研究者
J-GLOBAL ID:201401090803590971   更新日: 2020年08月31日

藤本 晃司

フジモト コウジ | Fujimoto Koji
研究分野 (1件): 生体医工学
研究キーワード (8件): 拡散テンソル画像 ,  スパースモデリング ,  圧縮センシング ,  パルスシーケンス ,  シミュレータ ,  可視化 ,  画像再構成 ,  MRI
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 高インピーダンスコイル技術を用いた霊長類MR画像の信号ノイズ比向上
  • 2018 - 2021 圧縮センシングと深層学習の融合による新たなMRI画像再構成法の開発
  • 2018 - 2021 Neural impact of native language literacy on the processing of non-native languages. Evidence from Chinese-English-Japanese and Vietnamese-English-Japanese trilinguals
  • 2017 - 2019 GRASP法による自由呼吸下の腹部造影ダイナミックMRIの改良
  • 2015 - 2018 スパースモデリングと高次元データ駆動科学の国際活動支援
全件表示
論文 (135件):
  • Maina Sogabe, Masayuki Ohzeki, Koji Fujimoto, Atsuko Sehara-Fujisawa, Satoshi Nishimura. Restored interlaced volumetric imaging increases image quality and scanning speed during intravital imaging in living mice. Journal of biophotonics. 2020. 13. 5. e201960204
  • Mizuho Nishio, Shunjiro Noguchi, Koji Fujimoto. Automatic Pancreas Segmentation Using Coarse-Scaled 2D Model of Deep Learning: Usefulness of Data Augmentation and Deep U-Net. Applied Sciences. 2020. 10. 10. 3360-3360
  • Koji Tokunaga, Shigeki Arizono, Hironori Shimizu, Koji Fujimoto, Mariyo Kurata, Sachiko Minamiguchi, Hiroyoshi Isoda, Kaori Togashi. Optimizing b-values for accurate depiction of pancreatic cancer with tumor-associated pancreatitis on computed diffusion-weighted imaging. Clinical imaging. 2020. 61. 20-26
  • Yusuke Yokota, Yasutaka Fushimi, Tomohisa Okada, Koji Fujimoto, Sonoko Oshima, Satoshi Nakajima, Toshihito Fujii, Masahiro Tanji, Nobuya Inagaki, Susumu Miyamoto, et al. Evaluation of image quality of pituitary dynamic contrast-enhanced MRI using time-resolved angiography with interleaved stochastic trajectories (TWIST) and iterative reconstruction TWIST (IT-TWIST). Journal of magnetic resonance imaging : JMRI. 2020. 51. 5. 1497-1506
  • Yusuke Yokota, Tomohisa Okada, Yasutaka Fushimi, Akira Yamamoto, Satoshi Nakajima, Koji Fujimoto, Sonoko Oshima, Gregor Koerzdoerfer, Mathias Nittka, Josef Pfeuffer, et al. Acceleration of 2D-MR fingerprinting by reducing the number of echoes with increased in-plane resolution: a volunteer study. Magma (New York, N.Y.). 2020
もっと見る
MISC (84件):
  • Mizuho Nishio, Koji Fujimoto, Kaori Togashi. Lung segmentation on chest x-ray images in patients with severe abnormal findings using deep learning. 2019
  • 巨瀬勝美, 巨瀬亮一, 藤本晃司, 岡田知久. Digital brain phantomのための7Tにおける定量的パラメタマッピング. NMRマイクロイメージング研究会講演要旨集. 2019. 23rd. 49-52
  • 藤本 晃司. 【Step up MRI 2019 最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来】MRIの最新技術と未来展望 基礎編 7T用高インピーダンスコイルの原理と製作法. INNERVISION. 2019. 34. 9. 32-34
  • 久保田 菜々子, 原田 賢, 藤本 晃司, 岡田 知久, 井上 真郷. 制約付きアンサンブル学習を用いた事後平均解の近似によるMR画像再構成. 日本医用画像工学会大会予稿集. 2019. 38回. 31-31
  • 久保田 菜々子, 原田 賢, 藤本 晃司, 岡田 知久, 井上 真郷. 制約付きアンサンブル学習を用いた事後平均解の近似によるMR画像再構成. 日本医用画像工学会大会予稿集. 2019. 38回. 70-78
もっと見る
特許 (12件):
講演・口頭発表等 (42件):
  • Age-related changes in the brain tissue T1, T2 values quantified by 2D MRF in normal healthy volunteers measured at 7T MRI
    (第46回日本磁気共鳴医学会大会 2018)
  • 圧縮センシング法を用いた頭部TOF-MRA再構成:正則化項・アンダーサンプリング率と再構成画像の関係
    (日本神経放射線学会プログラム・抄録集 2016)
  • 圧縮センシングを用いたMR angiographyの最適化と脳動脈瘤評価。
    (日本神経放射線学会プログラム・抄録集 2016)
  • 圧縮センシング法による頭部MRアンギオ画像再構成-3種類の異なる正則化項を用いた評価-
    (電子情報通信学会技術研究報告 2015)
  • MRアンギオグラフィーによる基底核穿通枝描出-圧縮センシング再構成による収集率低減の可能性-
    (電子情報通信学会技術研究報告 2015)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る