Ido Kiyoshi Arai. Gaming Simulation of MUNICIPAL MERGERS: Its development and practical application in the classroom. The Proceedings of 34th Annual Conference of International Simulation And Gaming Association. 2003. 129-138
  • Kitani Shinobu K.Arai, T.Hasebe, N.Nomura, F.Nakano. An Evaluation of Role-playing Gaming on Reformation toward Sustainable Rural Society -How to awake a regional context in citizens-. The Proceedings of 34th Annual Conference of International Simulation And Gaming Association. 2003. 577-586
  • Kitani Shinobu. A role-playing gaming with contextual discordance on regional environmental planning - a framework and a trial run -. The International Simulation and Gaming Yearbook. 2003. 11. CD-ROM
  • 新井潔. ゲーミングシミュレーションの妥当性評価の枠組み. 日本シミュレーション&ゲーミング学会第10回全国大会発表論文集. 1998. 103-106
もっと見る
書籍 (7件):
  • まちづくりのための計画情報システム
    総合研究開発機構 1983
  • 進化する都市
    毎日新聞社 1986
  • Global Interdependence: Simulation and Gaming Perspectives
    Springer-Verlag 1992
  • シミュレーション・ゲーム進化論
    コーエー 1992
  • ゲーミング・シミュレーション作法
    共立出版 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • Difficulties and Opportunities in Simulation and Gaming
    (25th Annual Conference of International Simulation and Gaming Association 1994)
  • THREE TEN: On a variety of interpretations
    (30th annual conference of International Simulation and Gaming Association 1999)
  • エージェントベースモデリングとゲーミングシミュレーションの出会い
    (2002年度日本シミュレーション&ゲーミング学会 2002)
  • 文脈不一致型ロールプレイゲーミングの形式化とその適用可能性
    (2002年度日本シミュレーション&ゲーミング学会 2002)
  • A New Horizon of Simulation and Gaming: Difficulties and expectations of facilitating science, technology and practice
    (34th Annual Conference of International Simulation And Gaming Association 2003)
学歴 (3件):
  • 埼玉大学 理学部 物理学科
  • 広島大学 理学研究科 物理学専攻
  • 東京工業大学 理工学研究科 社会工学専攻
学位 (2件):
  • 理学修士 (広島大学)
  • 工学博士 (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 近畿大学 教授
  • 千葉工業大学 社会システム科学部 教授
  • ラトガース大学 客員研究員
  • 東京工業大学 助手
委員歴 (2件):
  • 国際シミュレーション&ゲーミング学会 運営委員
  • 日本シミュレーション&ゲーミング学会 会長
受賞 (3件):
  • 日本計画行政学会 奨励賞
  • 日本シミュレーション&ゲーミング学会 優秀賞
  • 日本シミュレーション&ゲーミング学会 学会賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る