研究者
J-GLOBAL ID:201401070104149720   更新日: 2021年09月04日

関谷 高史

セキヤ タカシ | Takashi Sekiya
所属機関・部署:
職名: 室長
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80519207.ja.html
研究分野 (2件): 医化学 ,  免疫学
研究キーワード (7件): 細胞分化 ,  自己免疫疾患 ,  免疫学 ,  アレルギー ,  炎症性疾患 ,  制御性T細胞 ,  CD4T細胞
論文 (37件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 関谷高史, 足達俊吾, 河府和義, 山田達也, 古川洋一, 中村祐輔, 田代康介, 久原哲, 大和田進. β-cateninによるTGF-βシグナル伝達系路の制御. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 2003. 26th. 774
特許 (1件):
  • 抗BAMBI抗体、及びそれを含有する大腸癌及び肝臓癌の診断剤又は治療剤
書籍 (8件):
  • 炎症と免疫
    先端医学社 2021
  • 臨床免疫・アレルギー科
    科学評論社 2020
  • 医学のあゆみ 制御性T細胞研究の現在
    2019
  • The Epigenetics of Autoimmunity
    Elsevier 2018
  • 細胞工学 32巻
    2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • Roles of the nuclear orphan receptor Nr4a in Th/Treg differentiation and in regulation of allergic asthma pathogenesis
    (The 17th International Congress of Immunology 2019)
  • 制御性T細胞移入療法の進歩を導く基礎研究の現在
    (第55回 日本移植学会総会 2019)
  • 制御性T細胞の分化と維持の分子機構 〜移植免疫における炎症環境とCNIの作用を中心に〜
    (第18回 広島臓器移植セミナー 2019)
  • 免疫系による自己・非自己の区別におけるTregの役割と分子機序
    (愛知医科大学 腎疾患・移植免疫学セミナー 2019)
  • Nr4aファミリー転写因子によるCD4T細胞の分化制御
    (第28回 東京免疫フォーラム 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 東京大学大学院 応用生命工学専攻
  • 1995 - 1999 東京大学 生物生産化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2016/11 - 現在 国立国際医療研究センター 免疫制御研究部 室長
  • 2014/04 - 2016/11 慶應義塾大学 医学部 微生物学免疫学教室 講師
  • 2008/08 - 2014/04 慶應義塾大学 医学部 微生物学免疫学教室 助教
  • 2004/04 - 2008/08 米国・Fox Chase Cancer Center ポスドク
受賞 (1件):
  • 日本免疫学会 研究奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る