研究者
J-GLOBAL ID:201401079051453895   更新日: 2020年04月03日

富岡 直子

トミオカ ナオコ | Tomioka Naoko H
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  機能生物化学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (2件): トランスポーター ,  尿酸
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 高尿酸血症モデルマウスにおけるアルツハイマー病予防機構の解明
  • 2014 - 2016 尿酸トランスポーターによる脳内尿酸動態制御機構の解明
論文 (8件):
  • Tomioka NH, Tamura Y, Takada T, Shibata S, Suzuki H, Uchida S, Hosoyamada M. Immunohistochemical and in situ hybridization study of urate transporters GLUT9/URATv1, ABCG2, and URAT1 in the murine brain. Fluids and barriers of the CNS. 2016. 13. 1. 22
  • Inazawa K, Yamaguchi S, Hosoyamada M, Fukuuchi T, Tomioka NH, Yamaoka N, Kaneko K. Urinary excretion of uric acid, allantoin, and 8-OH-Deoxyguanosine in uricase-knockout mice. Nucleosides, nucleotides & nucleic acids. 2016. 35. 10-12. 559-565
  • Hosoyamada M, Tsurumi Y, Hirano H, Tomioka NH, Sekine Y, Morisaki T, Uchida S. Urat1-Uox double knockout mice are experimental animal models of renal hypouricemia and exercise-induced acute kidney injury. Nucleosides, nucleotides & nucleic acids. 2016. 35. 10-12. 543-549
  • Watanabe T, Tomioka NH, Watanabe S, Suzuki Y, Tsuchiya M, Hosoyamada M. The Mechanism of False in Vitro Elevation of Uric Acid Level in Mouse Blood. Biological & pharmaceutical bulletin. 2016. 39. 7. 1081-1084
  • Tomioka NH, Nakamura M, Doshi M, Deguchi Y, Ichida K, Morisaki T, Hosoyamada M. Ependymal cells of the mouse brain express urate transporter 1 (URAT1). Fluids and barriers of the CNS. 2013. 10. 1. 31
もっと見る
MISC (67件):
  • 細山田真, 細谷拓司, 富岡直子, 柴田茂, 内田俊也. HPRT高活性ウリカーゼノックアウトマウスにおける尿中オキシプリン排泄量低下. 日本腎臓学会誌. 2019. 61. 3. 410
  • 富岡直子, 鈴木友也, 和崎敦子, 細山田真. アルツハイマー病モデルマウスにおける血中尿酸値上昇の影響の解析. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. ROMBUNNO.21PO-am130
  • 細谷拓司, 富岡直子, 細山田真. 新規高尿酸血症モデルHPRT高活性Uox-KOマウスに対するプリン型及び非プリン型キサンチン酸化還元酵素阻害薬の効果. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. ROMBUNNO.22PO-pm177S
  • 細谷拓司, 内田俊也, 柴田茂, 富岡直子, 細山田真. 新規高尿酸血症モデルHPRT高活性Uox-KOマウスに対するプリン型および非プリン型XOR阻害薬の尿酸代謝に与える影響. 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集. 2019. 52nd. 98
  • 富岡直子, 細山田真. モデルマウスを用いた中枢神経系における尿酸の機能解析. 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集. 2019. 52nd. 70
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2008 東京大学大学院 薬学系研究科 機能薬学専攻 博士後期課程
  • 2003 - 2005 東京大学大学院 薬学系研究科 機能薬学専攻 修士課程
  • 1999 - 2003 東京大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (3件):
  • 2017/07 - 現在 帝京大学薬学部 講師
  • 2012/04 - 2017/06 帝京大学薬学部 助教
  • 2008/04 - 2012/03 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
所属学会 (6件):
北米神経科学学会 ,  日本薬理学会 ,  日本痛風・核酸代謝学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る