{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201402204081900180   整理番号:14A1126069

8視点パララックスバリア方式における領域別に符号化劣化させた3DCG画像中の背景領域がグレースケールである場合の主観品質評価

Subjective Evaluation for Image Quality when the Background Region is Gray Scale in the case of Occurring the Coded Degradation for Background or Object Region of 3D CG Images with 8-Viewpoints Parallax Barrier Method
著者 (2件):
資料名:
巻: 114  号: 171(IMQ2014 7-11)  ページ: 25-30  発行年: 2014年07月25日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
今までに,多視点3Dカラー画像の品質評価やROI(Region Of Interest)について多くの研究がなされてきた。特に,多視点3D画像では,視点数が多く存在するため,画像中のある領域がカラーまたはグレースケールによって,ユーザーはどこに着目しているかは明らかでなかった。また,今までに,多視点3D画像中の背景または物体領域を区別して符号化劣化させた研究事例はあるが,それに加えて,背景領域がグレースケールである場合に,ユーザーの注視環境や主観品質に関して影響するのかは明らかでなかった。本稿では,8視点パララックスバリア方式において,領域別に符号化劣化させた3D CG画像中の背景領域がグレースケールである場合に,主観評価実験を行った。そして,その結果を分析し,サポートベクターマシンを用いることにより,評定値の分類を行った。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人間機械系 

前のページに戻る