研究者
J-GLOBAL ID:201401071929292661   更新日: 2021年04月07日

滝口 慎一郎

タキグチ シンイチロウ | Takiguchi Shinichiro
所属機関・部署:
職名: 特命助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学大学院連合小児発達学研究科
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70382926.ja.html
研究分野 (4件): 子ども学、保育学 ,  基盤脳科学 ,  神経科学一般 ,  胎児医学、小児成育学
研究キーワード (8件): 虐待 ,  脳機能イメージング ,  認知神経科学 ,  小児神経学 ,  ADHD ,  小児発達学 ,  fMRI ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 愛着関連障害と発達障害の判別システム:中間表現型を用いた研究
  • 2019 - 愛着障害へのオキシトシン点鼻効果の探求
  • 2018 - 被虐待経験における報酬系神経回路と依存症リスク要因に関する研究
  • 2015 - 2018 脳機能イメージングによる小児愛着障害の病態解明と生理学的指標の確立
論文 (26件):
  • Takuya Kosaka, Masao Kawatani, Genrei Ohta, Yoshifumi Mizuno, Shinichiro Takiguchi, Asami Kumano, Hisako Hayashi, Akio Fujine, Akemi Tsuda, Takashi X Fujisawa, et al. Low threshold to Vestibular and Oral Sensory stimuli might affect quality of sleep among children with autism spectrum disorder. Brain & development. 2021. 43. 1. 55-62
  • Makita K, Takiguchi S, Naruse H, Shimada K, Morioka S, Fujisawa TX, Shimoji K, Tomoda A. White matter changes in children and adolescents with reactive attachment disorder: A diffusion tensor imaging study. Psychiatry research. Neuroimaging. 2020. 303. 111129
  • Shizuka Suzuki, Takashi X Fujisawa, Nobuko Sakakibara, Toru Fujioka, Shinichiro Takiguchi, Akemi Tomoda. Development of Social Attention and Oxytocin Levels in Maltreated Children. Scientific reports. 2020. 10. 1. 7407-7407
  • Toru Fujioka, Kenji J Tsuchiya, Manabu Saito, Yoshiyuki Hirano, Muneaki Matsuo, Mitsuru Kikuchi, Yoshihiro Maegaki, Damee Choi, Sumi Kato, Tokiko Yoshida, et al. Developmental changes in attention to social information from childhood to adolescence in autism spectrum disorders: a comparative study. Molecular autism. 2020. 11. 1. 24-24
  • Minyoung Jung, Shinichiro Takiguchi, Shoko Hamamura, Yoshifumi Mizuno, Hirotaka Kosaka, Akemi Tomoda. Thalamic Volume Is Related to Increased Anterior Thalamic Radiations in Children with Reactive Attachment Disorder. Cerebral cortex. 2020
もっと見る
MISC (31件):
書籍 (5件):
  • 今日の治療指針 2020年版 私はこう治療している(分担執筆:被虐待児症候群)
    医学書院 2020 ISBN:4260039393
  • 今日の治療指針 2017年版 私はこう治療している(分担執筆:被虐待児症候群)
    医学書院 2017 ISBN:4260028081
  • Memory in Social Context: Brain, Mind, and Society. Structural and functional changes of brain due to childhood maltreatment and adversity
    Springer 2017 ISBN:4431565892
  • 子どものPTSD 診断と治療(分担執筆:子どものトラウマと多動性障害)
    診断と治療社 2014 ISBN:4787821024
  • 小児科学レクチャー『子どもの発達と心の問題Q&A -健診から思春期までの評価と指導の実際-』(分担執筆:親子関係に問題がある家庭への対応)
    総合医学社 2012 ISBN:4883787583
講演・口頭発表等 (28件):
  • The Abnormal Regional Neural Function and Functional Integration of the Cerebellum in Children and Adolescents with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder
    (AACAP's 63rd Annual Meeting 2016)
  • 反応性愛着障害における報酬機能不全
    (第8回日本子ども虐待医学会・学術集会 2016)
  • 小児期ADHDの線条体灰白質異常におけるCOMT遺伝子多型と人種民族性の相互作用
    (第7回日本ADHD学会総会 2016)
  • Altered brain response to reward in maltreated children and adolescents
    (The 13th Asian Congress of Health Promotion 2015)
  • Low Striatal Activity during Reward Perception Caused by Childhood Adversity
    (第57回日本小児神経学会総会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2012 - 2016 福井大学大学院 先端応用医学専攻 博士課程
  • - 2002 福島県立医科大学 医学部
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (4件):
  • 2012/04 - 現在 福井大学医学部附属病院 子どものこころ診療部 発達小児科
  • 2007/04 - 2012/03 国際医療福祉リハビリテーションセンター 小児科
  • 2002/05 - 2009/09 自治医科大学 小児科学
  • 2005/10 - 2007/03 国際医療福祉大学病院 小児科
受賞 (5件):
  • 2020 - 第62回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2016 - 第58回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2015 - 第57回 日本小児神経学会 English session 演題奨励賞
  • 2014 - 福井大学生命科学複合研究教育センター 平成26年度 学生の研究・成果発表のための旅費助成採択
  • 2012 - 福井大学生命科学複合研究教育センター 平成24年度 学生の研究・成果発表のための旅費助成採択
所属学会 (8件):
International Child Neurology Association(ICNA) ,  日本子ども虐待医学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本小児科学会 ,  日本子ども虐待防止学会 ,  日本小児心身医学会 ,  日本小児精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る