研究者
J-GLOBAL ID:201401097953882118   更新日: 2020年08月30日

荒木 武昭

アラキ タケアキ | Araki Takeaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://statphys.scphys.kyoto-u.ac.jp/~araki/
研究分野 (1件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (3件): 数値シミュレーション ,  統計物理 ,  ソフトマター物理
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2014 - 2020 超空間制御に基づく高度な特性を有する革新的機能素材等の創製
  • 2017 - 2019 混合溶媒中の高分子電解質のコンフォメーション・凝集構造
  • 2012 - 2014 多孔質中のネマティック液晶におけるトポロジカル欠陥の示す非線形流動
  • 2011 - 2014 電荷によって誘起されるソフトマターの階層的秩序
  • 2011 - 2012 沸騰現象の数値解析
全件表示
論文 (56件):
  • Kuang-Wu Lee, Takeaki Araki and Jun Yamamoto. Dynamics control of an in-plane-switching liquid crystal cell using heterogeneous substrates. Soft Matter. 2019. 16. 348-356
  • therine G. Reyes, Jörg Baller, Takeaki Araki, Jan, P. F. Lagerwall. Isotropic-isotropic phase separation and spinodal decomposition in liquid crystal-solvent mixtures. Soft Matter. 2019. 15. 6044-6054
  • Takeaki Araki, Anna Maciolek. Illumination-induced motion of a Janus nanoparticle in binary solvents. Soft Matter. 2019. 15. 5243-5245
  • Seyed Reza Seyednejad, Takeaki Araki, Mohammad Reza Mozaffari. Modifying Nobili-Durand surface energy for conically degenerate anchorings at the interface of liquid crystal colloids. Physical Review E. 2019. 99. 032701
  • eyed Reza Seyednejad, Mohammad Reza Mozaffari, Takeaki Araki, Ehsan Nedaaee Oskoee. Interactions between pentagonal truncated pyramids with homeotropic anchoring in a nematic liquid crystal. Physical Review E. 2018. 98. 032701
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (1件):
  • ソフトマター入門 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶
    シュプリンガー・フェアラーク東京 2002
学歴 (1件):
  • 1991 - 1995 東京大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2008/04 - 現在 京都大学 理学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2008/03 東京大学 生産技術研究所 助教
  • 2001/07 - 2007/03 東京大学 生産技術研究所 助手
  • 1995/04 - 2001/06 東京大学 生産技術研究所 技術官
受賞 (2件):
  • 2009 - 文部科学省 文部科学大臣賞 若手科学者賞 複雑流体における相分離・相転移現象の数値的研究
  • 2007 - 日本物理学会 若手奨励賞 分散媒に自由度を取り入れたコロイド分散系の数値シミュレーション
所属学会 (2件):
日本液晶学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る