{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402200498587829   整理番号:14A1037380

衝突の合成運動シミュレータのための反発係数に基づく遅れ時間補償

Delay time compensation based on coefficient of restitution for collision hybrid motion simulator
著者 (5件):
資料名:
巻: 28  号: 17/18  ページ: 1177-1188  発行年: 2014年
JST資料番号: T0339A  ISSN: 0169-1864  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
HMS(合成運動シミュレータ)は,数値シミュレーションループ中にハードウェア実験を組込んだシミュレータである。HMSは遅れ時間の結果としてループ中のハードウェア実験におけるエネルギー増加という固有の問題を持つ。このエネルギー増加は,システムを不安定とし,結果として,HMSを用いた衝突実証では,COR(反発係数)が1を超える状態を示す。著者等の目的は,第1に,遅れ時間下のHMS中での正確なインパルス現象のモデル化と,1自由度運動に対する広い接触周波数条件下で,望まれる運動を実証するための遅れ時間補償法の開発,第2に,並進と回転の組合せ運動に対する遅れ時間補償法の確立である。遅れ時間下のHMS中の正確なインパルス現象のモデル化では,補償パラメータの解析的決定は不可能である。そこで著者等は,望まれるCOR実現のための補償パラメータ設計のために,繰返し計算法を提案した。著者等は,HMSにより示されるような人工的マイクロ重力条件下で浮遊する対象物を含む点衝突実験を用いて,提案した補償法の正当性を立証した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
システムモデル  ,  シミュレータ 
引用文献 (17件):
  • Winkler D, Gühmann C. Hardware-in-the-loop simulation of a hybrid electric vehicle using Modelica/Dymola. In: Proc. of the 22nd International Battery, Hybrid and Fuel Cell Electric Vehicle Symposium and Exposition. 2006 Oct 23-28; Yokohama, Japan. p. 1054-1063.
  • Sax E, Abendroth S, Radler A, Schmerler S. HIL component test benches for boosting test efficiency. In: dSPACE Anwenderkonferenz; Stuttgart, Germany; 2004.
  • Boge T, Schreutelkamp E. A new commanding and control environment for rendezvous and docking simulations at the EPOS-facility. In: Proc. of the 7th International Workshop on Simulation for European Space Programmes. 2002 Nov 12-14; Noordwijk, The Netherlands.
  • Yoshida K, Nishimaki Y, Kawabe H, Kubota T. Analysis of touch-down dynamics and sampling sequence of MUSES-C. In: Proc. of the 34th COSPAR Scientific Assembly. 2002 Oct 10-19; Houston, TX, USA. p. 1964.
  • Ananthakrishnan S, Teders R, Alder K. Role of estimation in real-time contact dynamics enhancement of space station engineering facility. IEEE Robotics and Automation Magazine. 1996;3:20-28.
もっと見る

前のページに戻る