研究者
J-GLOBAL ID:201401089423006950   更新日: 2022年04月27日

李 亮

リ リョウ | LI LIANG
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 感性情報学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  データベース
研究キーワード (5件): デジタル・ヒューマニティーズ ,  感性工学 ,  バーチャルリアリティ ,  画像処理 ,  画像処理、バーチャルリアリティ、感性工学、デジタル・ヒューマニティーズ
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2025 実世界大規模構造物の形状理解のための,3次元計測ビッグデータの超高精細可視化
  • 2019 - 2023 ノイズロバストな透視可視化に基づく,大規模文化遺跡の3次元計測ビッグデータ活用
  • 2019 - 2022 時間動的デザインと普遍的な感性の研究
  • 2018 - 2021 感覚相互作用を用いた脳卒中患者のリハビリ向けのVR学習支援システムの開発
  • 2015 - 2019 ハンドジェスチャ操作によるロケーションベース方式のAR協調作業支援システムの開発
全件表示
論文 (31件):
  • Jiao Pan, Liang Li, Hiroshi Yamaguchi, Kyoko Hasegawa, Fadjar I. Thufail, Brahmantara, and Satoshi Tanaka. 3D reconstruction of Borobudur reliefs from 2D monocular photographs based on soft-edge enhanced deep learning. ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing. 2022. 183. 439-450
  • Jiao Pan, Liang Li, Hiroshi Yamaguchi, Kyoko Hasegawa, Fadjar I. Thufail, Brahmantara, and Satoshi Tanaka. Integrated High-Definition Visualization of Digital Archives for Borobudur Temple. Remote Sensing. 2021. 13. 24. 5024
  • Rui Xu, Tiantian Liu, Xinchen Ye, Fei Liu, Lin Lin, Liang Li, Satoshi Tanaka, and Yen Wei Chen. Joint Extraction of Retinal Vessels and Centerlines Based on Deep Semantics and Multi-Scaled Cross-Task Aggregation. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics. 2021. 25. 7. 2722-2732
  • Weite Li, Kyoko Hasegawa, Liang Li, Akihiro Tsukamoto, and Satoshi Tanaka. Deep Learning-Based Point Upsampling for Edge Enhancement of 3D-Scanned Data and Its Application to Transparent Visualization. Remote Sensing. 2021. 13. 13. 2526
  • Liang Li, Tatsuro Yamada, and Woong Choi. The Effect of Depth Information on Visual Complexity Perception in Three-Dimensional Textures. Applied Sciences. 2020. 10. 15. 5347
もっと見る
MISC (6件):
  • 田中覚, 長谷川恭子, 李亮. 3次元計測データの可視化を活用した箱庭療法支援. 可視化情報学会誌. 2021. 41. 161. 42-46
  • Liang Li, Kyoko Hasegawa, and Satoshi Tanaka. Recording, Preservation, and Exhibition of Objects and Events: An Approach to Digital Museums of Cultural Heritage. Journal of the Asia-Japan Research Institute of Ritsumeikan University. 2020. 2. pp. 166-178
  • Liang Li. Social Simulation: Visualizing the World (Book Review). Journal of the Asia-Japan Research Institute of Ritsumeikan University. 2020. 2. pp. 179-180
  • 田中 覚,長谷川 恭子,李 亮. CPD講座・測量と計測技術の最前線 第6回 「3次元測定を用いた文化財のデジタル保存と可視化(2)」. 建築士 KENCHIKUSHI. 2020. 69. 811. 36-39
  • 田中 覚,長谷川 恭子,李 亮. CPD講座・測量と計測技術の最前線 第5回 「3次元測定を用いた文化財のデジタル保存と可視化(1)」. 建築士 KENCHIKUSHI. 2020. 69. 810. 36-39
もっと見る
特許 (1件):
  • 骨粗鬆症診断支援装置及び骨粗鬆症診断プログラム
書籍 (3件):
  • Methods and Applications for Modeling and Simulation of Complex Systems - 18th Asia Simulation Conference, AsiaSim 2018, Kyoto, Japan, October 27-29, 2018, Proceedings
