研究者
J-GLOBAL ID:201401070104149720   更新日: 2024年01月31日

関谷 高史

セキヤ タカシ | Takashi Sekiya
所属機関・部署:
職名: 室長
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80519207.ja.html
研究分野 (2件): 医化学 ,  免疫学
研究キーワード (7件): 細胞分化 ,  自己免疫疾患 ,  免疫学 ,  アレルギー ,  炎症性疾患 ,  制御性T細胞 ,  CD4T細胞
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2024 エンハンサーによる多次元的制御能を標的としたCTL賦活化リプログラミング
  • 2021 - 2023 ナイーブT細胞不均一性の形成メカニズムと意義の追求
  • 2020 - 2022 IBD発症過程で生じるTh/Treg imbalanceの動態解析
  • 2019 - 2021 CD4T細胞による「セルフ」の攻撃に作用する「ネオセルフ」抗原刺激の追求
  • 2018 - 2021 病変部位免疫環境のリモデリングを誘導する新規Treg制御法の開発
全件表示
論文 (41件):
  • Iwasaki Kenta, Tomosugi Toshihide, Sekiya Takashi, Sakamoto Shintaro, Miwa Yuko, Okada Manabu, Hiramitsu Takahisa, Goto Norihiko, Narumi Shunji, Watarai Yoshihiko, et al. Estimation of Sensitization Status in Renal Transplant Recipients by Assessing Indirect Pathway CD4+ T Cell Response to Donor Cell-pulsed Dendritic Cell. Transplantation. 2023. 107. 5. 1079-1088
  • Takashi Sekiya, Hidenori Kasahara, Ryo Takemura, Shinya Fujita, Jun Kato, Noriko Doki, Yuta Katayama, Yukiyasu Ozawa, Satoru Takada, Tetsuya Eto, et al. Essential Roles of the Transcription Factor NR4A1 in Regulatory T Cell Differentiation under the Influence of Immunosuppressants. The Journal of Immunology. 2022. 208. 9. 2122-2130
  • Takashi Sekiya. Comparison Between Nr4a Transcription Factor Regulation and Function in Lymphoid and Tumor Treg Cells. Frontiers in Immunology. 2022. 13. 866339
  • Takashi Sekiya, Shizuko Kagawa, Katsunori Masaki, Koichi Fukunaga, Akihiko Yoshimura, Satoshi Takaki. Regulation of peripheral Th/Treg differentiation and suppression of airway inflammation by Nr4a transcription factors. iScience. 2021. 24. 3. 102166-102166
  • Takashi Sekiya, Satoshi Takaki. RGMB enhances the suppressive activity of the monomeric secreted form of CTLA-4. Scientific Reports. 2019. 9. 6984
もっと見る
MISC (4件):
特許 (1件):
  • 抗BAMBI抗体、及びそれを含有する大腸癌及び肝臓癌の診断剤又は治療剤
書籍 (8件):
  • 炎症と免疫
    先端医学社 2021
  • 臨床免疫・アレルギー科
    科学評論社 2020
  • 医学のあゆみ 制御性T細胞研究の現在
    2019
  • The Epigenetics of Autoimmunity
    Elsevier 2018
  • 細胞工学 32巻
    2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 免疫抑制剤存在下でのTreg分化における転写因子NR4A1の役割
    (第20回 日本免疫治療学会学術集会 2023)
  • Tonic TCR and IL-1b signaling mediate momentary and durable phenotypic alterations in naive CD4+ T cells
    (第51回 日本免疫学会学術集会 2022)
  • Roles of the nuclear orphan receptor Nr4a in Th/Treg differentiation and in regulation of allergic asthma pathogenesis
    (The 17th International Congress of Immunology 2019)
  • 制御性T細胞移入療法の進歩を導く基礎研究の現在
    (第55回 日本移植学会総会 2019)
  • 制御性T細胞の分化と維持の分子機構 〜移植免疫における炎症環境とCNIの作用を中心に〜
    (第18回 広島臓器移植セミナー 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命工学専攻
  • 1995 - 1999 東京大学 農学部 生物生産化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2016/11 - 現在 国立国際医療研究センター 免疫制御研究部 室長
  • 2014/04 - 2016/11 慶應義塾大学 医学部 微生物学免疫学教室 講師
  • 2008/08 - 2014/04 慶應義塾大学 医学部 微生物学免疫学教室 助教
  • 2004/04 - 2008/08 米国・Fox Chase Cancer Center ポスドク
受賞 (1件):
  • 日本免疫学会 研究奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る