研究者
J-GLOBAL ID:201401098848287154   更新日: 2020年09月16日

大林 典彦

オオバヤシ ノリヒコ | Obayashi Norihiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (4件): メラノサイト ,  ノックアウトマウス ,  メンブレントラフィック ,  低分子量G蛋白質
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2021 メラニン合成酵素輸送を調節する Rab32/38 の新規制御機構の解明
  • 2018 - 2018 間質性肺炎発症における低分子量Gタンパク質Arf6の機能解明
論文 (27件):
  • Nguyen, Thi Kim Nguyen, Ohbayashi, Norihiko, Kanaho, Yasunori, Funakoshi, Yuji. TBC1D24 regulates recycling of clathrin-independent cargo proteins mediated by tubular recycling endosomes. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2020. 528. 1. 220-226
  • Dolce, Luciano G, Ohbayashi, Norihiko, Silva, Daniel F C da, Ferrari, Allan J R, Pirolla, Renan A S, Schwarzer, Ana C de A P, Zanphorlin, Leticia M, Cabral, Lucelia, Fioramonte, Mariana, et al. Unveiling the interaction between the molecular motor Myosin Vc and the small GTPase Rab3A. Journal of proteomics. 2020. 212
  • Takahashi, Toshiki, Minami, Setsuya, Tsuchiya, Yugo, Tajima, Kazu, Sakai, Natsumi, Suga, Kei, Hisanaga, Shin-Ichi, Ohbayashi, Norihiko, Fukuda, Mitsunori, Kawahara, Hiroyuki. Cytoplasmic control of Rab family small GTPases through BAG6. EMBO reports. 2019. 20. 4
  • Van Ngo Thai Bich, Tsunaki Hongu, Yuki Miura, Naohiro Katagiri, Norihiko Ohbayashi, Yumi Yamashita-Kanemaru, Akira Shibuya, Yuji Funakoshi, Yasunori Kanaho. Physiological function of phospholipase D2 in anti-tumor immunity: Regulation of CD8+ T lymphocyte proliferation. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 6283
  • Lin, Yueh-Chien, Chen, Chien-Chin, Chen, Wei-Min, Lu, Kuan-Ying, Shen, Tang-Long, Jou, Yeong-Chin, Shen, Cheng-Huang, Ohbayashi, Norihiko, Kanaho, Yasunori, Huang, Yuan-Li, et al. LPA signaling mediates tumor lymphangiogenesis through promoting CRT expression in prostate cancer. Biochimica et biophysica acta. 2018. 1863. 10. 1305-1315
もっと見る
書籍 (2件):
  • 生体の科学
    医学書院 2015
  • 領域融合レビュー
    2013
講演・口頭発表等 (27件):
  • 脱ユビキチン化酵素 TRE17/USP6 は膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    (第72回日本細胞生物学会大会 2020)
  • TBC1D24 はクラスリン非依存に取り込まれる膜タンパク質のリサイクリングを制御する.
    (第72回日本細胞生物学会大会 2020)
  • TBC1D24 regulates recycling of plasma membrane proteins that enter cells by clathrin-independent endocytosis.
    (第42回分子生物学会年会 2019)
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は、膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    (第42回分子生物学会年会 2019)
  • 小胞輸送が司るメラノソーム形成機構
    (第29回日本色素細胞学会学術大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 京都大学
  • 1997 - 1999 京都大学
  • 1993 - 1997 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 筑波大学 医学医療系 准教授
  • 2008/06 - 2015/03 東北大学 大学院生命科学研究科 助教
  • 2005/10 - 2008/06 北海道大学 大学院薬学研究院 助手・助教
委員歴 (2件):
  • 2019/11 - 現在 日本色素細胞学会 評議員
  • 2014/07 - 現在 F1000Prime Associate Faculty member
受賞 (2件):
  • 2019/11 - 日本色素細胞学会 日本色素細胞学会奨励賞
  • 2018/10 - 日本色素細胞学会 Best presentation賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る