研究者
J-GLOBAL ID:201401056033929114   更新日: 2024年04月04日

小池 純子

コイケ ジユンコ | Koike Junko
所属機関・部署:
職名: 司法精神保健研究室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
  • 東京都立松沢病院  非常勤研究員
  • 昭和大学医学部精神医学講座  兼任講師
  • NPO法人 小山そよかぜ  法人理事
  • NPO法人 小山そよかぜ  小山すずらん   相談支援員顧問
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00617467.ja.html
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (4件): 精神保健 ,  精神看護 ,  司法精神医療 ,  触法精神障害者処遇制度
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2022 - 2026 認知機能を軸とした急性期の気分障害における評価と包括的支援の開発及び効果の検証
  • 2020 - 2023 処遇の難しい精神障害者に対する医療支援体制の整備に向けた当事者参画研究
  • 2020 - 2023 自治体における精神保健福祉法の通報等事例と支援をモニタリングする基盤の構築
  • 2020 - 2023 精神障害者就労支援における当事者視点の評価とサービス品質の自己管理システムの開発
  • 2017 - 2020 出所後に子育てが必要な女子受刑者への刑務所内支援モデルの開発
全件表示
論文 (34件):
  • Junko Koike, Toshiaki Kono, Koji Takeda, Yuji Yamada, Chiyo Fujii, Naotsugu Hirabayashi. Data resource profile of an online database system for forensic mental health services. BMC medical informatics and decision making. 2024. 24. 1
  • 小池純子, 池田朋広, 松長麻美, 常岡俊昭, 小池治, 佐藤裕大, 黒田治, 稲本淳子. 精神障害者の危機的状況を未然に防ぐ地域支援のあり方について-他害行為を要件に非自発的入院を行った精神障害者の家族に対するアンケート調査から. 日社精誌. 2023. 32. 2. 103-113
  • Junko Koike, Tomohiro Ikeda, Osamu Kuroda, Osamu Koike, Toshiaki Tsuneoka, Hirohiko Harima, Atsuko Inamoto, Yoji Nakatani. Characteristics of patients with violent recidivism in the forensic mental health system in Japan. 2022. 1-20
  • 小池純子, 柴崎聡子, 河野稔明, 熊倉陽介, 大塚俊弘, 小口芳世, 袖長光知穂, 小野和哉, 古茶大樹, 竹島正. 川崎市の精神保健福祉法第23条通報における複数回通報事例の特性と地域生活支援の必要性について. 精神神経学雑誌. 2021. 123. 11. 721-731
  • 小池純子, 中西清晃, 小口芳世, 瀬戸秀文, 稲垣中, 藤井千代. 措置入院患者がCOVID-19陽性・疑似例となった場合の受け入れ体制の現状(その2)質的分析をもとにした現状と課題. 臨床精神医学. 2021. 50. 10. 1099-1107
もっと見る
MISC (44件):
  • 小池 純子, 河野 稔明, 岡野 茉莉子, 竹田 康二, 藤井 千代, 平林 直次. 【医療観察法データベースを用いた研究】医療観察法対象者の入院期間に影響する因子について. 精神科. 2023. 43. 1. 100-108
  • 河野 稔明, 小池 純子, 竹田 康二, 壁屋 康洋, 曽雌 崇弘, 岡野 茉莉子, 藤井 千代, 平林 直次. 【医療観察法データベースを用いた研究】医療観察法対象者の類型化の試み. 精神科. 2023. 43. 1. 109-116
  • 瀬戸秀文, 朝倉為豪, 稲垣中, 稲垣中, 岩永英之, 牛島一成, 太田順一郎, 大塚達以, 小口芳世, 奥野栄太, et al. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 措置通報および措置入院の実態に関する研究 その1(2)措置入院となった精神障害者の前向きコホート研究 措置解除時処方および退院時処方. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 令和3年度 総括・研究分担報告書(Web). 2022
  • 瀬戸秀文, 朝倉為豪, 稲垣中, 稲垣中, 岩永英之, 牛島一成, 太田順一郎, 大塚達以, 小口芳世, 奥野栄太, et al. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 措置通報および措置入院の実態に関する研究 その1(3)措置入院となった精神障害者の前向きコホート研究 退院1年後の治療継続・再入院の状況. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 令和3年度 総括・研究分担報告書(Web). 2022
  • 瀬戸秀文, 朝倉為豪, 稲垣中, 稲垣中, 岩永英之, 牛島一成, 太田順一郎, 大塚達以, 小口芳世, 奥野栄太, et al. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 措置通報および措置入院の実際に関する研究 その1(1)措置入院となった精神障害者の前向きコホート研究 社会機能から見た措置入院患者のサブクラス分類の試み. 地域精神保健医療福祉体制の機能強化を推進する政策研究 令和3年度 総括・研究分担報告書(Web). 2022
もっと見る
書籍 (3件):
  • 更生保護学事典
    成文堂 2021 ISBN:9784792353414
  • 現代社会とメンタルヘルス : 包摂と排除
    星和書店 2020 ISBN:9784791110636
  • 司法精神看護-Forensic mental health nursing
    新興交易 2002
講演・口頭発表等 (70件):
  • 医療観察法対象者の入院期間に影響する因子について 医療観察法データベースと機械学習を用いた分析
    (司法精神医学 2023)
  • 措置入院受入医療機関におけるCOVID-19陽性・疑似例への対応の実態に関する調査(その2) 発生例への対応
    (精神神経学雑誌 2021)
  • 措置入院受入医療機関におけるCOVID-19陽性/疑似例への対応の実態に関する調査(その1) 対応の準備の実態
    (精神神経学雑誌 2021)
  • 措置入院者のCOVID受け入れ体制の構築に向けた手がかりと課題
    (精神神経学雑誌 2021)
  • 急性期精神科医療における患者のNew long stayの要因と防止プログラム 精神科入院患者の退院後における問題行動のリスク評価に関する研究
    (精神神経学雑誌 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2011 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 社会精神保健学分野
  • 1999 - 2005 慶應義塾大学 法学部 法律学科
  • 東京女子医科大学看護短期大学 看護学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学)
経歴 (11件):
  • 2022/06 - 現在 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 地域精神保健・法制度研究部 司法精神保健研究室長
  • 2018/04 - 現在 NPO法人 小山そよかぜ 法人理事
  • 2018/04 - 現在 NPO法人 小山すずらん 相談支援員顧問(非常勤)
  • 2014/04 - 現在 昭和大学 医学部精神医学教室 兼任講師
  • 2014/04 - 現在 東京都立松沢病院 研究員(非常勤)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2024/04 - 日本犯罪学会 評議員
所属学会 (6件):
日本犯罪学会 ,  日本社会精神医学会 ,  日本精神保健看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本司法精神医学会 ,  日本精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る