研究者
J-GLOBAL ID:201401059393464910   更新日: 2020年10月24日

堤 浩之

ツツミ ヒロユキ | Tsutsumi Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/site/hiroyukitsutsumihomepage1/https://sites.google.com/site/hiroyukitsutsumihomepage1/
研究分野 (2件): 地球人間圏科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (6件): 活断層 ,  変動地形 ,  古地震 ,  テクトニクス ,  物理探査 ,  海溝型巨大地震
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 奈良盆地東縁断層帯における重点的な調査観測
  • 2017 - 2019 アフガニスタンの活断層分布図の作成と首都カブールの地震危険度評価
  • 2016 - 2016 地震断層データと強震波形記録に基づく2016年熊本地震の震源過程とトレンチ掘削調査による布田川断層の活動履歴の解明
  • 2012 - 2014 東北地方太平洋沖地震に誘発された内陸活断層地震の地形学的・古地震学的研究
  • 2011 - 2011 誘発された内陸活断層地震の発生履歴から読み解く海溝型超巨大地震の再来周期
全件表示
論文 (74件):
  • Shnizai, Z, Matsushi, Y, Tsutsumi, H. Late Pleistocene slip rate of the Chaman fault based on 10Be exposure dating of offset geomorphic surfaces near Kabul, Afghanistan. Tectonophysics. 2020. 795. 228593
  • 堤 浩之, 飯尾能久. 地形・地質・物理探査データに基づく 2018年大阪府北部の地震の震源域周辺の 活構造の再検討. 地震. 2019. 72. 57-67
  • Maxwell, K. V, Ramos, N. T, Tsutsumi, H, Chou, Y.-C, Duan, F, Shen, C.-C. Late Quaternary uplift across northwest Luzon Island, Philippines constrained from emergent coral reef terraces. Earth Surface Processes and Landforms. 2018. doi: 10.1002/esp.4474
  • 堤 浩之, 近藤久雄, 石山達也. 我が国における活断層研究の最近25年の成果と今後の展望. 地質学雑誌. 2018. 124. 741-757
  • 堤 浩之, 遠田晋次, 後藤秀昭, 熊原康博, 石村大輔, 高橋直也, 谷口 薫, 小俣雅志, 郡谷順英, 五味雅宏, et al. 熊本県益城町寺中における2016年熊本地震断層のトレンチ調査. 活断層研究. 2018. 49. 31-39
もっと見る
書籍 (4件):
  • 活断層詳細デジタルマップ(新編)
    東京大学出版会 2018
  • 地形の辞典
    朝倉書店 2017
  • インダス-南アジア基層世界を探る
    京都大学学術出版会 2013
  • 活断層詳細デジタルマップ
    東京大学出版会 2002
学位 (1件):
  • Ph. D. (Oregon State University)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 同志社大学 理工学部環境システム学科 教授
  • 2003/04 - 2017/03 京都大学 大学院理学研究科地球物理学教室 助教授(准教授)
  • 1997/10 - 2003/03 京都大学 大学院理学研究科地球物理学教室 助手
  • 1996/04 - 1997/09 高知大学 理学部地学科 助手
受賞 (2件):
  • 2015 - 日本地質学会小藤文次郎賞
  • 2008 - 日本地震学会論文賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る