研究者
J-GLOBAL ID:201401098802467069   更新日: 2020年10月13日

髙濱 隆幸

タカハマ タカユキ | Takahama Takayuki
所属機関・部署:
職名: 診療講師
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 抗PD-1/PD-L1抗体+細胞障害性抗がん薬併用と遺伝子発現免疫プロファイル
論文 (23件):
  • TAKASHI KUROSAKI, HISATO KAWAKAMI, SEIICHIRO MITANI, RYOHEI KAWABATA, TAKAYUKI TAKAHAMA, YOSHIKANE NONAGASE, SOICHI FUMITA, TOMOHIRO OZAKI, YASUTAKA CHIBA, TAKAO TAMURA, et al. Glasgow Prognostic Score (GPS) and Tumor Response as Biomarkers of Nivolumab Monotherapy in Third- or Later-line Setting for Advanced Gastric Cancer. In Vivo. 2020. 34. 4. 1921-1929
  • Masayuki Takeda, Kazuko Sakai, Hidetoshi Hayashi, Kaoru Tanaka, Koji Haratani, Takayuki Takahama, Ryoji Kato, Kimio Yonesaka, Kazuto Nishio, Kazuhiko Nakagawa. Impact of coexisting gene mutations in EGFR-mutated non-small cell lung cancer before treatment on EGFR T790M mutation status after EGFR-TKIs. Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2020. 139. 28-34
  • Takayuki Takahama, Koichi Azuma, Mototsugu Shimokawa, Masayuki Takeda, Hidenobu Ishii, Terufumi Kato, Haruhiro Saito, Haruko Daga, Yuko Tsuboguchi, Isamu Okamoto, et al. Plasma screening for the T790M mutation of EGFR and phase 2 study of osimertinib efficacy in plasma T790M-positive non-small cell lung cancer: West Japan Oncology Group 8815L/LPS study. Cancer. 2020. 126. 9. 1940-1948
  • Kimio Yonesaka, Eiji Iwama, Hidetoshi Hayashi, Shinichiro Suzuki, Ryoji Kato, Satomi Watanabe, Takayuki Takahama, Junko Tanizaki, Kaoru Tanaka, Masayuki Takeda, et al. Heregulin expression and its clinical implication for patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer treated with EGFR-tyrosine kinase inhibitors. Scientific reports. 2019. 9. 1. 19501-19501
  • Satomi Watanabe, Tomoyuki Otani, Tsutomu Iwasa, Takayuki Takahama, Masayuki Takeda, Kazuko Sakai, Kazuto Nishio, Akihiko Ito, Kazuhiko Nakagawa. A Case of Metastatic Malignant Breast Adenomyoepithelioma With a Codon-61 Mutation of HRAS. Clinical breast cancer. 2019. 19. 5. e589-e592-e592
もっと見る
MISC (131件):
  • 藤田 悦生, 林 未統, 前倉 俊治, 星屋 博信, 山本 勝廣, 古川 健一, 嶋田 浩介, 高濱 隆幸, 御勢 久也, 東田 有智. BAL診断でEGFR変異を診断しえた1例. 和歌山医学. 2019. 70. 4. 172-172
  • 米阪 仁雄, 岩間 映二, 林 秀敏, 高濱 隆幸, 谷崎 潤子, 武田 真幸, 東 公一, 安宅 信二, 岡本 勇, 中川 和彦. EGFR変異陽性肺癌におけるHER3リガンド・ヘレグリン発現とEGFR-TKIの治療効果との関係. 肺癌. 2019. 59. 6. 723-723
  • 加藤 了資, 林 秀敏, 米阪 仁雄, 原谷 浩司, 酒井 瞳, 高濱 隆幸, 岩朝 勤, 田中 薫, 吉田 健史, 武田 真幸, et al. 実臨床におけるリキッドバイオプシーの役割 CAPP-Seqを用いたLiquid biopsyによるT790M陽性非小細胞肺癌のオシメルチニブ耐性因子の検討. 肺癌. 2019. 59. 6. 575-575
  • 武田 真幸, 坂井 和子, 林 秀敏, 田中 薫, 原谷 浩司, 高濱 隆幸, 加藤 了資, 米阪 仁雄, 西尾 和人, 中川 和彦. Impact of Co-Mutations in EGFR-Mutated NSCLC Before EGFR-TKIs on T790M Mutation Status After TKIs(和訳中). 肺癌. 2019. 59. 6. 723-723
  • 杉本 藍, 福井 朋也, 佐々木 治一郎, 石原 未希子, 日吉 康弘, 井川 聡, 坂井 和子, 武田 真幸, 高濱 隆幸, 中川 和彦, et al. 固形がんに対する腫瘍遺伝子網羅的解析結果に関する観察研究. 肺癌. 2019. 59. 6. 765-765
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (近畿大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 近畿大学 奈良病院 診療講師
  • 2019/04 - 2020/03 近畿大学 奈良病院 助教A
  • 2015/04 - 2019/03 近畿大学 医学部 内科学教室腫瘍内科部門 助教A
  • 2013/04 - 2015/03 近畿大学 大学病院 助教B
委員歴 (2件):
  • 2019/07 - 現在 日本肺癌学会 ガイドライン検討委員会 患者向けガイドライン小委員会
  • 2017/07 - 現在 厚生労働省委託事業がんのゲノム医療従事者研修事業 ゲノム医療従事者研修委員会
受賞 (1件):
  • 2020/09 - 奈良県医師会 奈良県医師会学術奨励賞
所属学会 (8件):
日本がん分子標的治療学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本感染症学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本癌学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る