研究者
J-GLOBAL ID:201401061976358101   更新日: 2021年09月05日

茂田 忠良

シゲタ タダヨシ | SHIGETA Tadayoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 国際関係論 ,  公法学
論文 (4件):
  • 茂田忠良. サイバーセキュリティとシギント機関~NSA他UKUSA諸機関の取組. 情報セキュリティ総合科学. 2019. 11. 31-93
  • 茂田忠良. 米国における行政傍受の法理と運用. 危機管理学研究. 2017. 創刊. 78-99
  • 茂田 忠良. 米国国家安全保障庁のシギント収集プラットフォームー通信基幹回線からの収集. 警察政策. 2016. 18. 188-211
  • 茂田 忠良. 米国NSA(国家安全保障庁)概観. 警察学論集. 2015. 68. 5. 95-119
MISC (15件):
  • 茂田忠良. クリプト社作戦~20世紀の諜報大成功事例~. 治安フォーラム. 2020. 26. 11. 36-46
  • 茂田忠良. テロ対策に見る我が国の課題~欧米諸国との対比において~. 警察政策学会資料. 2020. 113. 1-76
  • 茂田忠良. 「クリプト社」とNSA~世紀の暗号攻略大作戦~. 警察政策学会資料. 2020. 113. 109-129
  • 茂田忠良. 日本のテロ対策の課題. 警察学論集. 2020. 第73. 第10. 172-192
  • 茂田忠良. テロ対策における諸課題. 危機管理学研究. 2020. 4. 84-92
もっと見る
書籍 (3件):
  • 米国の治安と警察活動
    警察政策学会 2017
  • 米国における行政傍受の法体系と解釈運用
    警察政策学会 2017
  • 米国国家安全保障庁の実態研究
    警察政策学会 2015
講演・口頭発表等 (5件):
  • 「日本のテロ対策の課題~欧米との対比において」
    (テロ対策に関する国際フォーラム 2019)
  • 「サイバーセキュリティとシギント機関」
    (警察政策学会テロ・安全保障部会 2019)
  • 「米国のマシント・システム」
    (警察政策学会テロ・安全保障部会 2018)
  • 「米国国家安全保障庁とサイバーセキュリティ」
    (危機管理産業展 2016)
  • 「東日本大震災の”危機管理”上の教訓~福島第一原発事故を中心に~」
    (警察政策学会・テロ安全保障部会 2016)
学歴 (2件):
  • 1978 - 1980 デューク大学 政治学
  • 1970 - 1975 東京大学 公法科
学位 (2件):
  • 法学士 (東京大学)
  • Master of Arts (Graduate School, Duke Universitsy)
所属学会 (2件):
サイバーセキュリティ法制学会 ,  警察政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る