研究者
J-GLOBAL ID:201401054769457640   更新日: 2020年10月04日

黒瀬 大介

クロセ ダイスケ | Kurose Daisuke
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://www.cabi.org/cabi-people/daisuke-kurose/
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (7件): 菌学 ,  雑草防除 ,  分類 ,  植物病理 ,  生物防除 ,  Stemphylium ,  同定
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2010 - 2013 新奇生物的防除法による外来性侵入雑草の制御技術の確立
  • 2007 - 2009 欧米諸国へ侵入した日本産イタドリの生物的防除に関する研究
論文 (44件):
  • Kurose D, Pollard KM, Ellison CA. Chloroplast DNA analysis of the invasive weed, Himalayan balsam (Impatiens glandulifera), in the British Isles. Scientific Reports. 2020. 10966
  • Misawa T, Ueno R, Kurose D, Nakahara KS. First report of Botrytis porri causing Botrytis leaf blight on leek in Japan. New Disease Reports. 2020. 41. 19
  • Giovanni Cafa, Riccardo Baroncelli, Carol A Ellison, Daisuke Kurose. Impatiens glandulifera (Himalayan balsam) chloroplast genome sequence as a promising target for populations studies. PeerJ. 2020. 8. e8739
  • 三澤知央, 黒瀬大介. Rhizoctonia solani AG-2-1 Subset3によるイチゴ芽枯病の発生. 北日本病害虫研究会報. 2020. in press
  • Misawa T, Iwadate, Y, Kurose D. Phylogenetic analysis of the pathogen of eggplant brown leaf spot. Journal of General Plant Pathology. 2020. in press
もっと見る
MISC (5件):
書籍 (1件):
  • 生物農薬が直面している問題点と今後の展開
    日本植物病理学会バイオコントロール研究会 2012
講演・口頭発表等 (35件):
  • Searching for host-pathogen compatibility; how cpDNA analysis can aid successful classical biological control of Impatiens glandulifera
    (XV International Symposium on Biological Control of Weeds 2018)
  • The potential for classical biological control of Sagina procumbens in the UK Overseas Territory of Tristan da Cunha
    (XV International Symposium on Biological Control of Weeds 2018)
  • From classical to inundative control - Mycosphaerella polygoni-cuspidati as a potential mycoherbicide for Japanese knotweed
    (XV International Symposium on Biological Control of Weeds 2018)
  • Marrying classical with inundative weed biological control
    (International Congress of Plant Pathology 2018)
  • 農業生物資源ジーンバンクにRhizoctonia solaniとして登録された菌株の菌糸融合群・亜群同定
    (平成30年度日本植物病理学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 九州大学 生物資源開発管理学専攻(博士課程)
  • 2004 - 2006 九州大学 生物資源開発管理学専攻(修士課程)
  • 2000 - 2004 九州大学 生物資源環境学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学)
経歴 (9件):
  • 2018/03 - 現在 CABI Europe-UK Invasive Species Management 研究員
  • 2016/08 - 2018/02 CABI Europe-UK Invasive Species Management 任期付研究員
  • 2014/08 - 2016/08 CABI Europe-UK JSPS海外特別研究員
  • 2013/04 - 2014/08 (独)農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンター 研究員
  • 2010/04 - 2013/03 (独)農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンター JSPS特別研究員PD
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017 - 2019 XV International Symposium on Biological Control of Weeds Scientific Committee
受賞 (2件):
  • 2016/04 - 日本農芸化学会 2016年度大会トピックス賞 生分解性プラスチック分解酵素と植物病原菌を利用した除草効果
  • 2016/03 - 日本植物病理学会 学術奨励賞 植物病原糸状菌を利用した難防除外来雑草の制御に関する研究
所属学会 (6件):
日本雑草学会 ,  国際雑草学会 ,  アメリカ植物病理学会 ,  九州病害虫研究会 ,  日本菌学会 ,  日本植物病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る