研究者
J-GLOBAL ID:201401064676394318   更新日: 2021年06月04日

小松 雅史

Komatsu Masabumi
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): 森林科学
研究キーワード (4件): 除染 ,  きのこ ,  放射性セシウム ,  森林
論文 (47件):
  • Mitsutoshi Kitao, Evgenios Agathokleous, Kenichi Yazaki, Masabumi Komatsu, Satoshi Kitaoka, Hiroyuki Tobita. Growth and Photosynthetic Responses of Seedlings of Japanese White Birch, a Fast-Growing Pioneer Species, to Free-Air Elevated O3 and CO2. Forests. 2021. 12. 6. 675-675
  • Kitao, M., Yasuda, Y., Kodani, E., Harayama, H., Awaya, Y., Komatsu, M., Yazaki, K., Tobita, H., Agathokleous, E. Integration of electron flow partitioning improves estimation of photosynthetic rate under various environmental conditions based on chlorophyll fluorescence. Remote Sensing of Environment. 2021. 254
  • Shoji Hashimoto, Naohiro Imamura, Shinji Kaneko, Masabumi Komatsu, Toshiya Matsuura, Kazuya Nishina, Shinta Ohashi. New predictions of 137Cs dynamics in forests after the Fukushima nuclear accident. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Hashimoto, S., Imamura, N., Kawanishi, A., Komatsu, M., Ohashi, S., Nishina, K., Kaneko, S., Shaw, G., Thiry, Y. A dataset of 137Cs activity concentration and inventory in forests contaminated by the Fukushima accident. Scientific Data. 2020. 7. 1
  • Komatsu, M., Suzuki, N., Ogawa, S., Ota, Y. Spatial distribution of 137Cs concentrations in mushrooms (Boletus hiratsukae) and their relationship with soil exchangeable cation contents. Journal of Environmental Radioactivity. 2020. 222. 106364-106364
もっと見る
MISC (18件):
  • 小松 雅史, 清野 嘉之. きのこと山菜の放射能汚染について 分かったこと・今後の見通し. 森林科学. 2021. 91. 6-9
  • 金子真司, 今村直広, 小松雅史, 大橋伸太, 橋本昌司, 梶本卓也, 高野勉. 森林の放射性セシウムは事故からの5年間で土壌表層に移動した. 森林総合研究所研究成果選集. 2018. 2018. 10-11
  • Mitsutoshi Kitao, Yukio Yasuda, Masabumi Komatsu, Satoshi Kitaoka, Kenichi Yazaki, Hiroyuki Tobita, Kenich Yoshimura, Takafumi Miyama, Yuji Kominami, Yasuko Mizoguchi, et al. Flux-based O3 risk assessment for Japanese temperate forests. Air Pollution Impacts on Plants in East Asia. 2017. 125-133
  • 金子 真司, 小林 政広, 小松 雅史, 三浦 覚, 大橋 伸太, 大貫 靖浩, 小野 賢二, 齊藤 哲, 阪田 匡司, 鈴木 養樹, et al. 森林内の放射性セシウムの分布・動態に及ぼす乾性・湿性沈着の影響. 日本森林学会大会発表データベース. 2017. 128. 0. 736-736
  • 金子 真司, 釣田 竜也, 平井 敬三, 阪田 匡司, 山田 毅, 野口 享太郎, 古澤 仁美, 小野 賢二, 大橋 伸太, 小松 雅史, et al. セシウムは森林土壌のどこに存在しているか. 日本森林学会大会発表データベース. 2016. 127. 0. 423-423
もっと見る
書籍 (2件):
  • 森林の放射線生態学 : 福島の森を考える
    丸善出版 2021 ISBN:9784621306017
  • 森林学の百科事典
    丸善出版 2021 ISBN:9784621305843
講演・口頭発表等 (65件):
  • 土壌から樹体への放射性セシウムの移行吸収-ヒノキ苗植栽後3年間の動態-
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2018)
  • 森林内における放射性セシウム動態のデータベース構築 2
    (日本森林学会大会学術講演集 2018)
  • 材および樹皮中の<sup>137</sup>Cs濃度の経年変化傾向:樹種・サイト依存性について
    (日本森林学会大会学術講演集 2018)
  • 森林における放射性物質の新モニタリングの紹介
    (日本森林学会大会学術講演集 2018)
  • ヒノキ植栽木の放射性セシウム吸収におよぼす成長の影響
    (日本森林学会大会学術講演集 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 きのこ・森林微生物研究領域 主任研究員
  • 2016/04 - 2017/03 国立研究開発法人 森林総合研究所 きのこ・森林微生物研究領域 主任研究員
  • 2015/04 - 2016/03 国立研究開発法人 森林総合研究所 きのこ・微生物研究領域 主任研究員
  • 2014/04 - 2015/03 独立行政法人 森林総合研究所 きのこ・微生物研究領域 主任研究員
  • 2010/09 - 2014/03 独立行政法人 森林総合研究所 非常勤特別研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/03 - 日本森林学会 奨励賞 Characteristics of initial deposition and behavior of radiocesium in forest ecosystems of different locations and species affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
  • 2011/11 - 樹木医学会 奨励賞 サクラてんぐ巣病菌の越冬部位の解明
  • 2004/10 - 樹木医学会 ポスター賞 線虫接種クロマツ苗の枯死過程における電解質の漏出
所属学会 (5件):
関東森林学会 ,  日本きのこ学会 ,  日本菌学会 ,  樹木医学会 ,  日本森林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る