研究者
J-GLOBAL ID:201401085218327633   更新日: 2021年09月13日

弘津 陽介

ヒロツ ヨウスケ | Hirotsu Yosuke
所属機関・部署:
職名: チーフ研究員
ホームページURL (1件): https://www.ych.pref.yamanashi.jp/department02/3639/
研究分野 (4件): 腫瘍生物学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  分子生物学 ,  医化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 MSI-high胃癌の腫瘍内細菌叢とゲノム不均一性による抗腫瘍免疫との関連
  • 2019 - 2022 液状検体に対する分子バーコードを用いた超高感度システムによる膵癌早期診断法の開発
  • 2018 - 2020 BRCA1/2生殖細胞系列の病的変異保因者における発癌機序の解明
  • 2017 - 2018 遺伝性腫瘍の機能不明変異の解釈とデータベース構築
  • 2017 - 遺伝性腫瘍のゲノム解析によるがん個別化予防・治療の推進
全件表示
論文 (84件):
  • Mamoru Tokunaga, Kenichiro Okimoto, Naoki Akizue, Kentaro Ishikawa, Yosuke Hirotsu, Kenji Amemiya, Masayuki Ota, Keisuke Matsusaka, Motoi Nishimura, Kazuyuki Matsushita, et al. Genetic profiles of Barrett's esophagus and esophageal adenocarcinoma in Japanese patients. Scientific reports. 2021. 11. 1. 17671-17671
  • Yosuke Hirotsu, Masao Omata. Detection of R.1 lineage severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) with spike protein W152L/E484K/G769V mutations in Japan. PLoS pathogens. 2021. 17. 6. e1009619
  • Naoki Akizue, Kenichiro Okimoto, Makoto Arai, Yosuke Hirotsu, Kenji Amemiya, Hirotaka Oura, Tatsuya Kaneko, Mamoru Tokunaga, Kentaro Ishikawa, Yuki Ohta, et al. Comprehensive mutational analysis of background mucosa in patients with Lugol-voiding lesions. Cancer medicine. 2021. 10. 11. 3545-3555
  • Yosuke Hirotsu, Hiroki Sugiura, Makoto Maejima, Miyoko Hayakawa, Hitoshi Mochizuki, Toshiharu Tsutsui, Yumiko Kakizaki, Yoshihiro Miyashita, Masao Omata. Comparison of Roche and Lumipulse quantitative SARS-CoV-2 antigen test performance using automated systems for the diagnosis of COVID-19. International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases. 2021. 108. 263-269
  • Kei Kunimasa, Yosuke Hirotsu, Yoji Kukita, Yumi Ueda, Yoshiharu Sato, Madoka Kimura, Tomoyuki Otsuka, Yuichiro Hamamoto, Motohiro Tamiya, Takako Inoue, et al. EML4-ALK fusion variant.3 and co-occurrent PIK3CA E542K mutation exhibiting primary resistance to three generations of ALK inhibitors. Cancer genetics. 2021. 256-257. 131-135
もっと見る
書籍 (6件):
  • 臨床検体を用いたパネル検査
    肝胆膵 アークメディア 79巻6号 2019
  • 次世代シークエンサーの原理
    病理と臨床 2018
  • これからの乳癌診療2016-2017 次世代シークエンサーを導入した乳癌の診療
    金原出版 2016
  • 第23回日本乳癌学会学術総会ダイジェスト
    日経メディカルCancer Review同封別冊 第40号 2015
  • 腫瘍診断におけるct DNAの役割
    肝胆膵 アークメディア 2014
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2012 - 2013 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2010 - 2013 東北大学大学院
  • 2008 - 2010 東北大学大学院
  • 2004 - 2008 筑波大学 生物学類
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 地方独立行政法人 山梨県立中央病院 ゲノム解析センター チーフ研究員
  • 2018/04 - 現在 地方独立行政法人 山梨県立病院 ゲノム検査科 (兼務)
  • 2017/05 - 現在 地方独立行政法人 山梨県立病院 ゲノム診療部 (兼務)
  • 2013/04 - 2018/03 地方独立行政法人 山梨県立中央病院 ゲノム解析センター 研究員
受賞 (17件):
  • 2021 - 日本消化器病学会 第34回日本消化器病学会奨励賞
  • 2020 - 日本消化器関連学会(JDDW 2020) 若手奨励賞
  • 2020 - 日本消化器病学会 第33回日本消化器病学会奨励賞
  • 2019 - JDDW2019 The Best Presenter Award in International Session
  • 2019 - 武田科学振興財団医学系研究助成(がん領域・臨床) (2019年度)
全件表示
所属学会 (8件):
日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る