研究者
J-GLOBAL ID:201401068002144010   更新日: 2020年06月07日

板垣 文雄

イタガキ フミオ | Itagaki Fumio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70563906.ja.html
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (8件): 医薬品 ,  注射薬 ,  有機化学のエビデンス ,  メロペネム ,  アミノ酸輸液製剤 ,  配合変化予測 ,  有機化学 ,  配合変化
論文 (15件):
  • Maeda K, Yamaguchi M, Nagase H, Yasuno N, Itagaki F, Watanabe M. Utility and effectiveness of Symbicort® Turbuhaler® (oral inhalation containing budesonide and formoterol) in a patient with severe asthma after permanent tracheostomy. J Pharm Health Care Sci. 2018. 4. 24
  • 今中 翔一, 安心院 康彦, 桑原 達朗, 島 忠光, 橋本 雄治, 金子 一郎, 坂本 哲也, 安野 伸浩, 板垣 文雄, 渡邊 真知子. ケースマップを用いた救急初期診療研修法の開発 -薬剤師新人研修プログラムにおける有用性の検討-. 日本臨床救急医学会雑誌. 2018. 21. 5. 664-671
  • Watanabe M, Yamada C, Komagata Y, Kikuchi H, Hosono H, Itagaki F. New low-dose liquid pilocarpine formulation for treating dry mouth in Sjögren’s syndrome: clinical efficacy, symptom relief, and improvement in quality of life. J Pharm Health Care Sci. 2018. 4. 4
  • Watanabe M, Kurihara J, Suzuki S, Nagashima K, Hosono H, Itagaki F. The influence of dietary peptide inhibitors of angiotensin-converting enzyme on the hypotensive effects of enalapril. J Pharm Health Care Sci. 2015. 1. 17
  • 板垣文雄, 工藤千恵, 片桐幸子, 忍足鉄太, 高橋秀依, 夏苅英昭, 渡邊真知子. L-システインが引き起こす注射用メロペネムとアミノ酸輸液製剤の配合変化. 医療薬学. 2013. 39. 9. 521-527
もっと見る
講演・口頭発表等 (80件):
  • 薬物性肝障害のとらえ方 肝細胞障害型DILIを来しやすい薬物・臨床的特徴・治療
    (月刊薬事 2014)
  • 血球系細胞の遊走を引き起こす牛乳αs1カゼイン由来の生理活性ペプチド
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2014)
  • 「薬物療法の実践」の病院実習事例
    (日本薬学会関東支部大会講演要旨集 2013)
  • メロペネム水和物とL-システインの配合変化物に有害作用はあるか?
    (日本薬学会関東支部大会講演要旨集 2013)
  • 処方せんから考える がん患者 服薬指導スタートアップ講座 第2回 カペシタビン錠を含む処方せん 2)
    (調剤と情報 2013)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2018/04 - 現在 帝京大学 教授
  • 2009/07 - 2018/03 帝京大学 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る