    Springer Nature Singapore Pte Ltd. 2018 ISBN:9789811328527
  • 文化情報学ガイドブック
    勉誠出版 2014 ISBN:9784585200314
  • デジタル・アーカイブの新展開
    ナカニシヤ出版 2012 ISBN:9784779505850
講演・口頭発表等 (168件):
  • 鎧兜の3次元計測データに基づくデジタルコンテンツの作成
    (人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2021) 2021)
  • ボロブドゥール寺院壁面レリーフの3次元復元のための学習データセット作成支援法
    (人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2021) 2021)
  • Application of the Edge Upsampling Network to Soft-Edge Regions in a 3D-Scanned Point Cloud
    (20th Asia Simulation Conference (AsiaSim2021) 2021)
  • Posture Recognition System using Depth Sensor
    (2021 21st International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS) 2021)
  • Calculation of Mahjong Score using AI
    (2021 21st International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS) 2021)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2008 - 2011 広島大学 情報工学専攻
  • 2008 - 2011 広島大学 情報工学専攻
  • 2006 - 2008 広島大学 情報工学専攻
  • 2006 - 2008 広島大学 情報工学専攻
  • 2001 - 2005 太原理工大学 電子情報工程学科
学位 (3件):
  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)
  • 工学学士 (太原理工大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 立命館大学 情報理工学部 情報理工学科 助教授・准教授
  • 2014/04 - 2018/03 立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 専任講師
  • 2013/04 - 2014/03 立命館大学 グローバルイノベーション研究機構 研究員・ポスドク
  • 2011/04 - 2013/03 立命館大学 グローバルイノベーション研究機構 研究員・ポスドク
  • 2012/08 - 2012/09 ブリティッシュコロンビア大学 研究員・ポスドク
委員歴 (19件):
  • 2019/10 - 現在 アジアシミュレーション学会連合 評議会諮問委員
  • 2018/07 - 現在 日本シミュレーション学会 理事
  • 2020/10 - 2023/09 日本学術会議 ICT時代の文理融合研究を創出する可視化小委員会(第25期) 委員
  • 2022/06 - The KES International Conference on Innovation in Medicine and Healthcare (KES InMed 2022) International Programme Committee
  • 2021/12 - The 20th Asia Simulation Conference (AsiaSim 2021) International Program Committee
全件表示
受賞 (5件):
  • 2021/09 - 可視化情報学会 第49回可視化情報シンポジウム アートコンテスト 金賞 不透明度グラデーションを用いた舞鶴赤レンガ倉庫の透視可視化
  • 2019/11 - The 15th Joint Workshop in Machine Perception and Robotics (MPR2019) Best Poster Presentation Award A High Quality Sampling Method of 3D Scanned Point Clouds based on Improved Poisson Disk Sampling
  • 2017/12 - 第8回横幹連合コンファレンス ベストポスター賞 陰関数曲面補間を利用した高曲率領域抽出による3次元点群の凹凸強調可視化
  • 2017/08 - Asia Simulation Conference 2017 Best Paper Award Nomination Visualizing Overlapping Space-Time Regions of Time-Series 2D Experimental Data and 3D Simulation Data: Application to Plasma-Plume Collisions
  • 2013/09 - The International Conference on Culture and Computing 2013 Best Paper Award of the Digital Humanities Special Track Revival of a traditional Japanese festival: virtual ato-matsuri across time and space
所属学会 (6件):
日本シミュレーション学会(理事) ,  アジアシミュレーション学会連合(評議会諮問委員) ,  日本シミュレーション学会 ,  日本バーチャルリアリティ学会 ,  Association for Computing Machinery (ACM) ,  IEEE and IEEE Computer Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る