研究者
J-GLOBAL ID:201401074868034574   更新日: 2020年08月30日

角山 香織

Kadoyama Kaori
所属機関・部署:
論文 (24件):
  • Goji Kimura, Kaori Kadoyama, J. B. Brown, Tsutomu Nakamura, Ikuya Miki, Kohshi Nisiguchi, Toshiyuki Sakaeda, Yasushi Okuno. Antipsychotics-Associated Serious Adverse Events in Children: An Analysis of the FAERS Database. INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES. 2015. 12. 2. 135-140
  • Toshiyuki Sakaeda, Kaori Kadoyama, Keiko Minami, Yasushi Okuno. Commonality of Drug-associated Adverse Events Detected by 4 Commonly Used Data Mining Algorithms. INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES. 2014. 11. 5. 461-465
  • Yoshimura K, Kadoyama K, Sakaeda T, Sugino Y, Ogawa O, Okuno Y. A survey of the FAERS database concerning the adverse event profiles of α1-adrenoreceptor blockers for lower urinary tract symptoms. International journal of medical sciences. 2013. 10. 7. 864-869
  • Toshiyuki Sakaeda, Akiko Tamon, Kaori Kadoyama, Yasushi Okuno. Data Mining of the Public Version of the FDA Adverse Event Reporting System. INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES. 2013. 10. 7. 796-803
  • 村上紘之, 栄田敏之, 角山香織, 奥野恭史. Gender Effects on Statin-Associated Muscular Adverse Events: An Analysis of the FDA AERS Database. Pharmacology & Pharmacy. 2013. 4. 3. 340-346
もっと見る
MISC (58件):
書籍 (28件):
  • 京都大学薬学部6年生教育における多職種連携教育の取組み
    京都大学大学院教育学研究科生涯教育学講座 2015
  • P.ジャービス教授の薬学研究科への訪問を受けて
    京都大学大学院教育学研究科生涯教育学講座 2014
  • 循環器疾患の薬物一覧表 2014
    南江堂 2014
  • 循環器疾患の薬物一覧表 2012
    南江堂 2012
  • 薬局で役立つ抗菌薬のPK-PD 押さえておこうパラメータの種類と意味
    じほう 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • 6年制薬学部における実務実習事前学習への取り組みと課題
    (京都大学 Inter-Professional Education 研究会 2013)
  • 地域薬局と大学病院の連携
    (日本医療薬学会医療薬学公開シンポジウムプログラム・要旨集 2008)
  • 地域住民の後発医薬品・保険薬局利用支援と現役薬剤師の職能向上支援事業
    (神戸大学地域連携活動発表会 2007)
  • 能動的薬剤管理指導の取り組み方
    (信州大学医学部附属病院薬剤部セミナー 2002)
  • 高脂血症用剤の服薬指導について
    (イノベックスアカデミー 1999)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る