研究者
J-GLOBAL ID:201401084781365880   更新日: 2021年10月23日

青木 敬太

アオキ ケイタ | Aoki Keita
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
研究分野 (1件): 細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2012 - 2014 新規モデル生物を用いた核膜動態の研究
  • 2012 - 2013 新規モデル生物を用いた核膜動態の研究
論文 (15件):
  • Atsushi T Onaka, Jie Su, Yasuhiro Katahira, Crystal Tang, Faria Zafar, Keita Aoki, Wataru Kagawa, Hironori Niki, Hiroshi Iwasaki, Takuro Nakagawa. DNA replication machinery prevents Rad52-dependent single-strand annealing that leads to gross chromosomal rearrangements at centromeres. Communications biology. 2020. 3. 1. 202-202
  • Kenichi Sajiki, Yuria Tahara, Alejandro Villar-Briones, Tomáš Pluskal, Takayuki Teruya, Ayaka Mori, Mitsuko Hatanaka, Masahiro Ebe, Takahiro Nakamura, Keita Aoki, et al. Genetic defects in SAPK signalling, chromatin regulation, vesicle transport and CoA-related lipid metabolism are rescued by rapamycin in fission yeast. Open Biology. 2018. 8. 3
  • Keita Aoki, Hironori Niki. Release of condensin from mitotic chromosomes requires the Ran-GTP gradient in the reorganized nucleus. BIOLOGY OPEN. 2017. 6. 11. 1614-1628
  • Aoki, K, Furuya, K, Niki, H. Schizosaccharomyces japonicus: A Distinct Dimorphic Yeast Among the Fission Yeast. Cold Spring Harbor Protocol. 2017. doi: 10.1101/pdb.top082651
  • Aoki, K, Niki, H. Transformation of Schizosaccharomyces japonicus. Cold Spring Harbor Protocol. 2017. doi: 10.1101/pdb.prot091850
もっと見る
MISC (3件):
  • 青木敬太, 志波優, 高田啓, 吉川博文, 吉川博文, 仁木宏典. 脂肪酸合成とRan経路は,染色体と核膜の構造維持に関わる. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2013. 36th
  • 青木敬太, 志波優, 高田啓, 吉川博文, 吉川博文, 仁木宏典. Oar2を介した核膜動態の制御は,Anaphaseの進行に重要である. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2012. 35th
  • 青木敬太, 志波優, 高田啓, 古谷寛治, 古谷寛治, 吉川博文, 吉川博文, 仁木宏典. ジャポニカス分裂酵母菌を用いた核膜動態の遺伝学的解析. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2011. 34th
書籍 (1件):
  • 蛋白質核酸酵素3月増刊 染色体の分配とM期制御
    共立出版 2009
講演・口頭発表等 (47件):
  • Ran-GDP/GTP交換因子であるPim1/RCC1が関わる染色体脱凝縮機構の研究
    (第53回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 2020)
  • Ran-GDP/GTP交換因子であるPim1/RCC1が関与する染色体脱凝縮機構の解析
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • Schizosaccharomyces japonicusの遺伝子大量発現系の開発
    (第52回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 2019)
  • 染色体脱凝縮に欠損を示すPim1/RCC1変異株の<em>Schizosaccharomyces japonicus</em>における解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 染色体脱凝縮に欠損を示すPim1/RCC1変異株の解析
    (第51回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2006 京都大学 統合生命科学専攻遺伝子伝達学分野博士課程(柳田研)
  • 2000 - 2002 京都大学 統合生命科学専攻遺伝子伝達学分野修士課程(柳田研)
  • 1996 - 2000 東京工業大学 生体機構学科岸本研究室
  • 1992 - 1995 千葉県立船橋高等学校普通科
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 東京農業大学 農生命科学研究所 酵母多様性生物学・分類学研究室 博士研究員
  • 2019/01 - 2021/03 国立遺伝学研究所 遺伝形質研究系 微生物機能 助教
  • 2011/08 - 2018/12 国立遺伝学研究所 系統生物研究センター原核生物遺伝研究室 助教
  • 2008/03 - 2011/07 国立遺伝学研究所 系統生物研究センター原核生物遺伝研究室 特任研究員
  • 2007/02 - 2008/02 京都大学生命科学研究科 統合生命科学専攻分子継承学分野 産学官連携研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2011/08 - 2021/03 生物遺伝資源に関する大腸菌小委員会およびNBRP原核生物運営委員会(オブザーバー)
所属学会 (2件):
酵母遺伝学フォーラム ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る