研究者
J-GLOBAL ID:201401089187080923   更新日: 2021年01月02日

原田 信之

ハラダ ノブユキ | Harada Nobuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://harahara63n.wixsite.com/mysitenh
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (12件): 生活科・総合的学習論 ,  学力研究 ,  汎用的能力 ,  事実教授学 ,  幼小接続カリキュラム ,  協同学習 ,  コンピテンシー ,  グループ学習 ,  教師教育 ,  授業評価 ,  社会コンピテンシー ,  学びの共同体
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2023 グローバル世界を視野とする学力・非認知能力の効果的学校モデル
  • 2020 - 2023 認知系・非認知系コンピテンシーを輻輳的に高める幼小接続カリキュラムの再構築
  • 2019 - 2022 歴史教師のプロフェッショナルコンピテンシーを高めるビリーフ研究の再構築
  • 2019 - 2022 分化後の教科コンピテンシーの特性に着目した統合教科生活科の授業と評価モデルの開発
  • 2018 - 2020 ドイツの学力調査と汎用的能力に着目した授業のクオリティ・マネジメント
全件表示
論文 (72件):
  • 原田信之, 酒井達哉, 宇都宮明子. 「横断的・縦断的な接続を図る生活科の再構築~ノルトライン・ヴェストファーレン州事実教授レアプランを手がかりに~」. 人間文化研究. 2020. 33. 39-63
  • 白根奈巳 原田信之. 「グループプロジェクトを取り入れた授業開発のための予備的実践研究-課題意識を高める導入段階の設定に焦点化して-」. 『学校教育研究』:日本学校教育学会. 2019. 34. 148-159
  • 三島晃陽, 原田信之. 「中学校の総合的な学習の時間を中核としたカリキュラム・マネジメント」. せいかつか&そうごう: 日本生活科・総合的学習教育学会誌. 2019. 26. 28-37
  • 宇都宮 明子, 原田 信之, ウツノミヤ アキコ, ハラダ ノブユキ, Utsunomiya Akiko, Harada Nobuyuki, 佐賀大学教育学部学校教育講座, 名古屋市立大学大学院人間文化研究科. 時間意識の育成という観点から捉える初等段階の歴史学習:ドイツ事実教授の教科書における時間学習を通して. 佐賀大学教育学部研究論文集. 2017. 1. 2. 33-45
  • 原田 信之, 酒井 達哉, 宇都宮 明子. 歴史意識の基礎を育成する生活科授業開発 : 学校の今と昔に着目して. 名古屋市立大学大学院人間文化研究科人間文化研究 = Studies in humanities and cultures. 2017. 27. 119-142
もっと見る
MISC (30件):
  • 原田信之, 宇都宮明子. 『社会的な見方・考え方の基礎を育成するドイツの幼児・初等教育カリキュラム』. 平成30年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書. 2019. 1-100
  • 原田信之. 『ドイツの就学前・初等教育プログラム』. 平成29年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書. 2018. 1-116
  • ペーター・ガウチ著, 原田信之, 宇都宮明子訳. 「コンピテンス志向の歴史授業-ペーター・ガウチ教授初来日記念講演会-」. 『人間文化研究』. 2018. 29. 227-250
  • 原田信之. 「教科書通りではない教科書を創り続けてきた生活科教科書」. 『中研紀要 教科書フォーラム』. 2017. 18. 68-70
  • 原田信之. 「世界の学力調査-諸外国の学力ガバナンスと学力調査- 第4回ドイツにおける学力調査」. 『Synapse』. 2017. 58. 40-45
もっと見る
書籍 (42件):
  • 生活科・総合的学習事典
    渓水社 2020
  • 教育効果を可視化する学習科学(訳者代表)
    北大路書房 2020 ISBN:9784762831157
  • The Teaching of the History of One's Own Country : International Experiences in a Comparative Perspective
    2020 ISBN:9783734409837
  • 日本の協同学習
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779514166
  • 授業記録を読もう!書こう!
    学事出版 2018 ISBN:9784761923921
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 事実教授の教授学 : ドイツの事実教授学会のこれまでの経緯とそこに提出された論議
    (創大教育研究 1995)
学位 (1件):
  • 博士(教育学)
経歴 (14件):
  • 2019 - 現在 名古屋大学 非常勤講師
  • 2013/04 - 現在 名古屋市立大学大学院 人間文化研究科 教授
  • 2019 - 宮城教育大学 非常勤講師
  • 2012 - 2014 名古屋大学 非常勤講師
  • 2014 - 富山大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (39件):
  • 2020/06 - 現在 全国社会教育委員連合 理事
  • 2020/05 - 現在 東海北陸社会教育委員協議会連合会 理事
  • 2020/02 - 現在 名古屋市教育委員会社会教育協議会 会長
  • 2020/02 - 現在 愛知県教育委員会社会教育委員連絡協議会 副会長
  • 2019/12 - 現在 日本学校教育学会年報編集委員会 委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/08 - 日本学校教育学会 日本学校教育学会賞 『ドイツの協同学習と汎用的能力の育成-持続可能性教育の基盤形成のために-』(あいり出版、2016年)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る