研究者
J-GLOBAL ID:201401064289145350   更新日: 2020年06月24日

永島 一輝

ナガシマ カズキ | Nagashima Kazuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (4件): 食物アレルギー ,  急性薬毒物中毒 ,  ペプチド ,  医薬品
論文 (1件):
MISC (2件):
  • 永島 一輝. 急性薬物中毒患者、向精神薬の処方実態は?. 日本薬学会第140年会講演ハイライト集. 2020. 27-27
  • 永島 一輝. 炎症性腸疾患の治療的デエスカレーションの道標:カルプロテクチン. ファルマシア. 2019. 55. 9. 891-891
講演・口頭発表等 (8件):
  • ヒト多形核白血球を遊走させる大豆β-conglycinin由来のペプチド
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2019)
  • GC/MS法薬毒物データベースを用いた薬剤部中毒測定と空包の比較検討
    (中毒研究 2018)
  • げっ歯類の急性毒性値と製剤含有成分量を考慮したハイリスク医薬品の危険性の比較
    (日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会 2016)
  • 血球系細胞の遊走を引き起こす牛乳αs1カゼイン由来の生理活性ペプチド
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2014)
  • 抗悪性腫瘍剤は他のハイリスク薬に比較して危険か? -製品の含有成分量/マウスLD50を指標とした危険性の比較-
    (日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • 2016年グッドリカバリー賞(平成28年度) 「ランソプラゾールOD錠による女性化乳房の進行防止」
    永島 一輝 2017 -
学歴 (2件):
  • 2010 - 千葉大学大学院医学薬学府医科学専攻 修了
  • 2008 - 東邦大学薬学部薬学科 卒業
学位 (1件):
  • 修士(医科学) (千葉大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 帝京大学薬学部 助教
  • 2010/04 - 現在 帝京大学医学部附属病院 薬剤部 薬剤師(2017年5月~ 非常勤薬剤師)
  • 2017/05 - 2020/03 帝京大学薬学部 助手
  • 2013/01 - 2015/06 帝京大学薬学部 助手
  • 2012/04 - 2012/12 帝京大学薬学部 兼担助手
所属学会 (4件):
日本薬学会 ,  東京都病院薬剤師会 ,  日本病院薬剤師会 ,  日本医療薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る