研究者
J-GLOBAL ID:201401082899356076   更新日: 2021年10月27日

小池 耕彦

コイケ タカヒコ | Takahiko Koike
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30540611.ja.html
研究分野 (2件): 基盤脳科学 ,  認知科学
研究キーワード (5件): 社会脳 ,  社会神経科学 ,  二者同時記録fMRI ,  脳波-fMRI同時計測 ,  fMRI
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2023 視線を介した注意共有が社会的意思決定プロセスに与える影響の検討
  • 2018 - 2023 「好不調の波」を抑える:身体表現の揺らぎ発現メカニズムの解明
  • 2018 - 2023 「好不調の波」を抑える:身体表現の揺らぎ発現メカニズムの解明
  • 2020 - 2022 パーソナルスペースの定量的な計測方法の開発
  • 2019 - 2022 脳画像で見る第二言語習得の「つまずき」のメカニズム、及び「つまずき」克服訓練
全件表示
論文 (36件):
  • Ayumi Yoshioka, Hiroki C Tanabe, Motofumi Sumiya, Eri Nakagawa, Shuntaro Okazaki, Takahiko Koike, Norihiro Sadato. Neural Substrates of Shared Visual Experiences: A Hyperscanning fMRI Study. Social cognitive and affective neuroscience. 2021
  • Kohei Miyata, Takahiko Koike, Eri Nakagawa, Tokiko Harada, Motofumi Sumiya, Tetsuya Yamamoto, Norihiro Sadato. Neural substrates for sharing intention in action during face-to-face imitation. NeuroImage. 2021. 233. 117916-117916
  • Shuntaro Sasai, Takahiko Koike, Sho K. Sugawara, Yuki H. Hamano, Motofumi Sumiya, Shuntaro Okazaki, Haruka K. Takahashi, Gentaro Taga, Norihiro Sadato. Frequency-specific task modulation of human brain functional networks: A fast fMRI study. NeuroImage. 2021. 224. 117375-117375
  • Eri Nakagawa, Motofumi Sumiya, Takahiko Koike, Norihiro Sadato. The neural network underpinning social feedback contingent upon one's action: An fMRI study. NeuroImage. 2020. 117476-117476
  • Takashi Numata, Hiroki Sato, Yasuhiro Asa, Takahiko Koike, Kohei Miyata, Eri Nakagawa, Motofumi Sumiya, Norihiro Sadato. Achieving affective human-virtual agent communication by enabling virtual agents to imitate positive expressions. Scientific reports. 2020. 10. 1. 5977-5977
もっと見る
MISC (16件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Advances in Cognitive Neurodynamics
    Springer-Verlog 2008
講演・口頭発表等 (10件):
  • Hyperscanning fMRI studies to reveal neural basis of eye-to-eye communication.
    (Neurosync 2020 2020)
  • Neural basis of integrating self with other: Hyperscanning neuroimaging studies
    (Annual Meeting of Japan Neuroscience Society 2018)
  • Abstractness of value representation in orbitofrontal cortex
    (Neuroscience 2017 2017)
  • Neural correlates of being imitated and imitating: A hyperscanning fMRI study
    (Neuroscience 2017 2017)
  • Why and how inter-individual neural synchronization occur by joint attention? Inter-individual network-level Hebbian learning account
    (Neuroscience 2017 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2005 京都大学 知能情報学専攻
  • 1998 - 2000 筑波大学 工学システム学類
  • 1993 - 1998 長岡工業高等専門学校
学位 (1件):
  • 博士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 助教
  • 2013/04 - 2017/03 自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 特任助教
  • 2011/04 - 2013/04 自然科学研究機構 生理学研究所 心理生理学研究部門 研究員
  • 2006/04 - 2011/03 情報通信研究機構 未来ICT研究センター 専攻研究員
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 ニューロイメージングプラットフォーム 委員
受賞 (5件):
  • 2018/06 - 自然科学研究機構 自然科学研究機構若手研究者賞
  • 2015 - 社会神経科学研究会 トラベルアワード
  • 2014 - 社会神経科学研究会 トラベルアワード
  • 2013 - 社会神経科学研究会 トラベルアワード
  • 2012 - 社会神経科学研究会 トラベルアワード
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る