研究者
J-GLOBAL ID:201401078949487200   更新日: 2021年10月25日

今城 正道

イマジョウ マサミチ | Imajo Masamichi
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
研究分野 (1件): 細胞生物学
論文 (19件):
  • Akira Hirota, Shaikha AlMusawi, Abdolrahman S. Nateri, Paloma Ordóñez-Morán, Masamichi Imajo. Biomaterials for intestinal organoid technology and personalized disease modeling. Acta Biomaterialia. 2021
  • 池口 絵理, 原田 範雄, 金丸 良徳, 三小田 亜希子, 山根 俊介, 岩崎 可南子, 今城 正道, 村田 由貴, 鈴木 和代, 城尾 恵里奈, et al. 転写因子Pdx1は小腸内のGIP遺伝子を制御して加齢に伴うGIP分泌亢進に関与する. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 471-471
  • Yu Muta, Michiyuki Matsuda, Masamichi Imajo, corresponding author. Divergent Dynamics and Functions of ERK MAP Kinase Signaling in Development, Homeostasis and Cancer: Lessons from Fluorescent Bioimaging. Cancers. 2019. 11. 4. 513
  • Yu Muta, Michiyuki Matsuda, Masamichi Imajo, corresponding author. Dynamic ERK signaling regulation in intestinal tumorigenesis. Molecular & Cellular Oncology. 2018. 5. 5. e1506684
  • Eri Ikeguchi, Norio Harada, Yoshinori Kanemaru, Akiko Sankoda, Shunsuke Yamane, Kanako Iwasaki, Masamichi Imajo, Yuki Murata, Kazuyo Suzuki, Erina Joo, et al. Transcriptional factor Pdx1 is involved in age-related GIP hypersecretion in mice. American Journal of Physiology - Gastrointestinal and Liver Physiology. 2018. 315. 2. G272-G282
もっと見る
MISC (1件):
  • Atsuro Sakurai, Masamichi Imajo, Michiyuki Matsuda. Analysis of molecular mechanisms underlying colon cancer development by 3D culture system. CANCER RESEARCH. 2013. 73
書籍 (2件):
  • 実験医学 Vol.33 No.18 (11月号) 2015
    羊土社 2015
  • 「生体の科学」66巻5号
    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団「生体の科学」編集室 2015
講演・口頭発表等 (5件):
  • 新規オルガノイド培養法を用いた肝芽腫発生機構の解析
    (第68回細胞生物学会大会 2016)
  • 腸上皮の幹細胞依存的な更新におけるHippo経路の役割
    (第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会 2015)
  • 組織幹細胞の制御におけるHippo経路の新たな役割
    (第8回Symphony 2015)
  • 生体内遺伝子導入法により解明された腸上皮幹細胞機能の新たな制御機構
    (第66回日本細胞生物学会大会 2014)
  • 腸上皮ホメオスタシスを制御するシグナル伝達ネットワークの解析
    (第84回日本生化学会大会 2011)
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る