研究者
J-GLOBAL ID:201401061522238659   更新日: 2020年09月01日

中川 直

ナカガワ タダシ | Nakagawa Tadashi
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  大学院医学系研究科 細胞増殖制御分野   非常勤講師
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bf3064b8defea88a3dbb225cbca93a47.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/bf3064b8defea88a3dbb225cbca93a47.html
研究分野 (5件): 薬理学 ,  実験動物学 ,  病態神経科学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (6件): 自閉症 ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  知的障害 ,  タンパク質分解 ,  クロマチン ,  ユビキチン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - RNAを標的とした新規ALS/FTLD治療法の検討
  • 2017 - 2019 RNAを標的とした新規ALS治療薬の開発
  • 2015 - 2017 細胞質RNAによるタンパク質分解制御が果たすALS発症機構の解明
  • 2013 - 2015 細胞分化における基本転写因子の新規制御機構の解明
論文 (7件):
  • Morohoshi A, Nakagawa T, Nakano S, Nagasawa Y, Nakayama K. The ubiquitin ligase subunit β-TrCP in Sertoli cells is essential for spermatogenesis in mice. Developmental biology. 2019. 445. 2. 178-188
  • Lv L, Wang Q, Xu Y, Tsao LC, Nakagawa T, Guo H, Su L, Xiong Y. Vpr Targets TET2 for Degradation by CRL4VprBP E3 Ligase to Sustain IL-6 Expression and Enhance HIV-1 Replication. Molecular cell. 2018. 70. 5. 961-970.e5
  • Bruun TUJ, DesRoches CL, Wilson D, Chau V, Nakagawa T, Yamasaki M, Hasegawa S, Fukao T, Marshall C, Mercimek-Andrews S. Prospective cohort study for identification of underlying genetic causes in neonatal encephalopathy using whole-exome sequencing. Genetics in medicine : official journal of the American College of Medical Genetics. 2018. 20. 5. 486-494
  • Nakagawa T, Hosogane M, Nakagawa M, Morohoshi A, Funayama R, Nakayama K. Transforming Growth Factor β-Induced Proliferative Arrest Mediated by TRIM26-Dependent TAF7 Degradation and Its Antagonism by MYC. Molecular and cellular biology. 2018. 38. 5
  • Nakagawa T, Zhang T, Kushi R, Nakano S, Endo T, Nakagawa M, Yanagihara N, Zarkower D, Nakayama K. Regulation of mitosis-meiosis transition by the ubiquitin ligase β-TrCP in male germ cells. Development (Cambridge, England). 2017. 144. 22. 4137-4147
もっと見る
MISC (4件):
  • 中川 直, 中山 啓子, Yue Xiong. ユビキチンリガーゼ複合体CRL4VprBPはTETタンパク質のモノユビキチン化およびクロマチンとの結合を促進する. ライフサイエンス新着論文レビュー "http://first.lifesciencedb.jp/archives/9768". 2015
  • 中川 直, Yue Xiong. X染色体性知的障害の原因タンパク質CUL4BはWDR5のユビキチン化にはたらくことで神経に特異的な遺伝子の発現を制御する. ライフサイエンス新着論文レビュー "http://first.lifesciencedb.jp/archives/3507". 2011
  • 中川 直. X連鎖性知的障害原因タンパク質CUL4BはH3K4メチル化酵素複合体構成タンパク質WDR5をユビキチン化し神経遺伝子発現を制御する. 細胞工学. 2011. 30. 1076-1077
  • 中川 直. UFD経路. 蛋白質核酸酵素「ユビキチン-プロテアソーム系とオートファジー」. 2006. 51. 1190
講演・口頭発表等 (24件):
  • 自閉症関連タンパク質SETD5によるrDNAのエピジェネティック制御を介した神経細胞の増殖促進
    (第10回武田科学振興財団 薬科学シンポジウム 2020)
  • 知的障害・自閉症関連因子SETD5によるrDNAのエピジェネティック制御
    (第42回日本分子生物学会 2019)
  • 蛋白分解異常による新規筋萎縮性側索硬化症の発症機構
    (第42回日本神経科学大会 2019)
  • Cyclin Fの突然変異はVCPのATPase活性に影響することによりALS発症に関与する可能性がある
    (第41回日本分子生物学会 2018)
  • ユビキチン化によるヒストンシャペロンFACT複合体の機能制御
    (第41回日本分子生物学会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 九州大学 大学院医学系学府 生体防御医学研究所 分子発現制御学分野(博士)
  • 2002 - 2004 北海道大学 大学院薬学研究科 薬理学分野(修士)
  • 1998 - 2002 北海道大学 薬学部 総合薬学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 東北大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 山陽小野田市立山口東京理科大学 講師
  • 2013/04 - 2020/03 東北大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2008/04 - 2013/03 ノースカロライナ大学チャペルヒル校 ポストドクトラルフェロー
委員歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 山陽小野田市立山口東京理科大学 環境安全センター運営委員
  • 2014/11 - 2020/03 東北大学 大学院医学系研究科 安全衛生委員
受賞 (2件):
  • 2012/10 - University of North Carolina Postdoctoral Award for Research Excellence
  • 2005/11/03 - 文部科学省特定領域 第7回 “タンパク質の一生” 国際会議 ポスター賞
所属学会 (1件):
日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る