研究者
J-GLOBAL ID:201401085941910231   更新日: 2021年10月24日

青木 友浩

Aoki Tomohiro
研究分野 (1件): 薬理学
論文 (95件):
  • Kampei Shimizu, Hirohiko Imai, Akitsugu Kawashima, Akihiro Okada, Isao Ono, Susumu Miyamoto, Hiroharu Kataoka, Tomohiro Aoki. Induction of CCN1 in Growing Saccular Aneurysms: A Potential Marker Predicting Unstable Lesions. Journal of neuropathology and experimental neurology. 2021. 80. 7. 695-704
  • Kampei Shimizu, Hirotoshi Imamura, Shoichi Tani, Hidemitsu Adachi, Chiaki Sakai, Akira Ishii, Hiroharu Kataoka, Susumu Miyamoto, Tomohiro Aoki, Nobuyuki Sakai. Candidate drugs for preventive treatment of unruptured intracranial aneurysms: A cross-sectional study. PloS one. 2021. 16. 2. e0246865
  • Kampei Shimizu, Hiroharu Kataoka, Hirohiko Imai, Yuto Yamamoto, Tomohiro Yamada, Haruka Miyata, Hirokazu Koseki, Yu Abekura, Mieko Oka, Mika Kushamae, et al. Hemodynamic Force as a Potential Regulator of Inflammation-Mediated Focal Growth of Saccular Aneurysms in a Rat Model. Journal of neuropathology and experimental neurology. 2021. 80. 1. 79-88
  • Mika Kushamae, Haruka Miyata, Manabu Shirai, Kampei Shimizu, Mieko Oka, Hirokazu Koseki, Yu Abekura, Isao Ono, Kazuhiko Nozaki, Tohru Mizutani, et al. Involvement of neutrophils in machineries underlying the rupture of intracranial aneurysms in rats. Scientific reports. 2020. 10. 1. 20004-20004
  • Hiroharu Kataoka, Takanobu Yagi, Taichi Ikedo, Hirohiko Imai, Koichi Kawamura, Kazumichi Yoshida, Masanori Nakamura, Tomohiro Aoki, Susumu Miyamoto. Hemodynamic and Histopathological Changes in the Early Phase of the Development of an Intracranial Aneurysm. Neurologia medico-chirurgica. 2020. 60. 7. 319-328
もっと見る
MISC (72件):
  • 宮田 悠, 青木 友浩, 野崎 和彦. 臨床医のための神経病理再入門 くも膜下出血. Clinical Neuroscience. 2021. 39. 5. 526-528
  • 宮田 悠, 青木 友浩, 野崎 和彦. 脳動脈瘤壁情報の画像化と破裂に関わる因子の解析. 日本脳ドック学会報. 2021. 7. 1. 21-24
  • 青木 友浩. 脳動脈瘤診断・治療:最近の進歩 脳動脈瘤の病態形成機構に基づく病理学的所見の理解. Japanese Journal of Diagnostic Imaging. 2021. 39. 35-35
  • 青木 友浩. 脈管のメカノバイオロジー 脳動脈瘤病態におけるメカノトランスダクション機構の役割. 脈管学. 2020. 60. Suppl. S114-S115
  • 青木 友浩, 清水 寛平, 山本 希美子. 【疾患に挑む メカノバイオロジー 循環器、運動器、がん、再生・発生に生体内の力はどうかかわるのか】(第1章)メカニカルストレスが関わる疾患 循環系/呼吸器疾患のメカノバイオロジー 脳動脈瘤のメカノバイオロジー. 実験医学. 2020. 38. 7. 1096-1104
もっと見る
書籍 (9件):
  • 脳神経外科周術期管理のすべて(改訂第5版)
    メジカルビュー社 2019
  • 完全版 脳血管内治療学
    メディカ出版 2018
  • プライム脳神経外科
    三輪書店 2017
  • 未破裂脳動脈瘤 Japan Standard
    中外医学社 2015
  • 脳神経外科診療プラクティス5「無症候性脳血管障害を解く」
    文光堂 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • Intracranial aneurysm as a hemodynamic force-mediated inflammatory disease
    (第60回日本生体医工学会大会 2021)
  • 脳動脈瘤治療薬の探索
    (第8回日本心血管脳卒中学会学術集会 2021)
  • 脳動脈瘤の病態形成機構に基づく病理学的所見の理解
    (第40回日本画像医学会 2021)
  • 炎症依存的な動脈瘤増大を制御する因子としての血行力学的負荷:ラット動脈瘤モデルにおける検証
    (第79回日本脳神経外科学会学術総会 2020)
  • 脳動脈瘤破裂への好中球の寄与
    (第79回日本脳神経外科学会学術総会 2020)
もっと見る
所属学会 (7件):
日本血管生物学会 ,  日本分子脳神経外科学会 ,  日本炎症再生学会 ,  日本バイオレオロジー学会 ,  日本薬理学会 ,  日本脳卒中学会 ,  (社)日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る