研究者
J-GLOBAL ID:201401087385042716   更新日: 2020年09月01日

田久保 圭誉

タクボ ケイヨ | Takubo Keiyo
所属機関・部署:
職名: プロジェクト長
ホームページURL (1件): https://takubolab.com
研究分野 (2件): 医化学 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (32件): 幹細胞ニッチ ,  造血幹細胞 ,  幹細胞代謝 ,  G0期 ,  休眠 ,  ニッチ ,  低酸素 ,  白血病幹細胞 ,  HIF-1 ,  酸素代謝 ,  幹細胞純化 ,  メタボローム ,  老化 ,  未分化型精原細胞 ,  精子幹細胞 ,  血小板 ,  低酸素応答 ,  VHL ,  静止期 ,  巨核球 ,  微小環境 ,  活性酸素 ,  自己複製能 ,  Angiopoietin-1 ,  癌幹細胞 ,  骨芽細胞 ,  Tie2 ,  Angiopoiedn-1 ,  血液腫瘍疾患 ,  Fbw ,  細胞周期 ,  Thrombopoietin
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2018 - 2021 造血幹細胞ニッチ因子としての代謝物の時空間構成と機能解明
  • 2018 - 2020 「かたち」と「うごき」に注目した造血幹細胞の分類・機能評価
  • 2015 - 2019 ステムセルエイジングから解明する疾患原理の国際活動支援班
  • 2014 - 2019 ステムセルエイジングから解明する疾患原理の総括班
  • 2014 - 2019 ニッチ-幹細胞相互作用による造血系抗老化システムの解明
全件表示
論文 (87件):
  • Takumi Mikawa, Eri Shibata, Midori Shimada, Ken Ito, Tomiko Ito, Hiroaki Kanda, Keiyo Takubo, Matilde E Lleonart, Nobuya Inagaki, Masayuki Yokode, et al. Phosphoglycerate Mutase Cooperates with Chk1 Kinase to Regulate Glycolysis. iScience. 2020. 23. 7. 101306-101306
  • Takayuki Morikawa, Shinpei Tamaki, Shinya Fujita, Makoto Suematsu, Keiyo Takubo. Identification and local manipulation of bone marrow vasculature during intravital imaging. Scientific reports. 2020. 10. 1. 6422-6422
  • Tsuyoshi Fukushima, Yosuke Tanaka, Fiona K. Hamey, Chih-Hsiang Chang, Toshihiko Oki, Shuhei Asada, Yasutaka Hayashi, Takeshi Fujino, Taishi Yonezawa, Reina Takeda, et al. Discrimination of Dormant and Active Hematopoietic Stem Cells by G0 Marker Reveals Dormancy Regulation by Cytoplasmic Calcium. Cell Reports. 2019. 29. 12. 4144-4158.e7
  • Nobuhiro Tsuchiya, Rong Zhang, Tatsuaki Iwama, Norihiro Ueda, Tianyi Liu, Minako Tatsumi, Yutaka Sasaki, Ranmaru Shimoda, Yuki Osako, Yu Sawada, et al. Type I Interferon Delivery by iPSC-Derived Myeloid Cells Elicits Antitumor Immunity via XCR1+ Dendritic Cells. Cell reports. 2019. 29. 1. 162-175
  • Nagai M, Noguchi R, Takahashi D, Morikawa T, Koshida K, Komiyama S, Ishihara N, Yamada T, Kawamura YI, Muroi K, et al. Fasting-Refeeding Impacts Immune Cell Dynamics and Mucosal Immune Responses. Cell. 2019. 178. 5. 1072-1087.e14
もっと見る
MISC (126件):
  • 城下 郊平, 小林 央, 田久保 圭誉. 【発達・加齢と血液疾患】造血幹細胞の加齢変化. 血液内科. 2019. 79. 3. 321-326
  • 小林 央, 田久保 圭誉. 生存戦略としての休眠シグナル研究の最先端 造血幹細胞の休眠状態を体外で誘導する. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [1S12m-04]
  • 田久保 圭誉. 【メタボローム解析UPDATE】基礎 造血幹細胞とメタボロミクス. 医学のあゆみ. 2019. 270. 5. 425-428
  • 田久保 圭誉. 骨・骨髄の透明化による全身の造血幹細胞ニッチの構造と変容の解明. 先進医薬研究振興財団研究成果報告集. 2019. 2018年度. 144-145
  • 雁金 大樹, 田久保 圭誉. 【がんの幹細胞性の病理】がん幹細胞の特性 正常の幹細胞とがん幹細胞を支えるニッチ. 病理と臨床. 2018. 36. 12. 1174-1181
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「特集」酸素シグナルが細胞機能を揺り動かす! : NormoxiaからHypoxiaまで全身で行われるファインチューニング
    羊土社 2015 ISBN:9784758101417
講演・口頭発表等 (19件):
  • 造血幹細胞の運命制御
    (日本比較免疫学会第30回学術集会 2018)
  • Functional alteration of hematopoietic stem cell niche during aging
    (?IMSUT Mini-Symposium 2018)
  • Metabolic switch in hematopoietic stem cells during stress
    (WCP2018 KYOTO Satellite Symposia 2018)
  • 造血幹細胞ニッチのエイジング機構
    (第18回日本抗加齢医学会総会 2018)
  • 骨髄メタボローム解析に基づく造血幹細胞ニッチのエイジング機構の解析
    (第6回がんと代謝研究会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 国立国際医療研究センター 研究所 プロジェクト長
  • 2011/11 - 2015/03 慶應義塾大学 医学部 講師
  • 2008/04 - 2011/10 慶應義塾大学 医学部 助教
  • 2006/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員
受賞 (8件):
  • 2017/11 - 長寿科学振興財団 長寿科学賞
  • 2017/03 - 国立国際医療研究センター 箱根山賞
  • 2016/04 - 日本リウマチ財団 三浦記念リウマチ学術研究賞
  • 2015/11 - 日本白血病基金 日本白血病基金若手特別賞
  • 2014/04 - 文部科学省 文部科学大臣若手科学者賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る