研究者
J-GLOBAL ID:201401078418155610   更新日: 2020年09月01日

田中 茂信

タナカ シゲノブ | Tanaka Shigenobu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 水工学
論文 (87件):
  • Sophal Try, Shigenobu Tanaka, Kenji Tanaka, Takahiro Sayama, Giha Lee, Chantha Oeurng. Assessing the effects of climate change on flood inundation in the lower Mekong Basin using high-resolution AGCM outputs. Progress in Earth and Planetary Science. 2020. 7. 1
  • Sophal Try, Shigenobu Tanaka, Kenji Tanaka, Takahiro Sayama, Chantha Oeurng, Sovannara Uk, Kaoru Takara, Maochuan Hu, Dawei Han. Comparison of gridded precipitation datasets for rainfall-runoff and inundation modeling in the Mekong River Basin. PLoS ONE. 2020. 15. 1
  • Sophal Try, Shigenobu Tanaka, Kenji Tanaka, Takahiro Sayama, Chantha Oeurng, Sovannara Uk, Kaoru Takara, Maochuan Hu, Dawei Hans. Comparison of gridded precipitation datasets for rainfall-runoff and inundation modeling in the Mekong River Basin. PLOS ONE. 2020. 15. 1
  • Estimation of Groundwater Recharge from GRACE Satellite and Land Surface Model. THA2019 Abstract Fullpaper. 2019
  • 平岡ちひろ, 田中賢治, 田中茂信. 山岳地帯における気象データの誤差が雪氷融解量計算に及ぼす影響. 土木学会水工学論文集. 2018. 63. I. 307-312
もっと見る
MISC (59件):
  • 浜口 俊雄, 角 哲也, 田中 茂信, 三島 康二. ミツバチコロニー最適化手法を用いた重力ダム基本断面設計法. 京都大学防災研究所年報. 2015. 59. 497-507
  • 名村瑠架, 峠嘉哉, Temur KHUJANAZAROV, 田中茂信, 田中賢治, 浜口俊雄. 斜面の方向を考慮した短波放射補正による積雪水量評価. 水文・水資源学会2015年度研究発表会要旨集. 2015. 56-57
  • 松井佑介, 田中茂信, 田中賢治, 浜口俊雄. GCM出力の解像度が積雪水量推定に及ぼす影響. 水文・水資源学会2015年度研究発表会要旨集. 2015. 60-61
  • 山田将平, 山下隆男, 田中茂信, 田中賢治, 浜口俊雄. ミャンマーにおける水循環解析システムの構築. 水文・水資源学会2015年度研究発表会要旨集. 2015. 76-77
  • 小林優, 浅野倫矢, 田中茂信, 田中賢治, 浜口俊雄. 陸面過程モデルと河道流下モデルの結合方法に対する比較検討. 水文・水資源学会2015年度研究発表会要旨集. 2015. 82-83
もっと見る
書籍 (1件):
  • 土木計画学ハンドブック
    コロナ社 2017
講演・口頭発表等 (4件):
  • 世界の洪水と水災害・リスクマネジメント国際センターの国際貢献
    (第21回京都大学地球環境フォーラム 2015)
  • 巨大(複合)災害を考える?近年の豪雨の特徴?
    (平成26年度府民公開講座 2015)
  • 近年の豪雨の特徴
    (平成26年度京都大学防災研究所公開講座 2014)
  • 日吉ダムおよび淀川流域雨量・流量資料の確率評価
    (京都・滋賀水害調査速報会 2013)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る