研究者
J-GLOBAL ID:201401074524497001   更新日: 2020年01月18日

池田 一人

イケダ カズト | IKEDA Kazuto
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学  言語文化研究科 言語社会専攻   准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40708202.ja.html
研究分野 (1件): アジア史・アフリカ史
研究キーワード (6件): 地域研究 ,  東南アジア史 ,  民族 ,  歴史学 ,  ミャンマー ,  ビルマ
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2023 「ゾミア2.0:『東南アジア』と『南アジア』の境域における開発・民族・宗教」(研究分担者)
  • 2019 - 2022 『声の実践によるテキスト共同体ー東南アジア大陸部の仏教写本をめぐる宗教実践』
  • 2019 - 2021 「イスラーム受容体としての東南アジア:上座部仏教社会におけるムスリム共生の歴史学的・人類学的研究」
  • 2016 - 2020 「東南アジア大陸部宗教研究の新パラダイムの構築」(研究分担者)
  • 2016 - 2019 「ミャンマーのカレンを事例とした民族生成と民族問題化の過程に関する歴史研究」
全件表示
論文 (10件):
  • 池田 一人. 「ミャンマーにおけるカレン民族問題の起源とタキン史観に関する覚書き」. Ex Oriente. 2017. 24. 27-61
  • 池田一人. 「植民地期ビルマにおける『映画とカイン』論争-仏教徒カレンの民族的主張とその社会的文脈-」. 『言語文化研究』. 2014
  • 池田 一人. 「日本占領期ビルマにおけるカレン=タキン関係-ミャウンミャ事件と抗日蜂起をめぐって」. 上智大学アジア文化研究所 Monograph Series. 2012. 11
  • IKEDA Kazuto. "Two Versions of Buddhist Karen History of the Late British Colonial Period in Burma; Kayin Chronicle (1929) and Kuyin Great Chronicle (1931).". "Southeast Asian Studies". 2012
  • 池田一人. 「ビルマのキリスト教徒カレンをめぐる民族知識の形成史-カレン知の生成と『プアカニョウの歴史』について-」. 『東洋文化研究所紀要』. 2012
もっと見る
MISC (13件):
  • 池田 一人. (書評)長田紀之著『胎動する国境ー英領ビルマの移民問題と都市統治』山川出版社、2016年. 「東南アジアー歴史と文化ー」. 2018. 47. 113-118
  • 池田一人. (概説)「第8章:植民地支配と分割統治」. 『ミャンマー(ビルマ)を知るための60章』. 2013
  • 池田一人. (翻訳)「第2章:国家空間-統治と収奪の領域」の翻訳. 『ゾミア-脱国家の世界史』. 2013
  • 池田一人. (教科書)「第1章ミャンマー編Lesson2:民族の織り成すミャンマーの歴史」「Lesson6:共生の枠組みを模索する多民族国家」. 『東南アジアがわかる教科書Vol.3』. 2013
  • 池田一人. (書評)Ardeth Maung Thawnghmung "The 'Other' Karen in Myanmar: Ethnic Minorities and the Struggle without Arms.". 『アジア研究』. 2012
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『日本占領期ビルマにおけるカレン=タキン関係-ミャウンミャ事件と抗日蜂起をめぐって-』
    上智大学アジア文化研究所(モノグラフ・シリーズ) 2012
講演・口頭発表等 (38件):
  • 「ビルマ独立期におけるカレン民族運動-"a separate state"をめぐる政治-」
    (ビルマ研究会 全国研究大会 1999)
  • 「ビルマ独立期におけるカレン民族運動-"a separate state"をめぐる政治-」
    (早稲田大学 東南アジア地域研究者フォーラム 第92回例会 1999)
  • 「ビルマ独立期におけるカレン民族運動-"a separate state"をめぐる政治-」
    (東南アジア学会関東例会 1999)
  • 「ビルマ独立期におけるカレン民族運動-"a separate state"をめぐる政治-」
    (東南アジア史学会 第61回研究大会 1999)
  • Various Versions of the Kayin History; ”One Kayin" and its Plural images
    (UHRC Symposium on "Traditions of Knowledge in Southeast Asia" in Yangon, Myanmar 2003)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1994 - 1996 国際基督教大学 大学院 行政学研究科 修士課程
  • 2000 - 2006 東京大学 大学院 総合文化研究科 博士課程
経歴 (10件):
  • 2006/10 - 2007/03 千葉大学 非常勤講師
  • 2008/04 - 2009/03 東京大学 非常勤講師
  • 2009/04 - 2011/09 上智大学 非常勤講師
  • 2007/10 - 2012/03 立教大学 非常勤講師
  • 2012/04 - 2013/03 東京大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/01 - 2018/12 東南アジア学会 総務理事
  • 2015/01 - 2016/12 東南アジア学会 大会理事
所属学会 (3件):
東南アジア学会 ,  Association of Asian Studies ,  史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る