研究者
J-GLOBAL ID:201401062284245206   更新日: 2020年09月01日

篠原 美都

Shinohara Mito
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 遺伝学
論文 (93件):
  • Mito Kanatsu-Shinohara, Guiying Chen, Hiroko Morimoto, Takashi Shinohara. CD2 is a surface marker for mouse and rat spermatogonial stem cells. The Journal of reproduction and development. 2020. 66. 4. 341-349
  • Mito Kanatsu-Shinohara, Narumi Ogonuki, Shogo Matoba, Atsuo Ogura, Takashi Shinohara. Autologous transplantation of spermatogonial stem cells restores fertility in congenitally infertile mice. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020. 117. 14. 7837-7844
  • Takashi Shinohara, Mito Kanatsu-Shinohara. Transgenesis and Genome Editing of Mouse Spermatogonial Stem Cells by Lentivirus Pseudotyped with Sendai Virus F Protein. Stem cell reports. 2020. 14. 3. 447-461
  • Mito Kanatsu-Shinohara, Takuya Yamamoto, Hidehiro Toh, Yasuhiro Kazuki, Kanako Kazuki, Junichi Imoto, Kazuho Ikeo, Motohiko Oshima, Katsuhiko Shirahige, Atsushi Iwama, et al. Aging of spermatogonial stem cells by Jnk-mediated glycolysis activation. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2019. 116. 33. 16404-16409
  • Morimoto H, Kanatsu-Shinohara M, Orwig K.E, Shinohara T. Expression and functional analyses of EPHA2 in mouse spermatogonial stem cells. Biol. Reprod. 2019. 156
もっと見る
MISC (15件):
  • 篠原 美都, 本田 直樹, 篠原 隆司. 精子幹細胞の機能的寿命の維持機構. 実験医学. 2017. 35. 8. 1297-1302
  • Mihoko Hosokawa, Ami Katanaya, Eri Hayashi, Ayako Mochizuki, Hirofami Suemori, Koji Numata, Kuniya Abe, Takashi Tanaka, Mito Kanatsu-Shinohara, Takashi Shinohara, et al. Transcriptional and epigenetic landscape of mouse germline stem cells. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2012. 87. 6. 388-388
  • 細川美穂子, 刀谷在美, 林瑛理, 望月綾子, 末盛博文, 沼田興治, 阿部訓也, 田中敬, 篠原美都, 篠原隆司, et al. マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析. 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡). 2012
  • 細川美穂子, 田中敬, 林瑛理, 篠原美都, 篠原隆司, 中辻憲夫, 中馬新一郎. マウス生殖幹細胞の体細胞型増殖から第一減数分裂前期への移行. 特定領域研究生殖サイクル第4 回公開シンポジウム(11.17-18, 2011, 大阪). 2011
  • 細川美穂子, 田中敬, 林瑛理, 篠原美都, 篠原隆司, 中辻憲夫, 中馬新一郎. マウス生殖幹細胞の減数分裂移行実験系作出の試み. 特定領域研究「生殖サイクル若手勉強会2010」(2010. 7. 21-23. Tsukuba). 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 長期培養における精子幹細胞の老化
    (第1回AMED-CREST機能低下・睡眠グループ分科会 2018)
  • 精子を作る幹細胞とその操作技術
    (日本女性科学者の会 60周年記念シンポジウム 2018)
  • 精子幹細胞の老化において精巣支持環境が果たす役割の解明
    (新学術領域「幹細胞老化と疾患」第5回領域会議 2018)
  • 精子幹細胞の自己複製と維持のメカニズムの解明
    (第23回日本女性科学者の会奨励賞 受賞記念講演 2018)
  • 精子幹細胞の寿命制御とアンチエイジング機構
    (第7回細胞再生医療研究会 2017)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 2018/05 - 社団法人日本女性科学者の会 第23回日本女性科学者の会奨励賞 精子幹細胞の自己複製と維持のメカニズムの解明
  • 2007/10 - 日本繁殖生物学会 第100回記念シンポジウム 生殖科学奨励賞受賞 精子幹細胞による遺伝子改変動物の作成
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る