研究者
J-GLOBAL ID:201401072336447096   更新日: 2022年05月13日

渡部 欣忍

ワタナベ ヨシノブ | Watanabe Yoshinobu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00295651.ja.html
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (25件): アコースティック・エミッション ,  骨折 ,  関節内骨折 ,  超音波検査 ,  骨延長術 ,  仮骨延長術 ,  降伏強度 ,  仮骨 ,  アコースティク・エミッション ,  変形性関節症 ,  骨癒合評価 ,  非破壊検査 ,  骨密度 ,  アコースティク・エミッション(AE) ,  リハビリテーション ,  非侵襲検査 ,  脛骨プラトー骨折 ,  力学的特性 ,  創外固定 ,  自家細胞移植 ,  間葉系細胞 ,  関節軟骨 ,  骨軟骨全層欠損 ,  組織再生 ,  石灰化前線
論文 (125件):
  • Takashi Suzuki, Taketo Kurozumi, Yuhei Nakayama, Kentaro Matsui, Yoshinobu Watanabe, Tetsuya Sakamoto, Naoto Morimura. Better discrimination of the concomitant peri-ankle fractures in the spiral tibial shaft fractures by thin-slice axial and three-dimensional CT. Medicine. 2021. 100. 40. e27429
  • 石井 桂輔, 黒住 健人, 鈴木 卓, 伊藤 香, 角山 泰一郎, 長尾 剛, 中澤 佳穂子, 大貫 隆広, 朝見 正宏, 坂本 哲也, et al. COVID-19パンデミックによる緊急事態宣言が外傷センターの手術件数に与えた影響. 日本外傷学会雑誌. 2021. 35. 2. 151-151
  • Natsumi Saka, Gen Sasaki, Yoshinobu Watanabe, Hirotaka Kawano. Double plating for long-standing nonunion of the humeral shaft complicated with metaphyseal bone defect and deformity: A case report. Trauma Case Reports. 2021. 32. 100448-100448
  • 井元 佑一, 乾 貴博, 松井 健太郎, 石井 桂輔, 鈴木 卓, 黒住 健人, 渡部 欣忍, 河野 博隆, 櫻井 瑠成, 木村 真菜, et al. 大腿骨近位部骨折のAI診断は高い精度を示したが,未知の視点で診断しているかもしれない AIのブラックボックス問題に向き合う. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 3. S635-S635
  • 乾 貴博, 倉田 佳明, 渡部 欣忍, 松井 健太郎, 石井 桂輔, 鈴木 卓, 黒住 健人, 河野 博隆. 前額面剪断型大腿骨転子部骨折は早期の過剰な頸部短縮発生のリスク因子である マッチドコホート研究. 日本整形外科学会雑誌. 2021. 95. 3. S641-S641
もっと見る
MISC (182件):
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都府立医科大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 現在 帝京大学医学部 整形外科学講座 教授
  • 2007/02 - 2013/03 帝京大学 医学部整形外科学講座 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る