研究者
J-GLOBAL ID:201401060992083833   更新日: 2019年10月31日

吉村 建二郎

ヨシムラ ケンジロウ | Yoshimura Kenjiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~kenjiroy/
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  動物生理・行動 ,  生物物理学
研究キーワード (30件): クラミドモナス ,  電気生理学 ,  突然変異体 ,  カルシウム ,  鞭毛 ,  カルシウムイオン ,  生物物理学 ,  イオンチャネル ,  葉緑体 ,  機械的刺激受容 ,  メカノセンサー ,  チャンネル ,  藻類 ,  光受容 ,  機械受容 ,  走光性 ,  リン酸トランスポーター ,  細胞 ,  細胞内膜系 ,  機械受容チャネル ,  相補性試験 ,  gene tagging ,  リン酸欠乏 ,  生理学 ,  偏光 ,  運動 ,  クラモドモナス ,  鞭毛運動 ,  phototaxis ,  リン酸代謝
論文 (38件):
もっと見る
MISC (7件):
  • 吉村 建二郎, 野村 健, 曽我部 正博. 細胞メカノセンサーの実体と機能. 日本物理學會誌. 2007. 62. 1. 9-15
  • 野村 健, 吉村 建二郎, 曽我部 正博. 2P265 大腸菌機械刺激受容チャネルMscSの電位センサーの探索(生体膜・人工膜 C) 興奮・チャンネル)). 生物物理. 2005. 45. 1
  • 野村 健, 吉村 建二郎, 曽我部 正博. 2P228 大腸菌機械刺激受容チャネルMscSのメカノセンサー部位の同定(生体膜・人工膜 C) 興奮・チャンネル). 生物物理. 2004. 44. 1
  • 吉村 建二郎, 野村 健, 曽我部 正博. 2P231 無細胞タンパク発現系を用いた機械受容チャネルMscLの合成(生体膜・人工膜 C) 興奮・チャンネル). 生物物理. 2004. 44. 1
  • 吉村 建二郎. 異文化体験. 比較生理生化学. 2003. 20. 4
もっと見る
書籍 (4件):
  • 動物の多様な生き方、第3巻「動物の「動き」の秘密にせまる:運動系の比較生物学
    共立出版 2009
  • 生物の事典
    朝倉書店 2010
  • Coding and decoding of calcium signals in plants
    Springer 2011
  • 生物学と医学のための物理学 原著第4版
    共立出版 2015
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
受賞 (2件):
  • 2001/10 - 日本動物学会 Zoological Science Award Dominance between the two flagella during phototactic turning in Chlamydomonas
  • 1999/08 - 日本比較生理生化学会 吉田奨励賞 クラミドモナスにおける刺激受容と運動との関係の研究
所属学会 (5件):
Biophysical Society (USA) ,  日本細胞生物学会 ,  日本比較生理生化学会 ,  日本動物学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る