研究者
J-GLOBAL ID:201401064571556860   更新日: 2024年07月12日

箱崎 真隆

ハコザキ マサタカ | Hakozaki Masataka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.facebook.com/profile.php?id=100014097372362
研究分野 (2件): 博物館学 ,  文化財科学
研究キーワード (7件): 炭素14スパイク ,  酸素同位体比年輪年代法 ,  古生態学 ,  樹種同定 ,  酸素同位体比 ,  放射性炭素 ,  年輪年代学
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2024 - 2028 気候変動や自然災害に基づく中世民衆生活史像の再構築
  • 2023 - 2028 日本列島域における先史人類史の総合的復元方法の研究
  • 2023 - 2028 日本列島域における古環境変遷の研究
  • 2022 - 2027 高精度単年輪14C測定による弥生から古墳期の暦年較正の高解像度化
  • 2022 - 2027 高精度年代体系による東アジア新石器文化過程ー地域文化の成立と相互関係ー
全件表示
論文 (80件):
  • 箱﨑真隆. 考察:自然科学的見地から. 古代学研究. 2024. 240. 41-42
  • 佐野雅規, 箱﨑真隆, 中塚 武, 坂本 稔. 酸素同位体比年輪年代法による池上曽根遺跡柱根材の年代測定. 古代学研究. 2024. 240. 34-38
  • Masaki Sano, Zhen Li, Akane Tsushima, Katsuhiko Kimura, Toshio Nakamura, Motonari Ohyama, Minoru Sakamoto, Takeshi Nakatsuka, Masataka Hakozaki. A 1179-yr (417-1595 CE) tree-ring oxygen isotope chronology for northern Japan validated using the 774-775 CE radiocarbon spike. Radiocarbon. 2024. 1-13
  • 箱﨑真隆, 佐野雅規, 李貞, 中塚武. W4トレンチ検出の根株と幹材の樹種同定・酸素同位体比年輪年代測定・放射性炭素年代測定. 若狭町文化財調査報告書 第5集「脇袋古墳群 国史跡 西塚古墳 調査報告編・総括編」. 2024. 100-102
  • Fusa Miyake, Masataka Hakozaki, Hisashi Hayakawa, Naruki Nakano, Lukas Wacker. No signature of extreme solar energetic particle events in high-precision 14C data from the Alaskan tree for 1844-1876 CE. Journal of Space Weather and Space Climate. 2023
もっと見る
MISC (13件):
  • 箱崎真隆. 3万年前のタイムカプセル. 文部科学教育通信. 2023. 552. 2
  • 箱崎真隆. 樹木年輪が導く高精度年代研究の新時代. KEK Proceedings 2022-1. 2022. 145-159
  • 三宅芙沙, 箱崎真隆, 木村勝彦, 門叶冬樹, 中村俊夫, 武山美麗, 森谷透. 日本産樹木試料を用いた西暦992年宇宙線イベントの再検証. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2022. 69th
  • 中尾七重, 箱崎真隆, 鈴木あるの, 坂本稔, 坂本稔. 重要文化財堀家住宅部材の年代調査. 日本文化財科学会大会研究発表要旨集. 2021. 38th
  • 坂本稔, 坂本稔, 箱崎真隆, 横山操, 門叶冬樹, 光谷拓実. 日本産樹木年輪の単年輪14C測定-AD1158~1436. 日本文化財科学会大会研究発表要旨集. 2020. 37th
もっと見る
書籍 (8件):
  • REKIHAKU 12号 特集:蔵書をヒラク
    文学通信 2024 ISBN:9784867660553
  • REKIHAKU 9号 特集:推定不能
    文学通信 2023 ISBN:9784867660140
  • 第2章 年輪年代学の現在
    朝倉書店 2021 ISBN:9784254535686
  • 第十章 酸素同位体比クロノロジーの時空間的拡大と応用 コラム3 東アジアへの展開
    臨川書店 2021
  • 第十章 酸素同位体比クロノロジーの時空間的拡大と応用 第三節 年代決定への応用-東日本
    臨川書店 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (127件):
  • 国立歴史⺠俗博物館における超高精度年代測定総合研究拠点形成
    (第24回AMSシンポジウム 2024)
  • 誤差0年の時間軸-日本がリードする新しい年輪年代法の現在地-
    (第2回 人・モノ・自然シンポジウム 2023)
  • 東京都港区我善坊谷遺跡出土木材の酸素同位体比年代測定および産地推定結果
    (第38回日本植生史学会大会)
  • AMS-14C measurement of 670-year-old giant Japanese cedar - 1871-2020 CE.
    (EAAMS-9 2023)
  • 国立歴史民俗博物館における酸素同位体比年輪年代法の新拠点形成
    (日本文化財科学会第40回記念大会 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2012 東北大学大学院 生命科学研究科 生態システム生命科学専攻
  • 2005 - 2008 福島大学大学院 教育学研究科 教科教育専攻(理科)
  • 2001 - 2005 福島大学 教育学部 生涯教育課程環境科学教育コース
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2022/04 - 現在 国立歴史民俗博物館 研究部 准教授
  • 2019/04 - 2022/03 国立歴史民俗博物館 研究部 プロジェクト研究員
  • 2015/09 - 2019/03 国立歴史民俗博物館 研究部 特任助教
  • 2014/04 - 2015/08 名古屋大学 年代測定総合研究センター 研究機関研究員
  • 2012/04 - 2014/03 名古屋大学年代測定総合研究センター 研究員
委員歴 (10件):
  • 2021/10 - 2022/09 日本第四紀学会 第四紀学会2021-2022年度行事委員
  • 2020/08 - 2021/07 日本第四紀学会 第四紀学会2020年度論文賞選考委員
  • 2017/02 - 2017/08 日本第四紀学会 日本第四紀学会2017年大会セッションコンビーナー
  • 2016/08 - 2017/06 日本AMS研究協会・日本樹木年輪研究会 第19回AMSシンポジウム・2016年度「樹木年輪」研究会共同開催シンポジウム実施委員
  • 2017/05 - 2017/05 日本植生史学会 第42回日本植生史学会談話会世話人
全件表示
受賞 (8件):
  • 2023/12 - 日本植生史学会 第38回日本植生史学会大会優秀発表賞 東京都港区我善坊谷遺跡出土木材の酸素同位体比年代測定および産地推定結果
  • 2022/09 - 日本文化財科学会 日本文化財科学会 第16回ポスター賞 炭素14年代法による誤差0年決定の現状と展望
  • 2021/10 - 日本文化財科学会 日本文化財科学会第15回ポスター賞 酸素同位体比年輪年代法と炭素14年代法による福井城跡出土木材の高精度年代決定
  • 2017/08 - 日本第四紀学会 2017年大会若手発表賞(口頭発表) 西暦775年炭素14スパイクに基づく白頭山10世紀噴火の年代検証
  • 2016/11 - 日本植生史学会 第2回日本植生史学会優秀発表賞 年輪酸素同位体比にもとづく青森市石江遺跡群の古代〜中世の出土材の年輪年代測定
全件表示
所属学会 (7件):
日本樹木年輪研究会 ,  日本AMS研究協会 ,  日本第四紀学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本文化財科学会 ,  日本植生史学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る