研究者
J-GLOBAL ID:201401069567890234   更新日: 2016年04月16日

篠田 剛

シノダ ツヨシ | Shinoda Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 公共経済、労働経済
研究キーワード (2件): 租税論 ,  財政学
論文 (6件):
  • 篠田 剛. カナダにおける売上税制調和と州の課税自主権--オンタリオ州とブリティッシュ・コロンビア州を中心に. 商経論叢. 2013. 64. 1-27
  • 篠田 剛. カナダの消費課税システムにおけるケベック売上税(QST)--QST導入過程の分析を中心に. 財政研究第8巻 社会保障と財政--今後の方向性(日本財政学会編、有斐閣). 2012. 8. 176-198
  • 篠田 剛. 連邦制国家における地方消費課税の政治経済分析--アメリカ・カナダにおける税制調和と課税自主権の相克. 京都大学. 2012
  • 篠田 剛. グローバル化と税制改革--問われる公正な社会像と租税. Int’lecowk-国際労働研究. 2011. 66. 9. 14-16
  • 篠田 剛. 米国における州間租税協調と州利害の衝突の様相--ニューヨーク州の分析を中心に. KUES Ph.D. Candidate’s Monograph Series. 2008. 200809158. 1-16
もっと見る
MISC (1件):
  • 篠田 剛. 書評:斎藤貴男『消費税のカラクリ』. 協う. 2010. 121. 14-14
書籍 (6件):
  • 資本主義経済システムの展望(岩波講座 現代 第3巻)
    岩波書店 2016
  • 資本主義の現在--資本蓄積の変容とその社会的影響
    文理閣 2015
  • 図説 経済の論点
    旬報社 2014
  • 日本財政の現代史II:バブルとその崩壊 1986~2000年
    有斐閣 2014
  • 現代租税の理論と思想
    有斐閣 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • マーリーズ報告と付加価値税
    (日本財政学会第70回大会(慶應義塾大学) 2013)
  • カナダにおける売上税制の調和過程と州の課税自主権--協調売上税(HST)を中心に
    (日本地方財政学会第20回大会(立命館大学) 2012)
  • カナダにおけるケベック売上税(QST)と地方消費課税--QST導入過程の分析を中心に
    (日本財政学会第68回大会(成城大学) 2011)
  • アメリカにおける州売上税システムの多様性と地域経済--SSUTAの進行過程の分析から
    (日本財政学会第66回大会(明治学院大学) 2009)
  • 米国インターネット課税問題と州間租税協調
    (日本財政学会第63回大会(近畿大学) 2006)
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程
  • 2004 - 2006 京都大学大学院経済学研究科博士前期課程
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 立命館大学 経済学部 准教授
  • 2014/10 - 2016/03 鹿児島県立短期大学 商経学科 准教授
  • 2013/04 - 2014/09 鹿児島県立短期大学 商経学科 専任講師
  • 2011/04 - 2013/03 京都大学大学院 経済学研究科 研究員
受賞 (1件):
  • 2013/05 - 日本地方財政学会 佐藤賞
所属学会 (2件):
日本地方財政学会 ,  日本財政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る