研究者
J-GLOBAL ID:201401059568328640   更新日: 2020年09月01日

平井 啓太

ヒライ ケイタ | Hirai Keita
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/clinphar/http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/clinphar/eng/index.htm
研究分野 (5件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  呼吸器内科学 ,  ゲノム生物学 ,  薬理学 ,  医療薬学
研究キーワード (9件): アレルギー ,  COPD ,  喘息 ,  分子病態学 ,  臨床薬物動態学 ,  臨床薬理学 ,  個別化医療 ,  薬理遺伝学 ,  医療薬学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 がん関連抗原CSPG4特異的自己抗体を指標とした早期診断・予後予測システムの構築
  • 2019 - 2022 COPD患者におけるプレシジョンメディスンを指向した治療有効性予測マーカーの開発
  • 2016 - 2019 細胞外マトリックスCSPG4を分子標的としたがん治療戦略の構築
  • 2016 - 2019 気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患の新たな病態分類に基づいた個別化薬物療法の構築
  • 2012 - 2012 小児患者における経口肺高血圧症治療薬のPK/PD研究
全件表示
論文 (36件):
  • Keiji Oishi, Kazuto Matsunaga, Toshihiro Shirai, Keita Hirai, Yasuhiro Gon. Role of Type2 Inflammatory Biomarkers in Chronic Obstructive Pulmonary Disease. Journal of Clinical Medicine. 2020
  • Keita Hirai, Toshihiro Shirai, Takayuki Shimoshikiryo, Megumi Ueda, Yasuhiro Gon, Shuichiro Maruoka, Kunihiko Itoh. Circulating microRNA-15b-5p as a biomarker for asthma-COPD overlap. Allergy. 2020
  • Yoshinari Endo, Toshihiro Shirai, Keita Hirai, Taisuke Akamatsu, Eishi Kato, Hidehiko Furui, Tetsuo Hiramatsu. High fractional exhaled nitric oxide levels may predict short-term worsening of respiratory oscillometry in asthma. Allergy. 2020
  • Toshihiro Shirai, Keita Hirai, Yasuhiro Gon, Shuichiro Maruoka, Kenji Mizumura, Mari Hikichi, Kunihiko Itoh, Shu Hashimoto. Combined assessment of serum eosinophil-derived neurotoxin and YKL-40 may identify Asthma-COPD overlap. Allergology International. 2020
  • Yuko Tanaka, Keita Hirai, Hiromasa Nakayasu, Kanami Tamura, Toshihiro Masuda, Shingo Takahashi, Hirofumi Watanabe, Yutaro Kishimoto, Kyouhei Ohishi, Mika Saigusa, et al. Annual changes in forced oscillation technique parameters correlate with FEV1 decline in patients with asthma, COPD, and asthma-COPD overlap. Allergology international. 2020
もっと見る
MISC (81件):
  • 平井 啓太. 【喘息診療で注目されるバイオマーカー】喘息バイオマーカーとしてのYKL-40. アレルギーの臨床. 2020. 40. 7. 537-540
  • 伊藤 邦彦, 平井 啓太, 吉村 久志, 石渡 俊行. CSPG4はトリプルネガティブ乳がんを含めた乳がんの免疫組織化学的検出における有望なマーカーである(CSPG4 is a promising marker for immunohistochemical detection of breast cancer, including triple negative breast cancer). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. P-1190
  • 平井啓太, 平井啓太, 白井敏博, 權寧博, 丸岡秀一郎, 下敷領貴之, 植田萌美, 伊藤邦彦, 伊藤邦彦. 血漿中microRNAを用いた喘息・COPDオーバーラップ(ACO)病態マーカーの構築. アレルギー. 2019. 68. 4/5. 498
  • 高橋進悟, 平井啓太, 田村可菜美, 増田寿寛, 田中悠子, 岸本祐太郎, 大石享平, 遠藤慶成, 三枝美香, 赤松泰介, et al. 未治療COPD患者の治療反応性予測における強制オシレーション法の有用性. 日本呼吸器学会誌(Web). 2019. 8. 283
  • 平井啓太, 白井敏博, 良知優花, 上原星輝子, 植田萌美, 伊藤邦彦. 重症喘息におけるglucocorticoid induced 1(GLCCI1)遺伝子多型および遺伝子発現量の関与. 日本呼吸器学会誌(Web). 2019. 8. 249
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 静岡県立大学大学院 博士後期課程
  • 2005 - 2007 静岡県立大学大学院 博士前期課程
  • 2001 - 2005 静岡県立大学
学位 (1件):
  • 博士(医療薬学) (静岡県立大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 静岡県立大学 薬学部 講師
  • 2014/05 - 2019/03 静岡県立大学 薬学部 助教
  • 2013/10 - 2014/04 静岡県立総合病院 薬剤部 薬剤師
  • 2012/10 - 2014/04 静岡県立大学 薬学部 客員研究員
  • 2007/04 - 2013/09 静岡県立こども病院 薬剤室 薬剤師
委員歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 日本薬学会 医療薬科学部会 若手世話人
受賞 (7件):
  • 2020/06 - 臨床薬理研究振興財団 第13回 臨床薬理研究振興財団 研究大賞
  • 2019/06 - 日本アレルギー学会 第15回日本アレルギー学会学術大会賞
  • 2018/06 - 日本薬学会東海支部 学術奨励賞
  • 2018/04 - 近畿・北陸気道疾患研究会 第17回 Kinki Hokuriku Airway disease Conference(KiHAC) 優秀賞
  • 2016/04 - 近畿・北陸気道疾患研究会 第15回 Kinki Hokuriku Airway disease Conference(KiHAC) 優秀賞
全件表示
所属学会 (8件):
European Respiratory Society ,  日本アレルギー学会 ,  日本呼吸器学会 ,  International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology ,  日本TDM学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る