研究者
J-GLOBAL ID:201401055735007022   更新日: 2022年01月09日

金山 泰介

カナヤマ タイスケ | KANAYAMA Taisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 公法学 ,  刑事法学 ,  政治学
研究キーワード (10件): サイバー犯罪 ,  危機管理 ,  公務員倫理 ,  犯罪捜査 ,  警察行政 ,  刑事司法 ,  刑事司法 ,  社会安全政策 ,  社会安全政策 ,  犯罪捜査
論文 (16件):
  • 金山泰介. 新型コロナウイルス感染症対策と警察権限の行使. 危機管理学研究. 2021. 5. 42-57
  • 金山泰介. 体罰全面禁止の法制化について~虐待死の減少を目指して. 警察政策. 2020. 22. 193-214
  • 金山泰介. サイバー犯罪及び詐欺被害の実態と対策について~2017年犯罪被害実態調査結果から. 警察政策. 2019. 21. 181-214
  • Taisuke Kanayama. Impact of Cybercrime in Japan-Findings of Cybercrime Victimization Survey. Sociology Study. 2017. 7. 6. 331-340
  • 金山泰介. 刑法犯の減少と犯罪の転移. 早稲田大学社会安全政策研究所紀要. 2016. 8. 17-41
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (7件):
  • 刑事政策の新たな潮流
    成文堂 2019 ISBN:9784792352813
  • 新版警察行政概論
    立花書房 2019
  • 社会安全政策論
    立花書房 2018 ISBN:9784803700350
  • 警察の倫理
    立花書房 2013 ISBN:9784803701418
  • 警察行政概論
    立花書房 2013 ISBN:9784803722277
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • サイバー詐欺をいつまで放置しておくのか
    (情報ネットワーク法学会第18回研究大会 2018)
  • How to figure out less visible cybercrime victims ?
    (18th Annual Conference, Asian Association of Police Studies 2017)
  • Impact of Cybercrime in Japan-from findings of cybercrime victimization survey
    (Crime and Justice in Asia and the Global South 2017)
  • "Cybercrime victimization survey and crime displacement in Japan"
    (72nd Annual Meeting The American Society of Criminology 2016)
  • サイバー犯罪被害実態調査(第1 回)の結果について
    (情報ネットワーク法学会第16回研究大会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1975 - 1980 東京大学
委員歴 (1件):
  • 2015/07 - 2019/07 警察政策学会 理事
所属学会 (4件):
日本危機管理防災学会 ,  日本公共政策学会 ,  警察政策学会 ,  American Society of Criminology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る