研究者
J-GLOBAL ID:201401087844633633   更新日: 2021年04月21日

原田 英典

ハラダ ヒデノリ | Harada Hidenori
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/kyoto-u.ac.jp/harada/tophttps://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/eng/enmember/harada.html
研究分野 (2件): 環境負荷、リスク評価管理 ,  土木環境システム
研究キーワード (9件): 水環境 ,  水・衛生 ,  腐敗槽とし尿汚泥 ,  病原性大腸菌 ,  エコロジカルサニテーション ,  下痢症リスク管理 ,  糞便曝露解析 ,  し尿管理 ,  開発と衛生
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2023 都市スラムでの住民参加型下痢リスク調査に基づく新たなサニテーション・プランニング
  • 2018 - 2022 半乾燥熱帯アフリカの風土にあった有機物施用指針の策定
  • 2015 - 2022 サニテーション価値連鎖の提案 -地域のヒトによりそうサニテーションのデザイン-
  • 2018 - 2021 途上国都市スラムにおける衛生行動の変容促進を目的とした介入方策に関する研究
  • 2018 - 2021 アジア・アフリカの都市下水の全ゲノム解析による多剤耐性大腸菌プロファイリング
全件表示
論文 (149件):
もっと見る
MISC (98件):
  • Seyha Doeurn, Tomohiro Kinoshita, Shigeo Fujii, Hidenori Harada, Seingheng Hul. Water use behavior in peri-urban area in Cambodia: case study of Dangkao district, Phnom Penh city. 環境技術学会年次大会予稿集. 2020. 20. 13-14
  • 原田英典, 鶴見茉由, Chua Min Li, 藤井滋穂, Sikopo Nyambe, Imasiku Nyambe, Meki Chirwa, 山内太郎. 地域住民による糞便汚染・曝露の可視化を活用した水・衛生ワークショップ ザンビア・ルサカでの初期的試み. 日本アフリカ学会第57回学術大会要旨集. 2020
  • Huynh Tan Loi, Hidenori Harada, Shigeo Fujii, Nguyen Pham Hong Lien, Hoang Thu-Huong Thi, Huynh Hai Trung. Evaluation of greenhouse gas emission from septic tank under tropical climate: a case study in Hanoi, Vietnam. 日本水環境学会年会講演集. 2020. 54. 63-63
  • Wutyi Naing, Hidenori Harada, Shigeo Fujii. A proposal of IoT-based safely managed onsite sanitatoin: a case study in Mandalay, Myanmar. 日本水環境学会年会講演集. 2020. 54. 81-81
  • Gugi Yogasawara, Shigeo Fujii, Hidenori Harada, Seyha Doeurn, Nguyen Pham Hong Lien. Water use behavior changes in rural area - a case study in Tran hamlet, Vietnam. 日本水環境学会年会講演集. 2020. 54. 175-175
もっと見る
書籍 (9件):
  • 水環境の事典
    朝倉書店 2021
  • 貧困・食料・健康・ジェンダー・水と衛生
    学文社 2019 ISBN:9784762029233
  • Renewable energy in developing countries: local development and techno-economic aspects, Green Energy and Technology
    Springer 2018
  • Towards Future Earth: Challenges and Progress of Global Environmental Studies
    開成出版 2016 ISBN:9784876035007
  • SFD Promotion Initiative - Nonthaburi, Thailand, Report.
    EAWAG/SANDEC 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (290件):
  • アジア・アフリカの水・衛生: サニテーションの価値とは?
    (大学教員ビジット授業,高島高校 2021)
  • ザンビア・ルサカ都市周縁地域における生活環境からの糞便曝露評価
    (第55回日本水環境学会年会 2021)
  • ベトナム・インドネシアの都市近隣および農村地域における水利用行動への社会経済因子の影響解析
    (第55回日本水環境学会年会 2021)
  • カンボジア,タイ,ベトナム,インドネシアの6つの非都市化コミュニティでの水と衛生の実態調査
    (第55回日本水環境学会年会 2021)
  • 下水質の変動特性を考慮した下水の試料採取戦略の検討: ベトナム・ハノイの事例
    (第55回日本水環境学会年会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 京都大学 環境マネジメント専攻博士後期課程
  • 2002 - 2004 京都大学 環境マネジメント専攻修士課程
  • 1998 - 2002 京都大学 地球工学科環境工学コース
学位 (1件):
  • 博士(地球環境学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 准教授
  • 2011/10 - 2020/03 京都大学 地球環境学堂 助教
  • 2014/11 - 2015/11 スイス連邦水科学技術研究所(Eawag) 開発衛生・水・廃棄物部(Sandec) 客員教授
  • 2008/10 - 2011/09 京都大学 地球環境学堂 特定助教
  • 2008/04 - 2008/09 京都大学 工学研究科附属流域圏流域圏総合環境質研究センター 研究機関研究員
全件表示
委員歴 (24件):
  • 2020/08 - 現在 日本下水道協会 管路更生工法検討調査専門委員会 委員
  • 2020/05 - 現在 土木学会環境工学委員会中長期下水道施設システム調査小委員会 幹事長
  • 2019/07 - 現在 日本水環境学会 広報委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 京都大学環境衛生工学研究会 幹事
  • 2017/04 - 現在 土木学会 環境工学委員会 臨床環境工学小委員会 委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2020/12 - 土木学会環境工学研究委員会 環境技術・プロジェクト賞 ザンビア都市スラムにおける 糞便汚染・曝露の可視化アクションリサーチ
  • 2019/05 - ビル&メリンダ・ゲイツ財団 Grand Challenges Explorations (GCE) Award Transforming the fecal sludge emptying business
  • 2016/12 - 土木学会環境工学委員会 環境技術・プロジェクト賞 し尿汚泥の性状特性・脱水性に関する越・ウ・日・瑞の国際比較
  • 2013/10 - JSPS Asian Coreプログラム総括シンポジウムIII,京都大学宇治キャンパス 優秀プレゼンテーション賞 Urban Wastewater Management and Septic Tank’s Role: A case study in Nhue-Day River Basin
  • 2012/06 - 日本水大賞委員会 日本水大賞(グランプリ) 東日本大震災への緊急対応〜良好な水環境と災害に強い柔軟な簡易トイレシステムの構築のために〜
全件表示
所属学会 (7件):
京都大学環境衛生工学研究会 ,  日本アフリカ学会 ,  環境システム計測制御学会 ,  廃棄物資源循環学会 ,  日本水環境学会 ,  土木学会 ,  International Water Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る