研究者
J-GLOBAL ID:201401068908614471   更新日: 2021年02月13日

中山 健一

ナカヤマ ケンイチ | Kenichi Nakayama
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.icc.ac.jp/nakayama/
研究分野 (3件): 日本語教育 ,  日本語学 ,  言語学
研究キーワード (5件): コーパス ,  日本語教育 ,  語彙 ,  文法 ,  日本語
論文 (14件):
  • 中山健一. 現代語誌 ある・もっている. 日本語学(特集 コーパスによる語史と現代語誌) 明治書院. 2020. 39. 2. 102-105
  • 中山健一. [調査研究]構造シラバスの教科書を用いていかにコミュニカティブな活動を行うか- 地域日本語教育にかんする調査(2)-. 茨城キリスト教大学紀要. 2019. 53. 173-195
  • 中山健一. [調査研究]茨城県県央・県北地区における地域日本語教育にかんする実態調査(1). 茨城キリスト教大学紀要. 2018. 52. 123-143
  • 中山健一. 類義漢語「貧乏」と「貧困」の品詞と意味-コーパス調査にもとづいて-. 茨城キリスト教大学紀要. 2016. 50. 1-14
  • 許明子, 田中裕祐, 陳一吟, 中山健一, 古川雅子, 三木杏子. [報告] manabaを活用した中級文法クラスの実践報告-運用力向上を目指した文法クラスの実践を通して-. 筑波大学留学生センター日本語教育論集. 2015. 30. 221-239
もっと見る
MISC (4件):
  • 中山健一. 構造シラバスの教科書『みんなの日本語 初級』を用いて いかにコミュニカティブな活動を行うか. 2019年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2019
  • 中山健一. 日本語教育実習生の学び・気づきの過程ー実習記録の分析からー. 2018年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2018
  • 中山健一. 中級レベルで頻発する初級文法の誤用の要因. 2017年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2017
  • 中山健一. コーパスで生の日本語を分析する. 2016年度 茨城キリスト教大学 日本語教育実習 実習先担当者懇談会. 2016
書籍 (4件):
  • 中上級実用日本語文法
    筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター 2013
  • 大学生のための語彙論入門
    東京外国語大学大学院総合国際学研究院 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2012
  • 論文執筆支援シリーズIV 外大生のための日本語研究ガイドブック 増補改訂版2010
    東京外国語大学大学院総合国際学研究院 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2010
  • 論文執筆支援シリーズII 外大生のための日本語研究ガイドブック
    東京外国語大学大学院 地域文化研究科 グローバルCOEプログラム コーパスに基づく言語学教育研究拠点 2009
講演・口頭発表等 (9件):
  • 学習者オートノミーの育成をめざした上級読解作文授業
    (筑波大学CEGLOC日本語教育部門シンポジウム「未来志向の 日本語教育2.0」 2021)
  • 学生が自ら考え日本を理解することをめざした読解作文授業
    (筑波大学日本語・日本事情遠隔教育拠点 シンポジウム「未来志向の日本語教育」 2019)
  • 留学生センター補講コース中上級文法の実践
    (筑波大学日本語教育連合会シンポジウム 日本語教育への挑戦 2015)
  • 類義漢語の品詞性と意味-「貧乏」と「貧困」について-
    (第16回日本語文法学会 2015)
  • 初級から中級への縦のアーティキュレーションを考えた中級入門クラスの試み-意味のまとまりのある文章の理解・発信を中心に-
    (日本語教育学会2014年度 実践研究フォーラム 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 東京外国語大学 博士後期課程
  • 東京外国語大学 博士前期課程
  • 東京外国語大学 日本課程日本語専攻
学位 (3件):
  • 博士 学術 (東京外国語大学)
  • 修士 言語学 (東京外国語大学)
  • 学士 言語・地域文化 (東京外国語大学)
経歴 (2件):
  • - 現在 茨城キリスト教大学 文学部 文化交流学科 准教授
  • - 現在 筑波大学 グローバルコミュニケーション教育センター日本語教育部門 非常勤講師
所属学会 (3件):
日本語教育学会 ,  日本語文法学会 ,  日本語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る