研究者
J-GLOBAL ID:201401071929292661   更新日: 2024年02月03日

滝口 慎一郎

タキグチ シンイチロウ | Takiguchi Shinichiro
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学大学院連合小児発達学研究科
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000070382926/
研究分野 (3件): 基盤脳科学 ,  神経科学一般 ,  胎児医学、小児成育学
研究キーワード (8件): 虐待 ,  脳機能イメージング ,  認知神経科学 ,  小児神経学 ,  ADHD ,  小児発達学 ,  fMRI ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 愛着障害の新たな客観的診断・支援法の開発ー少子化社会を克服するための戦略ー
  • 2018 - 2021 愛着関連障害と発達障害の判別システム:中間表現型を用いた研究
  • 2019 - 愛着障害へのオキシトシン点鼻効果の探求
  • 2018 - 被虐待経験における報酬系神経回路と依存症リスク要因に関する研究
  • 2015 - 2018 これまでの研究の総力を結集させた愛着障害の早期診断・病態解析システムの開発・治療
全件表示
論文 (43件):
  • Shota Nishitani, Takashi X Fujisawa, Akiko Yao, Shinichiro Takiguchi, Akemi Tomoda. Evaluation of the pooled sample method in Infinium MethylationEPIC BeadChip array by comparison with individual samples. Clinical epigenetics. 2023. 15. 1. 138-138
  • Shinichiro Takiguchi, Kai Makita, Takashi X. Fujisawa, Shota Nishitani, Akemi Tomoda. Effects of intranasal oxytocin on neural reward processing in children and adolescents with reactive attachment disorder: A randomized controlled trial. Frontiers in Child and Adolescent Psychiatry. 2023. 1. 1056115
  • Michiko Koizumi, Akemi Tomoda, Shinichiro Takiguchi, Hirotaka Kosaka. Impact of stable environments on maltreated children. Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society. 2023. 65. 1. e15443
  • Yoshifumi Mizuno, Weidong Cai, Kaustubh Supekar, Kai Makita, Shinichiro Takiguchi, Timothy J Silk, Akemi Tomoda, Vinod Menon. Methylphenidate Enhances Spontaneous Fluctuations in Reward and Cognitive Control Networks in Children With Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder. Biological psychiatry. Cognitive neuroscience and neuroimaging. 2022
  • Yoshifumi Mizuno, Weidong Cai, Kaustubh Supekar, Kai Makita, Shinichiro Takiguchi, Akemi Tomoda, Vinod Menon. Methylphenidate remediates aberrant brain network dynamics in children with attention-deficit/hyperactivity disorder: A randomized controlled trial. NeuroImage. 2022. 257. 119332-119332
もっと見る
MISC (34件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • そだちの科学 39号 <特集>逆境体験とそだち(分担執筆:逆境体験の脳科学)
    日本評論社 2022 ISBN:9784535907393
  • 今日の精神科治療ハンドブック(分担執筆:反応性アタッチメント症)
    星和書店 精神科治療学 第36巻増刊号 2021
  • 今日の治療指針 2020年版 私はこう治療している(分担執筆:被虐待児症候群)
    医学書院 2020 ISBN:4260039393
  • 福井大学病院の得意な治療がわかる本(福井大学医学部附属病院 編)
    バリューメディカル 2017
  • 今日の治療指針 2017年版 私はこう治療している(分担執筆:被虐待児症候群)
    医学書院 2017 ISBN:4260028081
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • The Abnormal Regional Neural Function and Functional Integration of the Cerebellum in Children and Adolescents with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder
    (AACAP's 63rd Annual Meeting 2016)
  • 反応性愛着障害における報酬機能不全
    (第8回日本子ども虐待医学会・学術集会 2016)
  • 小児期ADHDの線条体灰白質異常におけるCOMT遺伝子多型と人種民族性の相互作用
    (第7回日本ADHD学会総会 2016)
  • Altered brain response to reward in maltreated children and adolescents
    (The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015)
  • Low Striatal Activity during Reward Perception Caused by Childhood Adversity
    (第57回日本小児神経学会総会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 福井大学大学院 医学系研究科 先端応用医学専攻 博士課程
  • - 2002 福島県立医科大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (8件):
  • 2023/07 - 現在 McLean Hospital, Harvard Medical School Department of Psychiatry
  • 2021/04 - 現在 平谷こども発達クリニック
  • 2018/04 - 現在 大阪大学大学院連合小児発達学研究科(招へい教員)
  • 2012/04 - 2021/06 福井大学医学部附属病院 子どものこころ診療部 発達小児科
  • 2007/04 - 2012/03 国際医療福祉リハビリテーションセンター 小児科
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2023 - 日本小児精神神経学会 代議員
受賞 (5件):
  • 2020 - 第62回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2016 - 第58回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2015 - 第57回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2014 - 福井大学生命科学複合研究教育センター 平成26年度 学生の研究・成果発表のための旅費助成採択
  • 2012 - 福井大学生命科学複合研究教育センター 平成24年度 学生の研究・成果発表のための旅費助成採択
所属学会 (8件):
International Child Neurology Association(ICNA) ,  日本子ども虐待医学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本小児科学会 ,  日本子ども虐待防止学会 ,  日本小児心身医学会 ,  日本小児精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る