研究者
J-GLOBAL ID:201401099641635965   更新日: 2020年08月31日

菅野 渉平

カンノ ショウヘイ | Kanno Shohei
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www3.kmu.ac.jp/pathol1/http://www3.kmu.ac.jp/pathol1/
研究分野 (10件): 放射線科学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  その他 ,  実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (7件): 肺癌 ,  前立腺癌 ,  乳癌 ,  産業衛生学 ,  健康科学 ,  幹細胞病理学 ,  腫瘍核医学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2009 - 抗癌剤多剤耐性肺癌細胞における放射線照射の影響
  • 2009 - The Effect of Radiation Exposure on Multi-Drug Resistance (MDR) in Non Small Lung Cancer Cells.
  • 2008 - 非密封放射線同位元素使用従事者環境における作業環境管理に関する研究
  • 2004 - 乳癌術前化学療法における病理組織学的変化に関する検討
MISC (32件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 「1.6 働く人々の安全管理 自営業者」「産業安全保健ハンドブック」
    公益社団法人労働科学研究所出版部 2013
  • 「1.6 働く人々の安全管理 自営業者」. 産業安全保健ハンドブック
    公益社団法人労働科学研究所出版部 2013
  • 異型乳管過形成、異型乳管過形成「良性乳腺疾患アトラス」
    永井書店 2000
  • 異型乳管過形成、異型乳管過形成. 良性乳腺疾患アトラス
    永井書店 2000
講演・口頭発表等 (134件):
  • C型慢性肝炎による肝細胞癌に対する経皮的動脈塞栓療法におけるデクスメデトミジン(プレセデックス®)鎮静の安全性と実行可能性
    (日本IVR学会第36回中部・第35回関西合同地方会 2014)
  • 経腰的大動脈瘤穿刺(Trans-Lumbar Access)によるtypeII endoleakのNBCA-Lipiodol塞栓を行った1例
    (日本IVR学会第36回中部・第35回関西合同地方会 2014)
  • 吸引型半自動生検針(ステリカット®)の有用性
    (日本IVR学会第36回中部・第35回関西合同地方会 2014)
  • C型慢性肝炎による肝細胞癌に対する経皮的動脈塞栓療法におけるデクスメデトミジン(プレセデックス)鎮静の安全性と実行可能性
    (第16回関西肝癌局所療法研究会 2014)
  • 吸引型半自動生検針(ステリカットR)の有用性
    (第73回日本医学放射線学会総会 2014)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2012 関西医科大学 医学研究科
  • - 2012 関西医科大学
  • - 1999 獨協医科大学 医学科
  • - 1999 獨協医科大学
学位 (1件):
  • 医学士 (獨協医科大学)
受賞 (2件):
  • 2014 - 2013年度教員評価優秀賞
  • 2014 - 2012年度教員評価優秀賞
所属学会 (16件):
日本癌治療学会 ,  日本核医学会 ,  日本放射線腫瘍学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本IVR学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本血液学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本人間ドック学会 ,  日本衛生学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本医師会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本内科学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る